サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 723件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/01
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/467p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-120691-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

イノセント・デイズ (新潮文庫)

著者 早見和真 (著)

【日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門(第68回)】放火によって奪われたのは、元恋人の妻とまだ1歳の双子の命。確定死刑囚・田中幸乃の人生に関わった人々の追想から浮か...

もっと見る

イノセント・デイズ (新潮文庫)

税込 880 8pt

イノセント・デイズ(新潮文庫)

税込 781 7pt

イノセント・デイズ(新潮文庫)

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.5MB
Android EPUB 6.5MB
Win EPUB 6.5MB
Mac EPUB 6.5MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門(第68回)】放火によって奪われたのは、元恋人の妻とまだ1歳の双子の命。確定死刑囚・田中幸乃の人生に関わった人々の追想から浮かび上がるあまりにも哀しい真実。幼なじみの弁護士たちが再審を求めて奔走するが…。【「TRC MARC」の商品解説】

田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪により、彼女は死刑を宣告された。凶行の背景に何があったのか。産科医、義姉、中学時代の親友、元恋人の友人など彼女の人生に関わった人々の追想から浮かび上がるマスコミ報道の虚妄、そしてあまりにも哀しい真実。幼なじみの弁護士は再審を求めて奔走するが、彼女は……筆舌に尽くせぬ孤独を描き抜いた慟哭の長篇ミステリー。【商品解説】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー723件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

ラスト1ページまで目が離せない

2017/05/25 18:47

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブラックティー - この投稿者のレビュー一覧を見る

かつて、こんなにストーリーに一喜一憂し、結末に落胆した作品はあっただろうか。

それぐらい読者はこのストーリーに引き込まれ、心まで持って行かれる。
判決言い渡しシーンから始まり、死刑囚の彼女の人柄を人生に関わったそれぞれの関係者視点で、描く。
そんな斬新な構成もいい。

人間は一面ではない。
と、改めて思う。

最後、この結末をよしとするのか、悪しとするのか、評価は大きくわかれると思う。
文庫本に収録されている辻村深月の解説を読んで、ようやく、この小説のラストが胸にストンと落ちた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かかわり

2018/07/16 11:04

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりにガツンとくる小説に出会いました。

近しい人たちに買って読んでみて!と言える作品ではないでしょうか。

ここからは個人的な見方になります。
幸乃の生い立ちから自分がつらい思いをしたからこその人を思いやる優しさ。
子どもの頃の近所の仲間。
幸乃の優しさを利用するモノ達。
失いたくない気持ち=独占欲。
相手に依存してしまう弱さと少しの闇。
そのすべてを一人で受け止めようとする幸乃。

弱かった子どもの頃を大人になった仲間が少しずつ克服していく姿。
受け入れようとしない幸乃。

自分の身内を助けたいと思う当たり前の感情と
こどもの頃の仲間を信じる友情と愛情。

人の性格や感受性は生まれてからいくらでも変化していく。
その個にまわりの人々がどのように関わっていくのか
自分ではどうすることもできない人間関係の中で形成されていく人格。

いつくるかわからないその日
焦燥感と絶望感

物語を読み終わると脱力感が尋常じゃないですが、
自分が関わる人たちをきっと大切に思えるようになる
そんな傑作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

衝撃

2017/08/10 10:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よす - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公、と言っていいのだろうか。主軸となる少女、女性の価値観は賛否両論あるかもしれない。彼女に救いをと願いながら読まずにはいられない。
ただ、孤独を極め、貫き通した姿は批判なんてできない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

考えさせられました

2024/03/06 11:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Jung - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近読んだ本の中では、一番秀逸かと思います。死ぬために生きるという人生もありなんでしょうか。どこかで大どんでん返しを期待しましたが、ここまでですかねえ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これは私の物語でもあるのかもしれない

2023/02/08 00:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うみん - この投稿者のレビュー一覧を見る

これをミステリー小説と簡単にカテゴライズして良いのだろうか?
ページをめくる手が止まらなかった。
この物語はどこに向かうのか?全然予想もつかない。
ただ私は幸乃を「救いたい」と思ってしまったのだ。

ちがう、ちがう。幸乃はそんな人じゃないんだよ。と、
思わず言ってしまう。
それくらい、幸乃自身の話、周りの家族の話、友人たちの話しが緻密に語られている。そして無意識に「幸乃を救いたい」と思ってしまったのだ。
とにかく読んでほしい。
最後の参考文献の一覧を見て、驚いた。
こんなに私の心を動かしたのは、作者がここまで熱心に文献を読んだからなのだ。また早見先生のミステリーが読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

つらいけど、やめられない

2022/08/25 14:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mk - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みながらとてもつらく、救いのない気持ちになりながらも読むのをやめることができませんでした。「死刑になりたい」と口にする人に怒りを覚えていましたが、このような人に対してどうしたらいいのか考えるべきなのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

救いがない

2021/03/14 12:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はなこさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここまで救いのない小説はあまりなかった。生い立ちを順に追っていく中で、感情移入してしまい、何とか救いの道はないか、きっと結末は明るい光が見える終わり方に違いない、と信じて読み進め…
結局何の救いもなく、ただただ後味が悪い。
けれど、とても心に残る作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意外な展開

2017/05/02 17:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:takazar - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいくうちに、意外な方向に展開していきます。話自体も読んでいる人の気持ちも。そしてラストでは何とも言いようのない気持ちになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悲しみ

2022/11/08 00:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かい - この投稿者のレビュー一覧を見る

死刑になる女性がいますが、とても第三者からしたらものすごく同情してしまいます。ミステリー要素もあり、男性も女性も楽しめると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

死刑囚の心

2022/03/23 15:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の死刑執行当日から始まるこの物語は、冒頭から重い。
時をさかのぼって、支援者や幼なじみたちが主人公を救おうと奔走する場面が描かれるが、結局本人の口から真相が語られることはなく、死刑を待つ「決意」が変わることはない。
真実はどこにー。
ミステリーだが、すっきりしない。ただ重い雲がのしかかってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

死刑執行で始まるこの小説に、

2021/09/25 08:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:びずん - この投稿者のレビュー一覧を見る

私はこの死刑が取り消されることへの希望を心のどこかで抱いていた。この小説がミステリーにカテゴライズされるにはあまりにも切なく、目を向けるべき社会問題がいくつも山積していた。彼女が死を選ぶこと以外生きる方法を見つけられなかったのには、母や友人からの愛情を受けられなかったからではない。愛してくれる人に反抗してそれでも愛されるという経験に乏しかったからだと思う。だからこそ純粋無垢な彼女を間近で見た数人は、彼女が事件を起こしたかどうかについて疑問に思ったのだろう。死刑ってなんであるの?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

救われない切なさ

2020/12/16 19:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

重苦しく暗くどこをとっても徹底的に心が痛む作品。各章語り手が代わっていて、その人々の現在に余り深く触れない事でより一層想像力が掻き立てられ良かった。死刑制度と冤罪について考えさせられた1冊

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気に読んだ

2020/05/31 16:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

放火殺人犯として死刑になった女性について、彼女の関係者がそれぞれ彼女について語る中で真実が浮かんでくるストーリー。時間が経つのに気づかず一気に読みました。彼女に生きたいという意思がなかったとはいえ、もう少し周囲の人間がどうにかしてやれなかったのかなぁという無念さが残りました。特に、彼女を有罪と決めてかかっていた幼馴染の弁護士に腹が立ちました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

それでも続く人生に

2018/01/23 10:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kaoriction - この投稿者のレビュー一覧を見る

すべてが、ほんの少しズレただけで、ほんの少し間に合わなかっただけで。
誰かが、誰かひとりでもいいから、もう少し幸乃の人生に踏み込んでいたなら。

そうすれば、変わっていたのだろうか?

幸乃の人生も、彼女を取り巻く人たちの人生も。
結局は、タラレバ論になってしまうのだが。

あれこれ思い巡らせてみても、何が正しかったのか、何が悪くて 誰が正しくて 間違えで、何が本当で何が嘘で、誰が本当で誰の言っていることが正しくて、何が正義で、誰が悪人で、何がどうなって、どこでどうやって、誰がどうしてこうなったのか…
結論など出なくて。
あーだこーだと思い巡らすだけ。

せつない とか、苦しい とか、そんな言葉では足りない。

クライマックスに向かえば向かうほど、真実に近づけば近づくほどにイライラは募る。

どいつも こいつもッ!

思わず声に出してしまった。

小曽根理子も、翔も。敬介も姉も。
幸乃を取り巻く誰もが身勝手すぎる。
幸乃の人生を、真実を語りながら、結局、赦しを乞うて赦しを求め、解放されているのは彼らだったように思う。
幸乃の人生をなぞると共に、自分の人生に区切りをつけて、次に進んでゆく彼ら。みんながそれぞれに次なる一歩を踏み出し、生き続ける。

翔は慎一の名前も幸乃の誕生日も覚えていないのに、なぜ、幸乃を助けられると思ったのだろう。そして、なぜそんなにも傲慢な態度でいられるのだろう。人の気持ちに寄り添うこともできない、しない翔のような人間が弁護士だなんて、私はイヤだ。そんな翔が弁護士として生きてゆくということに 微かな嫌悪感も抱く。
もう少し、ほんの少しでいいから慎一に近づき、幸乃を思ってくれれば。何かが変わったかもしれないのに。

小曽根理子には失望しかない。
幸乃に罪をなすりつけたまま大人になり、名声も得て。講演までするような大人になって。子どもたちに「人生が変わるかもしれない」などとたいそうなことを言っておきながら心の中では
「逃げ切った」
などという思いを抱いているだなんて。

信じてはいけない。
目に映るもの、目にしたものが、本当にそのまま真実だなんて、信じてはいけないのだ。
誰かが言った言葉も、テレビも雑誌もニュースも。鵜呑みにして、信じてはいけない。
本当のことを知るには、自分で立ち向かわなければ。

失われてゆく命や人生がある一方で、生き延びてゆく人もいる。何食わぬ顔で、何も知らぬままで、あるいは嘘を抱えて、赦されたのだと勘違いしたまま、逃げ切った、と都合のよい解釈をしたまま。そうやって、生きている人もいる。

幸乃がいなくなっても、変わらず回り続ける人生が多々ある。

やるせない。

結局、人生なんてそんなものなのかと、やるせない気持ちになる。

「寝込む」ほどではなかったけれど、重くのしかかる読書ではあった。軽い風邪の引き始めのような。

まとまらない。
感想という感想もまとまらないし、書きづらい。
何度か読んで抱く自分の思いが見つかるかもしれない。
けれど、再読するにはまだまだしばらく時間を要する。

翔は、「大切な友達の誕生日」と幸乃が言ったことを知る日はあるのだろうか?
慎一は、すれ違い、間に合わなかった幸乃の人生に再び苦しみはしないだろうか。

知らないこと、気づかないこのなんと多いことか。真実かどうかもわからない人生。
それでも続いてゆく。
望んでも望まなくても。

幸乃はでも、自ら望んでその道を絶った。

そして、遺された者の人生は……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリー

2017/08/26 12:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はな - この投稿者のレビュー一覧を見る

思ったより最後が面白くなかった。かなり売り出しているわりに実際の内容とのギャップがあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。