サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 138件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2023/05/26
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/653p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771430-2

紙の本

鈍色幻視行

著者 恩田 陸 (著)

恩田陸の新たなる代表作。『鈍色』『夜』の二冊が組み合わさったところに、 物語から物語が生まれるという著者の小説作法が凝縮されている。 松浦寿輝氏(「すばる」8月号) 贅...

もっと見る

鈍色幻視行

税込 2,420 22pt

鈍色幻視行

税込 2,420 22pt

鈍色幻視行

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.1MB
Android EPUB 3.1MB
Win EPUB 3.1MB
Mac EPUB 3.1MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

恩田陸の新たなる代表作。

『鈍色』『夜』の二冊が組み合わさったところに、
物語から物語が生まれるという著者の小説作法が凝縮されている。
松浦寿輝氏(「すばる」8月号)

贅沢と言えばこれほど贅沢な本もない。
大森望氏(「週刊新潮」6/15号)

面白いし危険だ。これはえらいものを読んでしまった。
鴻巣友季子氏(「すばる」7月号)

謎と秘密を乗せて、今、長い航海が始まる。
撮影中の事故により三たび映像化が頓挫した“呪われた”小説『夜果つるところ』と、その著者・飯合梓の謎を追う小説家の蕗谷梢は、関係者が一堂に会するクルーズ旅行に夫・雅春とともに参加した。船上では、映画監督の角替、映画プロデューサーの進藤、編集者の島崎、漫画家ユニット・真鍋姉妹など、『夜~』にひとかたならぬ思いを持つ面々が、梢の取材に応えて語り出す。次々と現れる新事実と新解釈。旅の半ば、『夜~』を読み返した梢は、ある違和感を覚えて――【本の内容】

著者紹介

恩田 陸

略歴
1964年生まれ、宮城県出身。92年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作に選出された『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、06年『ユージニア』で日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門、07年『中庭の出来事』で山本周五郎賞、17年『蜜蜂と遠雷』で直木三十五賞と本屋大賞を受賞。ミステリ、ホラー、SFなど、ジャンルを越えて多彩な執筆活動を展開する。他の著書に、『スキマワラシ』『灰の劇場』『薔薇のなかの蛇』『愚かな薔薇』『なんとかしなくちゃ。青雲編』など多数。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー138件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

いつの間にか劇中劇を追い求める

2023/06/08 16:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

何かを追い求めるミステリアスな物語を想定しながら、読み進める、気づけば、意外というか全く別な方向性を持っていた。幾度かビジュアル化・映画化が試みられながらも、事故や事件により断念された小説『夜果つるところ』とその作者の実在性が物語の軸となり進んでいく。その小説の内容が少しづつ断片的に語られるため、本小説よりも劇中作の内容が気になって仕方なくなる。絵とか小説とか何かを捜索する人は、世界を自分の中で作り直す作業をするのだが、作られた世界へ読む者を引き釣り込まれる過程が、心をざわつかせる不思議。なにか変だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

凄く不思議な充実感

2023/05/31 21:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:a - この投稿者のレビュー一覧を見る

一緒に旅をしているようでした。真相が本当にわかるのだろうか、関係者の思いが渦巻いていてもっと混乱するのでは、どうなるのか先が気になって仕方がありませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

豪華な密室で

2023/08/01 22:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映像化しようとすると死人が出る『夜果つるところ』。それにまつわる呪いを解明しようと関係者が集まった豪華クルージングが舞台。
映画監督、評論家、編集者、熱烈マニア、小説家など。
さまざまな角度や記憶を辿りながら、事故事件の推理や生死不明の原作者について話し合っていきます。
こういう開かれたような閉鎖的な空間で明確な回答に行きつかないような展開、恩田ワールド全開っぽくて好きだわぁ。
600ページ以上あって読み応えありすぎですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鈍色

2023/08/31 21:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん岩 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映像化を試みるも撮影中の事故で三たび中止になった《呪われた小説》その著者の飯合梓は失踪しすでに死亡したとされている、そしてその関係者10人が豪華客船でアジアに2週間の旅に出航する。
これだけでも濃密な空気がまとわり付く感じがするのに、途中何度か中断してるとはいえ連載期間が15年、さらに濃く感じながら読み始めました。
クセ強めの登場人物が多めですが、淡々と読み進められました。
一冊の本と著者について語り手の数だけ解釈も事情も体験もある。取材形式で進む中で思わぬ話も出てきてどうなるの?となりました。
自分の中の気持ちに決着がついた登場人物もいてホッとするところもある。
憶測と曖昧な終わり、それも楽しめるようになりました。
恩田さんだからかな?
『夜』を読んでもう一度読む?でもちょっと長いんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

船旅

2023/08/13 14:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わかめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

豪華客船?で旅をしながら、ある作家の作品作家のことについて調べる。いろんな謎やうわさ、疑惑がある。一緒に旅をしている人たちも、曲者ぞろいである。インタビューとか会話が中心で、ところどころに旅情感が組み込まれている。そんなにのめり込むものではなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鋭さが無い

2024/01/15 13:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hid - この投稿者のレビュー一覧を見る

長い話だけど、これっていうポイントが無いまま進んでいく感じ。
悪く言えばだらだらしてる。
良く言えばサクサク読める。
作中作である「夜果つるところ」を先に読んだ方がいいね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

にびいろげんしこう

2023/10/23 23:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

呪われた作品「夜果つるところ」をめぐる長編小説。期待して手に取りましたが、正直つまらなかった。小説家とその夫が交互に語り進行するのですが、もっと多様な狂言回しが欲しかったです。読んでいて何回も眠くなりました。
作中作たる「夜果つるところ(以下、略して「夜」)」も単独の本として出版されており、私はそちらから読みました。本作から読むのが筋かな?と思いましたが、本作の中で「夜」のあらすじや登場人物への言及もあるため、むしろ「夜」を先に読むことをオススメします。
しかし、どちらも過度な期待はしないよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/06/06 09:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/06/14 06:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/09/05 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/08/07 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/10/08 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/07/12 11:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/05/31 13:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/07/16 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。