サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ユートピア(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 67件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/06/21
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/357p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745748-3
文庫

紙の本

ユートピア (集英社文庫)

著者 湊 かなえ (著)

【山本周五郎賞(第29回)】海辺の町で出会い、車椅子利用者を支援するブランドを立ち上げたすみれたち。出だしは上々だったが、ある噂がネット上で流れてから、徐々に歯車が狂い始...

もっと見る

ユートピア (集英社文庫)

691(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【山本周五郎賞(第29回)】海辺の町で出会い、車椅子利用者を支援するブランドを立ち上げたすみれたち。出だしは上々だったが、ある噂がネット上で流れてから、徐々に歯車が狂い始め…。緊迫の心理ミステリ−。【「TRC MARC」の商品解説】

【第29回 山本周五郎賞受賞作】

善意は、悪意より恐ろしい。

足の不自由な小学生・久美香の存在をきっかけに、母親たちがボランティア基金「クララの翼」を設立。
しかし些細な価値観のズレから連帯が軋みはじめ、やがて不穏な事件が姿を表わす――。
湊かなえが放つ、心理サスペンスの決定版。

地方の商店街に古くから続く仏具店の嫁・菜々子と、夫の転勤がきっかけで社宅住まいをしている妻・光稀、移住してきた陶芸家・すみれ。
美しい海辺の町で、立場の違う3人の女性たちが出会う。
「誰かのために役に立ちたい」という思いを抱え、それぞれの理想郷を探すが――。
【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー67件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

火のない所に煙は立たない

2018/09/24 17:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

湊氏の作品に外れはありません。本書も面白かったです。
 先祖代々からの住人、転勤族、移住者の三者三様の思いが交錯し、妬みや嫉みに発展。無責任な噂話も流され、疑心暗鬼になる登場人物たち。さらに悪意ある噂話がネットで拡散。過去の脅迫犯罪もからみ、洒落にならない結末が・・・。ラストは余りにも意外でした。それにしても、湊氏は嫉妬の感情を小説化すると天下一品です。また、噂話のいろんな側面を思い知らせる作品でもありました。「火のない所に煙は立たない」ということでしょうか。

 ところで、先祖代々からの住人と転勤族との確執は実際にあります。過去に、私も名古屋で経験しました。町内会の寄り合いに突如呼ばれ、町内会長をやれという話になりました。早ければ1年程度で転勤することもあり、町内会長は免除されていたのですが、不公平という話になったようです。寮自体の閉鎖の話もあり、責任が持てないことを理由に断ったのですが、議論は平行線に。案の定、任期途中で寮は閉鎖することになり、私も異動の内示を受けました。すると土地の口利きをやってくれと都合の良い話が持ちかけられる等、とにかく理解できない住民たちでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第29回山本周五郎賞

2018/09/23 02:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Takashi - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性心理の表裏を描かせたらやっぱ湊さん。田舎町で静かに暮らす妻、大企業の工場勤めの夫の転勤で来た妻、田舎の空気を望み移住した女。収入から家族の事情まで全て違う三人が出会い…そして…。価値観の相違、生活レベルの違い、土地の良し悪しに関する感性、そこから生まれる嫉妬、疎外感、優越感。全てが違う彼女たちにとってその地はユートピアだったのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

外からの目

2018/06/29 11:15

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語の終わりに、外から来た人物が二人去っていく。
一応、前進のためなのだが、なんか夢破れてって感じ。
地方都市を、上から目線で見ていたのにね。
でも、秀逸なのは、子どもたち。影の主役?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2018/10/08 07:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

海辺の町で出会い、車いすの人のブランドを立ち上げた。最初は順調な出だしであったが、ある噂がたちはじめる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/22 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/25 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/18 12:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/03 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/27 03:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/05 17:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/06 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/31 11:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/08 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/06 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/30 05:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る