サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

12/3~ <honto限定!電子おまけ>「ぼぎわんが、来る」映画化記念キャンペーン(~1/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

キラキラ共和国
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 178件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/25
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-03193-7

紙の本

キラキラ共和国

著者 小川糸 (著)

夫からの詫び状、憧れの文豪からの葉書、大切な人への最後の手紙…。伝えたい思い、聞きたかった言葉、承ります。鎌倉を舞台にした代書屋の物語。「ツバキ文具店」の続編。『小説幻冬...

もっと見る

キラキラ共和国

1,512(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夫からの詫び状、憧れの文豪からの葉書、大切な人への最後の手紙…。伝えたい思い、聞きたかった言葉、承ります。鎌倉を舞台にした代書屋の物語。「ツバキ文具店」の続編。『小説幻冬』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

「ツバキ文具店」は、今日も大繁盛です。
バーバラ夫人も、QPちゃんも、守景さんも、みんな元気です。
みなさんのご来店をお待ちいたしております。――店主・鳩子

亡くなった夫からの詫び状、川端康成からの葉書き、
大切な人への最後の手紙……。
伝えたい思い、聞きたかった言葉、
「ツバキ文具店」が承ります。【本の内容】

収録作品一覧

ヨモギ団子 5−60
イタリアンジェラート 61−129
むかごご飯 131−192

著者紹介

小川糸

略歴
〈小川糸〉作家。デビュー作「食堂かたつむり」でイタリアのバンカレッラ賞、フランスのウジェニー・ブラジエ小説賞を受賞。ほかの著書に「サーカスの夜に」「これだけで、幸せ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー178件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

雰囲気が○

2018/06/11 11:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ツバキ文具店』がおもしろかったので続編も読みました。代筆の奥深さはもちろん、登場人物たちの関係の進展、おいしそうなお料理と読みどころいっぱいでした。まだ続きそうなので続編が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読んだ後手紙を書きたくなります

2018/09/28 17:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:NT - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作のツバキ文具店はドラマでみたので、この本を読みました。
主人公の鳩子が文房具店店主兼代書屋として
いろんな事情のお客の手紙を代書する話ですが、
実際の手書きの手紙が載っているのが印象的でした。
しかも鳩子がお客の話からその人になりきって書くので
筆跡がそれぞれ違うし、手紙の用紙や使う筆記用具や
インクの色まで選んで書くところはすごくいいなと思いました。
私もぜひ字が上手くなりたいと思い練習を始めたところです。
舞台となっている鎌倉にも行ってみたくなりますした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ツバキ

2018/08/15 06:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

鎌倉というところで、時間がゆっくりと過ぎていく話は、なぜかとても気持ちが良い。テレビドラマになった事から、そのイメージで想像が広がるのは、どうなのか?どうしても自分のイメージが崩された気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

辛い時は「きらきら」と唱える。

2018/01/02 17:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

鎌倉のゆったりした空気感が心地いい物語です。
優しい夫、可愛い娘、旦那の家族、気になる旦那の前妻、そして変わらず見守ってくれる鎌倉の人たちなどなど。
代筆の仕事は時には困難な内容もあるけど、ポッポちゃんの新婚生活一年目が暖かく描かれてます。
辛い事も悩める事も幸せの一部だと思えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ツバキ文具店とセットでお読み下さい。

2018/11/10 23:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ツバキ文具店」の続編です。
前作を読んでいないと分かりにくいので順番に読むことをお薦めします。
前作との間もあまり開けないほうがいいですよ。

鎌倉で文房具店を開いている鳩子さん、通称ポッポちゃんです。
前作の続きでポッポちゃんがミツローさんと結婚するところから
物語が始まります。
ポッポちゃんという呼びかたは記憶にしっかりあったのですが、
ミツローさんとか連れ子のQPちゃんとか、呼び名を乱発しすぎていて
少々戸惑います。

前巻からの登場人物は、どんな人なのかの描写が少なく、
頭の中に人物像が浮かびきらないまま読んでしまいました。
ちょっともったいなかったですね。
思い出せないと微妙に置いてきぼり感を味わうのでご注意を。

言っていてもしょうがないので、何者かは横においてと……
ああ、出てきました。手書きの手紙です。
そう、ポッポちゃんの仕事は、副業だか本業だかの代書屋なのです。
文房具店のかたわらで営む家業は先代から受け継いだもので、
お話のメインとなる部分です。

手紙の文面がとてもいいのですよ。
挿絵的に入っていますので、手書きのよさを存分に味わえます。
文章も素敵なのです。あたりが柔らかいのに要件を
的確に伝えています。そつがないとはこのことです。

わたしの場合は、頭に浮かぶ言葉を書き連ねて、削ったり語順を
入れ替えたりするのですが、どうにもくどくなってしまうのですね。
この書評もそんな気がします。
仕事のメールもやけに長文で、いつも反省しきりです。

だからこんなにすっきりした手紙を読むととても心を打たれます。
世の中にはこんなにも素晴らしい文章を書ける人が
いるのだという気持ちで、小説の世界を飛び越えて、
手紙そのものに感心してしまいます。

結婚から始まりますが、お互いに店を構えているので
最初は別居です。徐々に生活の歩調を合わせていく様子は
ちょっとした成長ストーリーです。
お店に来るお客さんの代書も、一歩進むためのお手伝いなので
前向きです。そんな小さな成功体験が散りばめられていますので、
読んでいて心が洗われますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

地図があるからより面白い

2018/10/14 08:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りな - この投稿者のレビュー一覧を見る

冒頭に地図が載っているので見ながら読み進めることができて、より鎌倉が身近に感じます。「ツバキ文具店」の続編ですが、今回も面白かったです。
前回も感じましたが、鎌倉ってそう簡単には移り住めない場所という感じがしました。代々から住む人の街なんでしょうね。住みたいですが、これは夢かなあと思いながら読んでいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うーん、まあまあかな

2018/09/30 11:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オラフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

1作目がかなり良かったので購入しました。そうですね、正直言って前回の作品のほうが良かったです。
本作は主人公の結婚から始まり、少しずつ家庭を築いていく様子を丁寧に描いています。丁度自分のライフイベントと重なり、ああ、この気持ち、今のわたしと同じだあ!と思うところがいっぱいあってキュン!っとしました。
登場人物が皆いい人。わたしはあまのじゃくなのでしょうか。物語のハプニングにちょっと物足りなさがあります。ドラマティックなものが好きな方は向いていないかもしれません。
でも、この本のスローな時間、ひとつひとつを大事にする手作りの生活にはわたしは憧れます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

続編と知らずに!再会!

2018/06/27 20:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ツバキ文具店」で初めて小川糸さんの作品を読み、ゆったりとした文体に虜になっていました。
今回私にとっては小川さんの作品の二冊目として、この本を手に取りました。
するとなんと懐かしい登場人物が!
「ツバキ文具店」の続編に偶然出会えて再会に感動しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読後に手紙を書きたくなります

2018/05/16 13:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんみつこむすめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて小川糸さんの本を読みました。
ほっこりあたたかな物語で、癒されます。
特に、小さな男の子のお話は感動して涙がでました。
でも、これは小説ですから、「代書」という形ですが、
現実では、どんなに下手でも本人が書いた手紙が一番だなぁと正直思ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鎌倉めぐりをしたくなる、ほんわかする1冊です。

2018/05/30 22:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:★ほし★ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ツバキ文具店」も読んだので、その続編ということで読みました。「ツバキ文具店」はNHKでドラマ化して、それも見てたので、「キラキラ共和国」を読んでいる間はドラマに出演していた俳優さんをイメージしながら読んでいました。
鎌倉周辺の地図が最初のページにあって、それにたくさんのお店や神社が描いてあり、読んでる中でお店の名前が出てくると地図のページを見ながらどの辺か見たりして、楽しいです。七草の風習とか色々な文房具とかが出てきて、新しい発見があります。心温まる話やはっとする台詞も出てきて、読み終わってほんわかしました。
鎌倉に行ってツバキ文具店周辺めぐりをしたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/03/26 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/06 20:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/30 16:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/03 04:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/20 11:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。