サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 早川書房の通販
  6. プロジェクト・ヘイル・メアリー 下の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 349件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/12/16
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/315p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-210071-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

プロジェクト・ヘイル・メアリー 下

著者 アンディ・ウィアー (著),小野田 和子 (訳)

【星雲賞海外長編部門(第53回)】「プロジェクト・ヘイル・メアリー」の目的は、太陽エネルギーを食べる未知の地球外生命体アストロファージに感染していないタウ・セチに赴き、そ...

もっと見る

プロジェクト・ヘイル・メアリー 下

税込 1,980 18pt

プロジェクト・ヘイル・メアリー 下

税込 1,980 18pt

プロジェクト・ヘイル・メアリー 下

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.6MB
Android EPUB 3.6MB
Win EPUB 3.6MB
Mac EPUB 3.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

プロジェクト・ヘイル・メアリー セット

  • 税込価格:3,96036pt
  • 発送可能日:購入できません

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【星雲賞海外長編部門(第53回)】「プロジェクト・ヘイル・メアリー」の目的は、太陽エネルギーを食べる未知の地球外生命体アストロファージに感染していないタウ・セチに赴き、その理由を探し出すこと。グレースはこの不可能ミッションに挑むことに…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アンディ・ウィアー

略歴
〈アンディ・ウィアー〉1972年カリフォルニア生まれ。著書に「火星の人」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー349件

みんなの評価4.7

評価内訳

紙の本

大胆な仮説と妄想の奔流

2022/06/29 22:25

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

SFで泣きそうになる感動を覚えるなんて。大胆なSF的仮定、アイデアが多くつぎ込まれ、ビートルズをはじめポップカルチャーの話題がつぎ込まれ、エイリアンとの友情が詰め込まれ、飽きることなく最終章へ。複雑極まる問題と解決策の一つ一つを検討するうちに、子細なディテールに重大な問題があることを生み出すプロットに感服する。前編では黙示録の世界の到来を予感してしまうが、災難を乗り越え強く生き抜いていく世代が育つよう期待する主人公の姿がまぶしい。次世代が引き継ぐ混乱してしまう世界をきちんと受け止められるよう育てなくては。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

下巻も飽きさせず面白かった!

2023/11/22 15:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:S910 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公がロッキーと呼ぶことにした異星人との交流と協力により、幾度も問題に直面しながらアストロファージへの対策を見つけ、地球もロッキーの故郷も救うだけの結果を得る。
さらにロッキーの提案によって片道切符だったミッションが帰還の可能性まで出てくる。
少しずつ忘れていた過去を思い出し、自分がどうしてクルーになったのか知った。
そして最後の大きな問題に直面した時の彼の決断は。傑作SF下巻。

最後まで飽きさせない展開と、ロッキーとの交流、機知に富んだユーモラスな会話、主人公の葛藤と、あらゆる失敗と成功。すごく楽しかった!
戦争に行く兵士達が、自分の命を賭けても最後まで戦えるのは祖国のためだとか家族のためだとかではなく、共に戦う戦友のためだ、という話を思い出した。
死にたくないから死出の旅であるクルーには絶対なりたくないと抵抗した主人公が、最後ロッキーのために死ぬ覚悟を決めたのは本当に良かったよね。
ロッキー達エリディアンが決して地球人とは相容れない生育環境なのに、二人が唯一無二の親友になったのが、何よりの奇跡だったと思うよ。結末も満足。
できればその後の地球の様子が知りたい。

ロッキーに地球の知識でいろいろと説明するの、例えがとても上手くて、主人公が教職だったのは天職だったんだなぁと思う。
ヘイル・メアリーはアヴェ・マリアが語源で、アメフトの試合終盤に劣勢チームが起死回生で放つ一発逆転のロングパスに由来する。
プロジェクト・ヘイル・メアリーはイチかバチかの計画。
タイトルへのこだわりは面白い。
最終章の数字がエリディアン語になっているのもとてもユーモアで素敵だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

文句なく面白かったです

2022/07/24 06:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひね - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初から最後まで予測ができない大展開でした。素晴らしい小説が読めて幸せです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しあわせ!しあわせ!しあわせ!

2024/04/22 21:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゃび - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかくロッキーに尽きる。
いや尽きないんだけども(なぜならロッキー以外の何もかもも面白い本だから)、上巻はとにかくロッキーの登場でものすごくびっくりした。異星人とエンカウントする話だと思ってなかったから。てっきり『火星の人』と同じで、また宇宙でひとりぼっちの話なのかと…
でも科学の知識は皆無の読者としては、『火星の人』以上に面白い!好き!となった最大の魅力はやっぱりロッキーである。白状すると、主に『三体』の後遺症で、わりと最後の方まで本当に味方と思っていいのか疑っていました。ごめんロッキー、ごめんエリディアンの皆さん。

あとロッキーが出てきた時点では、なるほどこのための記憶喪失設定だったのか~時系列通り話を進めていたらロッキーが出てくるの遅くなっちゃうもんねえ、などと思っていたが…!
ストラットさんは正直ひどいが、グレースはちゃんと仕事をするはずという読みは当たっていたのだからすごい(といっても二人死んでる上に、ロッキーとキセノナイトなしでは完全に詰みだったのだが…)

科学の知識が皆無なので、最後の最後までどういう結末になるのか読めなかった。あれ、科学の知識があれば予想できるのかなあ?本当に面白かったです。映画楽しみ~!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

勇気と友情を感じるSF名作

2024/03/22 18:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Mako - この投稿者のレビュー一覧を見る

弟に勧められて、母と読みました。老若男女に楽しめる作品だと思う。科学的なことがめちゃくちゃ出てきますが、本質は善性であり、苦難を乗り越える努力とガッツ。そして、バディとの友情もの。何度も涙しながら読み終えました。文字数がすごいので、なかなか時間がかかりましたが、終わりも満足感で満ちた良い読後感でした。
オデッセイを映画館で観たことがありましたが、同じ作者さんだったんですね.火星の人ってタイトルの本で気付きませんでした。
こちらも映画化されるとのことで楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ラストまで素晴らしい。

2023/11/27 19:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:破壊神小畑 - この投稿者のレビュー一覧を見る

終わってしまった。ついに終わってしまった。こうなると、勿体ない気持ちが溢れてくる。グレースの事情が段々とわかってくる過去編。地球の未来を救うために、タウ・セチの調査を充実させる今編。アストロファージの影響がないタウ・セチの秘密が明らかになり、物語は更に加速する(既に光速に近い速度で進んでいた気もするが)。
ラストの展開は胸が熱くなる。良い終わり方であった。あの一行で締めるのがまた良いのだ。始まりから終わりまで盛り上がりは収まることを知らず、映画化が楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

SF

2023/06/21 02:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり読みやすい方になります。自分が海外ものを嫌いなのは、翻訳口調が気になったり、カタカナ文字の名前が覚えられなくて、登場人物がごちゃごちゃになり、結局……。が、これはかなり翻訳の方がお上手!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/07/01 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/12 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/26 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/10/31 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/26 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/29 11:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/19 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/06 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。