サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

本の購入で全員もらえる!100万ポイント山分けキャンペーン(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/03/15
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-721072-9
新書

紙の本

アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」 (集英社新書)

著者 中川裕 (著者),野田サトル (イラスト)

漫画「ゴールデンカムイ」のアイヌ語監修者にしてアイヌ文化研究の第一人者が、言語・物語や信仰から食生活まで、漫画の名場面をふんだんに引用しながらアイヌ文化を解説する。原作者...

もっと見る

アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」 (集英社新書)

税込 990 9pt

アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」

税込 891 8pt

アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 27.4MB
Android EPUB 27.4MB
Win EPUB 27.4MB
Mac EPUB 27.4MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

漫画「ゴールデンカムイ」のアイヌ語監修者にしてアイヌ文化研究の第一人者が、言語・物語や信仰から食生活まで、漫画の名場面をふんだんに引用しながらアイヌ文化を解説する。原作者・野田サトルの描き下ろし漫画も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

大人気漫画「ゴールデンカムイ」のアイヌ語監修者による、唯一の公式解説本が誕生! 
野田サトル先生によるオリジナル描き下ろし漫画も収録!!

2018年に手塚治虫文化賞でマンガ大賞を受賞し、
アニメ化も果たした累計発行部数900万部超の大ヒット冒険活劇漫画「ゴールデンカムイ」。
同作をきっかけにして、初めてアイヌ文化に興味を抱いたという方も少なくないのではないか。
本書はそんな大人気作品のアイヌ語監修者が、
漫画の名場面をふんだんに引用しながら解説を行った、画期的入門書である。
「アシ(リ)パたちの名前はどのように決まったのか」
「話題の“オソマ”と“チタタプ ”にまつわる裏話とは?」
「“ヒンナ”の正確な意味と、本当の使い方」など、
原作ファンならば漫画が100倍面白くなること必至の知識が満載となっている。
もちろん、それだけではなく「アイヌの先祖はどこから来たか?」
「アイヌ語から解き明かす北海道の地名」「徹底解説! アイヌ文学」など、
原作を知らない方でも楽しめる内容が盛り沢山。
アイヌ文化について知りたいならば、まず最初に読むべき最高の入門書だと言えるだろう。

【本書の主な内容】

・「カムイ」とはそもそも何なのか?
・世にも恐ろしい魔物たちの伝説
・アイヌは子どもの名前をどのように決めるのか
・超特急! アイヌ語入門
・『ドラゴンボール』そっくり!? アイヌの英雄物語「ユカ(ラ)」徹底解説
・家庭で作れるアイヌ料理
・大人気! 「オソマ」と「チタタ(プ)」にまつわる裏話
・「ゴールデンカムイ」 あの名シーンの背景
・アイヌ語監修の仕事と創作秘話          ほか


【目次】

序章   アイヌ文化に人々を惹きつける「ゴールデンカムイ」の魅力
第一章  カムイとアイヌ
第二章  アイヌの先祖はどこから来たか?
第三章  言葉は力
コラム1 小樽から見た「ゴールデンカムイ」 (寄稿:石川直章・小樽市総合博物館館長)
第四章  物語は知恵と歴史の宝箱
第五章  信仰と伝説の世界
野田サトル先生描き下ろし オリジナル漫画
第六章  「ゴールデンカムイ」のグルメワールド
コラム2 黄金の民・アイヌ (寄稿:瀬川拓郎・札幌大学教授)
第七章  「ゴールデンカムイ」名シーンの背景
第八章  アシリパたちの言葉 アイヌ語とは
終章   アイヌ語監修というのは何をやっているのか?
付録   「ゴールデンカムイ」をより楽しむためのブックガイド
【本の内容】

著者紹介

中川裕

略歴
中川 裕(なかがわ ひろし)
1955年神奈川県生まれ。
千葉大学文学部教授。東京大学大学院人文科学研究科言語学博士課程中退。
1995年、『アイヌ語千歳方言辞典』(草風館)を中心としたアイヌ語・アイヌ文化の研究により、金田一京助博士記念賞を受賞。
野田サトル氏による漫画「ゴールデンカムイ」では、連載開始時から一貫してアイヌ語監修を務める。
著書は『アイヌ語をフィールドワークする』(大修館書店)、『アイヌの物語世界』(平凡社ライブラリー)、『語り合うことばの力』(岩波書店)など多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー34件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (21件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「ゴールデンカムイ」が世に表わしたアイヌ文化紹介は、ただの漫画で済ませるもの以上に大きかったとおもう

2019/03/19 03:55

14人中、14人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

漫画「ゴールデンカムイ」はアイヌ文化を広く理解する上で大いに貢献した。その監修をしているアイヌ語研究家の中川裕による本書は、ゴールデンカムイのサブテキストであり、アイヌ文化をさらに深く理解するためのものである。

アイヌ民族と日本民族は、江戸時代に入る前までは、交易を行うなどほぼ対等な立場であったものが、江戸時代に松前藩が確立して以降は、アイヌにとっての不利益交易、砂金目的の移民が北海道に押し寄せたことにより、徐々にアイヌの生活は苦しくなり、有名なシャクシャイン戦争などが起きる。しかし、「アイヌ内部のことはアイヌにまかせる」という方針によって、アイヌ文化は保たれていた。それが明治維新以降、北海道開拓の名の日本人の「侵略」が進み、アイヌの同化政策が進められる。明治時代に定められ、1997年まで生きていた「旧土人保護法」は、アイヌの土地の没収、収入源であり文化であった漁業・狩猟の禁止、アイヌ固有の習慣風習の禁止、日本語使用の義務、日本風氏名への改名による戸籍への編入定めたため、昭和には、アイヌ文化は観光地の見世物となり、差別の対象となり、アイヌ語を話す人もいなくなり、平成にはアイヌ文化は消えようとしていました。

アイヌ民族から、はじめって国会議員となった萱野茂によって旧土人保護法は廃止され、いま、アイヌ民族の復権、アイヌ文化の継承、アイヌ語の復活を目指してアイヌ自らが声を上げる運動が起こっている。

こうした歴史の流れのなかで、「ゴールデンカムイ」が世に表わしたアイヌ文化紹介は、ただの漫画で済ませるもの以上に大きかったとおもう。

アイヌ民族は文字を持たない。アイヌ語を禁止されれば文化は絶滅してしまう。
アイヌは狩猟の民である。土地を奪われ、狩猟が禁止されれば、生きるすべを失う。
アイヌの狩猟の考え方の基本は、本書でも紹介されている、「人間とカムイ=環境はお互いがお互いを必要とするパートナー」であり「環境からの恩恵を当たり前のものと思わず、その恩恵を感謝して受け取ることによって、環境を悪化させないように配慮することができるようになる」と「カムイ」を解説している。
食べ残しは、カムイに「そんなことをするならあそこの家には土産を持っていくものか」と飢饉や飢餓につながる恐れをもたせ、必要以上に採らない事につながっている。「カムイ」に対する感謝がアイヌ民族の文化だ。イオマンテ(熊送り)も儀式の詳細が解説されている。食べ残しを禁止する法律を作らなければならないと言っている日本人にこそ、知るべき考え方だろう。
トゥレンペという憑神についての考え方も「無意識」と同意。アイヌはすべてのものに魂が宿ると考えている。
ゴールデンカムイでも度々アイヌ料理の話が出てくるが、本書ではそのレシピも詳述されていて興味深い。
本書の表紙は盛装して祖先供養をの場で祖先の霊にお酒を捧げるアシリパ
アシリパの本書の表記は本当はリの字が小さい。私のワードで小さいリの字が変換しない。ゴールデンカムイに紹介されるアイヌ語表記はブ・ツ・ク・ム・シ・ラ・リ・ル・レ・ロ・ハ・ヒ・フ・へ・ホが小文字になっている。どんな発音か不思議だったが、本書で「北海道新聞社の道新アイヌ語小文字発音講座の動画で聞ける」とまさに読者の疑問に手取り足取り教えてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

忘れねばこそ思い出さず候

2019/11/01 23:56

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊達綱宗を思って詠まれた歌の一節ですが、引いた意味は後ほど。

著者も挙げていますが、実は「間違えて」まとめて買った中の一冊だったのです(蔵書にも他作があるのになにをしているのでしょうか…)。
第三章「言葉は力」でも挙げた通り、こうした身近なエピソードに寄せて本論に引き込む点はさすがです。“入門書”とは謳いながらもそこそこ専門的かつ高度な部分まで掘り下げられており、中々の密度です。

以前、厚岸(あっけし)に滞在する機会があり、道すがらアイヌ文化と大自然に触れることができました。日常と様々に重なり合う“異文化”の珍しさと、容易に死に至る過酷な自然。
そんな背景、また知里幸恵、金田一京助、柳田國男らの銘文に触れた感銘を思い出しながら綴っています。

アイヌ文化には書き文字がなく、これはご存じの方も多いでしょう。口伝と口承の世界です。
実は我々が話している日本語にも文字がありませんでした。日本最古の『古事記』も口述を漢字・漢語で表したモノなのです。
表音文字ではないので現在では読みが分からない、意味が通じない部分も多くあります(神話だから、とは言い切れません)。
加えて、蝦夷・アイヌ・縄文の関係はほぼ未解明です。

坂上田村麻呂に下ったとされる「アテルイ」、こう読まれていますがこれが正しいかは不明です。
アシ(リ)パの表記、知里幸恵、金田一京助らの奮闘は古くて新しい、しかし連綿とつづく課題だったのですね。

文字には形而上の物事や思想すら拘束してしまう凄まじい力があります。
第八章「アシ(リ)パたちの言葉 アイヌ語とは」で「孤立言語」について触れています。
朝鮮では朝貢(ちょうこう)国という事もあり、漢字・漢語を公用語とし文化も風俗も支那王朝に倣っていました。
日本では漢字は取り入れつつも、中華思想からどう離れるかに多くの力を割いていました。
文字を持たなければ特定の文化に容易には染め上げられない、アイヌの先人がそう考えたかは分かりませんが、これも生き延びる知恵だったのかもしれません。
三つの孤立言語が選んだ道は実に不思議なものですね。
著者は三内丸山遺跡にも触れていますが、考古学の業績と科学分析の発展は多くの新事実をもたらしています。昭和当時と令和現在では、縄文の有り様は時代も時期も完全に変容しました。
既に多くが失われたアイヌ文化ですがこちらの業績にも期待したいですね。

「カムイ」について少し触れてみると正確に捉えるのは中々難しそうな概念です。
「神」は「かむ」の読みも多く混乱に拍車を掛けているように感じます。重なる部分が多くあるも両者は同一ではないのが不思議ですね。
眷族の狐や狼が敬われていった稲荷信仰、時に神・鬼が近しく、人に祟る荒御霊(あらみたま)といった存在も想起させます。

環境への畏敬、目に見えない現象や世界の説明、日常生活の具体的な規律と戒め、美しい物語の数々。
滅びの寸前でも口承されたモノは実に多く、現代の我々にも傾聴すべき内容が多くあります。

時に血なまぐさく、荒々しい摩擦もあったふたつの文化。
重なり合いズレながらも根や祖には共通するモノを多く持つようです。
冒頭の「思い出す事もしない、なぜなら片時も忘れる事がないから」、両者はそんな関係だったのかも知れません。
我々が「カムイ」に魅了される理由もその深さと密度ゆえなのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろかった!

2019/03/16 23:11

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつも漫画で楽しんでいる『ゴールデン・カムイ』。その物語のどの部分がフィクションで、どんな風につくられているか。まるで作業場を垣間見れるようで楽しかった。アイヌについて知りたかった部分もわかりやすく、入門編としても最適。漫画への興味と知識欲をどちらも満たしてくれる1冊。オススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「始皇帝 中華統一の思想」とほぼ同時期に出てどちらも名作

2020/04/26 17:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ライサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゴールデンカムイは北海道を発った所までアニメと漫画で読んだ
さて。この本はしかし縄文時代から……というかアイヌの起源から話が始まる
ゴールデンカムイとの絡み方も絶妙で、また著者が大学教授なのもあって専門的な話でも非常にわかりやすく書いてくれている
ゴールデンカムイ好きな人のみならずアイヌ文化に多少なりとも興味がある人には必読の一冊

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「ゴールデンカムイ」を通してアイヌ文化を知る!

2019/10/14 14:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:野間丸男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アイヌという言葉を知っていても、どんな文化や生活かの資料は少ない。

「ゴールデンカムイ」という漫画がある。
日露戦争後の北海道ということで、当然(?)アイヌの人々も出てくる。

アイヌ文化にも地域差があって、言葉の違い・生活パターンの違いがある。
漫画の中のセリフの翻訳の難しさと共に、アイヌ文化の特異性が明らかになってくる。

漫画を先に読むか、この本を読んで漫画を読むか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/12/05 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/23 14:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/16 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/03 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/13 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/27 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/14 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/24 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/25 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/07 13:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。