サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.1

評価内訳

17 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

身近なところを扱った戦争マンガ

2015/05/30 11:33

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

太平洋戦争時の日本の姿を描いたマンガだと言ってしまえばそれまでのことだが、個人的にはそれ以上の思い入れが生じてくる。
まず、主人公・木村あいが昭和19年4月に国民学校高等科に進学したということは、ほぼ私の親の世代だということだ。私も親から当時のことはいくつか聞かされたことがあるが、こうしてビジュアルとして接することはなかった。親の世代の歴史を知るという意味で興味深い。
そして、このマンガの舞台が名古屋だということが、私の興味をさらに深くする。名古屋に生まれ育った者として、今自分が生活しているところがわずか70年前(というか、自分の生まれる10数年前)にどんなだったのかを知らしめてくれるのだ。戦時中のマンガと言うと広島、長崎か東京大空襲といったところが取り扱われることが多いが、似たような体験は他の地域でもあったはずなのだ。そのことも親から聴かされていたのだが、やはりこうしてビジュアルになるとまた印象が異なる。
この第1巻では、戦時下とはいえまだ子どもにはその切迫感が薄かっただろう昭和19年当時のことが描かれている。
それでも、妹が学童疎開に行くことになったり、高等科の学生であっても勤労動員に出たりというエピソードが描かれており、徐々に昭和20年に向かっていくことがわかります。
多くの人にとってはただの戦争マンガだとは思いますが、個人的にいろいろ思うところの多いマンガです。このようなマンガと巡り会えたことを、うれしく思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

凄い

2015/09/30 10:43

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:解夏 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この巻だけの感想を綴っても、この作品に関しては無意味だと思う。
しかし、3巻4巻を読んだ後でこの第1巻を読み直すと、この何でもないような日常の描写に、改めて背筋が冷たくなるような凄みを感じてしまう。凄い表現者だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦争とは何か

2016/04/29 23:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:suka - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和19年の名古屋を舞台にした家族の物語です。
配給制というあらゆる日常生活の制限を受けながらも、妹のために工夫を重ねて奮闘する姉達のたくましさが美しく、切ないです。
空襲が忍び寄るラストシーンは非常に印象的です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

色んな感想があるようですが、

2016/12/01 11:13

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは作者さんの両親(今作はお母さま)の体験をまとめるべく描かれたもの。
そうすると「二番煎じ」や「こうのさんのパクリ」は違うのではと思います。
舞台も全く違いますしね。

あとがきにある通り、東京・広島・長崎以外の地方での戦争体験というのは埋没しがちです。
そこを描きたかったのはよくわかるし、地域差というのもあって然るものだと思います。

戦争作品に「衝撃」度を求めている読者がいることが私にはショックでした。
「…エンタメじゃないんだぞ。」とつい、思ってしまったのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

やわらかな絵で伝える戦中物語

2016/11/26 07:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アルファ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ああ、無謀な戦争って嫌だな...と思わせてもらえる佳作。リアリティのある戦時中のエピソードが、口当たりの良い絵で包まれて伝えられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

まだ身近に生きている人の話

2017/02/28 04:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ladybird - この投稿者のレビュー一覧を見る

親世代が戦争体験していることに一瞬驚いたのですが、今の60代、50代の人の親ならありなんですね。「永遠のゼロ」も父親の戦争体験からの着想らしいけれど、親の話といったら、そんなに遠い昔の話ではない。戦争は、まだ生きている人達の実体験だったんだあと改めて認識しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

戦争ものというだけで

2017/06/07 17:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦争ものというだけでゲタ履かせてもらってるような評価だなぁと思いました。
ものすごく絵がヘタ。なんでみんな鼻が無いのだ。
父親なんて学生にしか見えない。
あと路面電車の横走るとか車掌さんに食べ物ねだるとかいくらなんでもあり得ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/05 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/27 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/27 13:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/24 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/25 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/16 10:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/25 08:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/13 13:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

17 件中 1 件~ 15 件を表示