サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ラプラスの魔女(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 75件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/02/24
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/493p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-105493-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ラプラスの魔女 (角川文庫)

著者 東野圭吾 (著)

円華という女性のボディガードを依頼された元警官の武尾は、彼女の不思議な〈力〉を疑いはじめる。同じ頃、2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きていた。検証に赴いた研究者・...

もっと見る

ラプラスの魔女 (角川文庫)

821(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

円華という女性のボディガードを依頼された元警官の武尾は、彼女の不思議な〈力〉を疑いはじめる。同じ頃、2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きていた。検証に赴いた研究者・青江は、双方の現場で円華を目撃し…。【「TRC MARC」の商品解説】

遠く離れた2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きた。検証に赴いた地球化学研究者・青江は、双方の現場で謎の娘・円華を目撃する――。東野圭吾が小説の常識をくつがえして挑んだ、空想科学ミステリ!【商品解説】

著者紹介

東野圭吾

略歴
1958年、大阪府生まれ。1985年、『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。1999年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞を受賞。12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、13年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、14年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞。その他の著書に『殺人の門』『探偵倶楽部』『さまよう刃』『夜明けの街で』『人魚の眠る家』『危険なビーナス』『恋のゴンドラ』など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー75件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

ラブラスの魔女

2018/05/27 00:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒミコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすが東野さん、やはり素晴らしい。一先が気になって気に読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

安定

2018/05/30 22:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Gam - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすがに、安定感抜群で読めた
登場人物がイメージしやすい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

潜在能力

2018/05/01 14:17

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自然現象の予知が、どこまで可能なのか?
主人公のような過去があれば、切実に欲しくなる能力だろうなぁ・・
けれど、人並み外れた能力を手にした個人は、善意だけ持ち続けられるのかも考えさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽しく読めます

2018/05/13 21:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょひょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

温泉街での硫化水素中毒による死亡事故から始まるストーリー。
不思議な現象に地球化学者が取り組んでいく。

複線的に進む前半に対して後半はスピード感のある展開で一気に読めた。
ただ、好みの問題だが、エンディングは少しモヤッとしてスッキリしない印象。

とはいえ、(文庫版で)500ページ近い小説を長く感じさせない展開と筆力はさすがで、休日一日楽しませてもらった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

復讐のかたち

2018/06/19 12:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:CHANRIE - この投稿者のレビュー一覧を見る

難しい単語が出てこなくてスラスラ読めた。
特殊能力を持った人間が絡んだ事件は殺人になるのかな?
途中そうなのかぁって重くなったけど結末があれ?って感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/03/12 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/09 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/13 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/21 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/28 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/22 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/29 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/01 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/02 11:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/04 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る