サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

本の購入で全員もらえる!100万ポイント山分けキャンペーン(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 70件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/08/09
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/542p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-45312-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

戦場のコックたち (創元推理文庫)

著者 深緑野分 (著)

誇り高き料理人だった祖母の影響で、コック兵となった19歳のティム。彼がかけがえのない仲間とともに過ごす、戦いと調理と謎解きの日々を連作形式で描く、青春ミステリ長編。【「T...

もっと見る

戦場のコックたち (創元推理文庫)

税込 1,078 9pt

戦場のコックたち

税込 1,019 9pt

戦場のコックたち

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 7.3MB
Android EPUB 7.3MB
Win EPUB 7.3MB
Mac EPUB 7.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

誇り高き料理人だった祖母の影響で、コック兵となった19歳のティム。彼がかけがえのない仲間とともに過ごす、戦いと調理と謎解きの日々を連作形式で描く、青春ミステリ長編。【「TRC MARC」の商品解説】

1944年6月6日、ノルマンディーが僕らの初陣だった。コックでも銃は持つが、主な武器はナイフとフライパンだ――料理人だった祖母の影響でコック兵となったティム。冷静沈着なリーダーのエド、陽気で気の置けないディエゴ、口の悪い衛生兵スパークなど、個性豊かな仲間たちとともに、過酷な戦場の片隅に小さな「謎」をみつけることを心の慰めとしていたが……『ベルリンは晴れているか』で話題の気鋭による初長編が待望の文庫化。直木賞・本屋大賞候補作。

*第2位『このミステリーがすごい!2016年版』国内編ベスト10
*第2位「ミステリが読みたい!2016年版」国内篇
*第3位〈週刊文春〉2015年ミステリーベスト10/国内部門
*第154回直木賞候補【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー70件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

すごいな

2020/10/19 12:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hid - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリの要素を取り入れた戦争小説なのかもしれない。
戦争の悲惨さがひしひしと伝わってくる。
第2次世界大戦のヨーロッパを舞台にしたミステリ小説を
日本人が書く不思議さ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦場のコックたち

2020/07/03 19:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

何がすごいといって、まるで翻訳物を読んでいるように英語での言葉遊びも出てくるし、日本語で書かれたことを忘れそうになりました。エピローグでは、もう20年近く前、歌舞伎座で後ろの列に座っていた高齢男性たちを思い出しました。学徒出陣、徴兵といった言葉が飛び交い、戦友会らしき雰囲気でした。私だったら、キッドと同じことが出来る勇気があるかどうかわかりません。他の本も読んでみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦場あるある?日常的ストーリーかと思いきや

2020/01/14 12:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えぬ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「良い意味で裏切られた」という言葉があるがまさにそんな感じ。「食」に特化した戦場あるあるの日常(?)的風景の描写かと思いきや、あらすじにある通り、ちょっとした事件を解決したり、軍の日常を翻訳のような文章でグイグイ読んでいたら、最後のあれそれで崩壊した。彼らがいるのは「戦場」ですから、なんとなくほのぼのとして終わるわけがないのに、どうして平和に終わると思ってたんだろうと結構グッサリくる。立ち読みして買って、買って読んで、とてもよかったけど、もう読み返せない気もする。元気な時に読み返したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

非日常における日常の謎を描いたベストセラーです!

2019/12/29 10:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、深緑野分氏の初長編作で、非常に質の高いものです。内容は、アメリカ陸軍のコックとして働く19歳のティムを中心とした軍隊における料理人の仕事について描かれたものです。戦闘に参加しながら同時に炊事をこなすというハードな業務のなかにあって、個性豊かな仲間たちと支えあいながら、彼は戦地で見つけたささやかな謎を解き明かしていくことを心の慰めとしています。戦場という非日常における日常の謎を描いたベストセラー作品です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どんどん物語の性格を変えていく展開に驚きの作品でした。

2019/12/28 10:09

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どんどん物語の性格を変えていく展開に驚きの作品でした。激戦だったノルマンディー上陸作戦にも拘らず、むしろ激しい戦場においてすら淡々と生き抜く兵士たちの逞しさと、推理小説のような事件の謎解きで、ほぼこの本の性格が判った気がしたが、3章でその性格を一変させる。3章はナチス占領下での住民たちの矛盾が解放で一気に噴出する悲惨さであり、4章は今流にいうならPTSD(心的外傷後ストレス障害)の話であり、5章は本来憎み合う理由の無い個人同士が戦い合う戦争の矛盾であり、戦時下には隠されていたユダヤ人虐殺問題などの描写である。そしてエピローグで戦争に関わった人々の生き方が描写される。戦争の痛手から立ち直れず非業の死を遂げる人間もいるが、概ね幸せな人生を歩んだ形になっているのが救いか。準主役のエドワード(エド)・グリーンバーグの遺品のメガネが消えて無くなっていたという最後の一文は良く判らないけど味わい深い。
<さて、以下は蛇足>
 1章の描写を見て、まるで「史上最大の作戦」に代表される戦争映画を読んでるような感じを得た。不思議に思って文末を見たら、ノンフィクション小説多数を含む約50もの主要参考文献資料が羅列されていた。全体を通じては『バンド・オブ・ブラザーズ 男たちの深い絆』らしいが、1・2章のノルマンディー上陸作戦は『ノルマンディー上陸作戦』『史上最大の作戦』(映画「史上最大の作戦」)、3章のマーケット・ガーデン作戦は『遙かなる橋』(映画「「遠すぎた橋」、4章のアルデンヌの闘いは『バルジ大作戦』『最後の100日』(映画「バルジ大作戦」)、などである。内容から見て欧州育ちの帰国子女の作品かと思ってたのだが、全て主要参考文献資料から纏め上げた作品と知り、今、何故、末期のドイツ攻略戦なのかと不思議になった。1983年生まれなので今36歳。実に不思議な作家である。
 さて、もう一つの疑問は題名である。確かに、1・2章は食べ物の話が結構軸になっており、「・・・コックたち」も何となく納得できるのだが、3章以降は「コック」である必然性を全く感じない本質的な戦記小説になっている。何故「・・・コックたち」だったのか。ムーー・・・・・・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

色々な要素を持った小説

2019/11/28 11:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこまるた - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙を見て、食べ物を主題にした小説なのかなと思って読み始めましたが、ミステリ要素もあり、ヒューマンドラマであり、戦争小説でもあり、歴史小説でもありと色々な要素が詰まっていて、とても面白かったです。
日本人作家が書いているのですが、翻訳物ではないかと疑う程、第2次世界大戦前後のアメリカやヨーロッパ雰囲気がリアルで驚きました。
短編集の構成になっているので、読み易いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦場のコックたち

2019/08/23 20:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドイツのノルマンディ攻略戦からドイツ敗戦まで従軍コック達を中心に部隊の中で起きた出来事を解決するミステリーと人間ドラマと年老いての感動の再開など小説の枠を超えた作品だと思いました。仲間を思う心の葛藤が良く書けていたと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすいけど魅力は多面的な良書

2019/08/18 19:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

コックの一面を持つ若いアメリカの特技兵たちの物語。時に前線で銃を構え、時に補給拠点で兵士たちに料理を振舞い、消えた補給品の謎を追う。前半はミステリとお仕事小説の面が際立つ青年兵の成長物語として楽しめて、後半は仲間の死とドイツ兵との対峙に目を瞠る。

周りからキッドと綽名される若くて情に脆いティムと、冷静沈着で味音痴なリーダー気質のエドの互いを支え合い、徐々に心を支え合う青春小説的な一面も魅力的。使われている表現は平易で、題材も第2次世界大戦だし、中学生でも充分楽しめると思う。500ページ超の文庫本とはいえサクサク読み進められた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現代風の推理小説

2019/08/31 00:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねったいぎょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人気のある本であり、以前から興味があったので、文庫本になったこともあり買ってみました。

 推理小説という感じではなく、物語として読めば、それなりに楽しめるかなという印象です。
 アメリカ兵が主人公であり、出てくるキャラはほとんどアメリカ兵なのですが、日本人っぽい性格で、そこは気になりました。
 戦地に行っているわりに平和な雰囲気で、これが逆にリアリティがあるのかどうかわかりません。しかし、もう少し緊迫した雰囲気にした方がいいような気がしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/09/30 06:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/20 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/10 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/13 14:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/08 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/12 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。