サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ー心を遊ばせる・心を羽ばたかせる― 空想と幻想の物語 ポイント5倍キャンペーン  ~7/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

沈黙のパレード
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 313件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/10/11
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/440p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390871-7

紙の本

沈黙のパレード (ガリレオ)

著者 東野圭吾 (著)

秋祭りのパレードで起きた殺人事件の容疑者はかつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。だが男は証拠不十分で釈放され、堂々と遺族達の前に現れる。超難問に突き当たった草...

もっと見る

沈黙のパレード (ガリレオ)

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

秋祭りのパレードで起きた殺人事件の容疑者はかつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。だが男は証拠不十分で釈放され、堂々と遺族達の前に現れる。超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求め…。【「TRC MARC」の商品解説】

『ガリレオ、再始動!』
シリーズとしては、6年ぶりの単行本が、長篇書下ろしとして堂々の発売!

容疑者は彼女を愛したふつうの人々。
哀しき復讐者たちの渾身のトリックが、湯川、草薙、内海薫の前に立ちはだかる。

突然行方不明になった町の人気娘・佐織が、数年後に遺体となって発見された。
容疑者はかつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。
だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。
さらにその男が、堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を「憎悪と義憤」の空気が覆う。

かつて、佐織が町中を熱狂させた秋祭りの季節がやってきた。
パレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたか。
殺害方法は?アリバイトリックは?
超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。

第一作『探偵ガリレオ』の刊行から二十年――。
シリーズ第九作として、前人未踏の傑作が誕生した。【商品解説】

著者紹介

東野圭吾

略歴
〈東野圭吾〉1958年大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業。「容疑者Xの献身」で直木賞、「夢幻花」で柴田錬三郎賞、「祈りの幕が下りる時」で吉川英治文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー313件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

おもしろい

2018/10/26 08:47

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

東野圭吾の新作ですが、楽しみにしていました。期待以上の作品だと思いました。ガリレオシリーズは、おもしろいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まったくはずれがないなぁ...東野作品っ!

2019/11/21 23:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タオミチル - この投稿者のレビュー一覧を見る

ガリレオシリーズの最新刊にして9作目。私は「容疑者Xの献身」からのファンで、そこから1作目に戻って読んでとりあえずシリーズは読破しているつもり。で、本作は、「容疑者...
」の次に好きな作品でした。なかなか特定できない犯人と殺人のトリックがいつものように秀逸。一気読みしてしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もしも

2019/07/17 17:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hid - この投稿者のレビュー一覧を見る

もしも湯川教授があの土地にいなかれば、真犯人はわからなったかも。
でも、とある夫婦の奥さんもかなり悪いと思う。
悪い人というわけではなく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

待っていました

2019/06/04 19:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:綾○ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ガリレオの続編待ってました。
人間模様もよく描けていて、やっぱり東野圭吾さんは凄い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

沈黙のパレード

2019/05/12 21:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲゲゲの鬼太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

やはり、東野圭吾さんの作品はやっぱり面白い!東野圭吾さんは読者を「ものがたり」の中に引き寄せる最高の小説家だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画化して欲しい

2019/05/07 10:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:納豆 - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらず外さない鉄板の面白さ。
続きが気になって、2日で読んでしまいました。
ガリレオは1冊完結の物語なので、シリーズどこから読んでも構わないとは思うのですが、今作は「容疑者Xの献身」を先に読破しておくことをオススメいたします。

東野圭吾の小説って、常に頭の中に映像があると思うのですが、今回は特に顕著で、完全に福山雅治主演・役者の顔を想像して当て書きしていたように感じました。
話も、例えばこのまま映画化するとしても、脚本家は台詞おこしするだけでほとんどやることなさそう。完璧な出来(笑)
是非、この話を、福山ガリレオをもう一度!
...できれば、ヒロインは吉高由里子じゃなくて、柴咲コウでお願いします!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ガリレオ

2019/04/30 09:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

久々のガリレオシリーズの新刊ということで読みました。いつものように読み始めたら、一気に読んでしまいました。さすがの展開で、切なく心温まる物語に満足感いっぱいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

久々のガリレオシリーズの新刊

2018/11/16 23:59

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とも - この投稿者のレビュー一覧を見る

久々のガリレオシリーズの新刊ということで迷わず購入。子どもが生まれていこうなかなか小説読破が出来ずにいたが、この1冊ははまって仕事と育児の合間に4、5日で読破。
私は容疑者Xの献身がガリレオシリーズでは1番よかったと思っているが、そのレベルにわりかし近い作品だったと思う。
切なく、苦しくもあるが、どこか救いのあるストーリー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さすがの面白さ

2020/06/07 21:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気読みしたいのをこらえて、
騙されないように、
ミスリードされないように読んでいたのに、
やっぱり驚きの展開でした!
それにしても、
親の心子知らず、子の心親知らずですね。
愛だの恋だのより、
もっと大切なことがあると言いたくなるのは、
私もいい歳だからかなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後の最後まで何かある

2019/03/26 20:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タラ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ガリレオシリーズを本で読むのは初めてでしたが、とても楽しく読めました。

事件の真相にたどり着いたと思ったら、まだその裏に誰も知らなかった真相が!というように最後の最後まで読者を飽きさせないところが、さすが東野圭吾さんの作品だなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

沈黙と、パズルを成立させるピース

2019/01/03 20:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

《ガリレオ》シリーズ第9作。6年ぶりの単行本、書き下ろしの長編です。
読みやすさ、筆力はさすがだと思いましたが、全体の印象はイマイチ。同じ《ガリレオ》シリーズの長編でも私が名作と思う「容疑者Xの献身」よりは数段落ち、「聖女の救済」に近いクオリティというところでしょうか。短編を引き延ばして長編にしたような感じです。また、読後感も良くはない。
しかし、《ガリレオ》シリーズの魅力はあるので、星4つにしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

容疑者Xには勝てない

2019/04/23 01:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yul - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりのガリレオ。
面白かったけど、やっぱりもう容疑者Xを越える作品は難しいのかな。

個人的に、好きな順に並べると
容疑者X>真夏の方程式>沈黙のパレード>聖女の救済
という感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ガリレオ

2018/11/17 14:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

もう新館内のかなと思っていたガリレオの最新刊です。期待を裏切らない面白さでした。映画化でも大丈夫そうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/05/28 07:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/02 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します推理・ミステリー ランキング一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。