サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

のぼうの城 下(小学館文庫)

のぼうの城 下 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー523件

みんなの評価4.2

評価内訳

523 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

上巻に続き下巻。

2011/05/02 06:44

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻に続き下巻。

物語は上巻の最後で、石田三成との全面戦争に突入。圧倒的な戦力差をどのように切り抜けて行くかがポイントです。

緒戦は各戦線で、ひとくせもふたくせもある部下のすばらしい働きにより、切り抜けることができたものの、最大の難関が待っています。

「水攻め」

備中高松城の攻略戦で秀吉が使ったものを、今度はその部下である弟子でもある三成が行うのです。

歴史上、この水攻めの大失敗は三成のその後のキャリアと運命に多大な影響を与えました。しかし、小説である本書では、その失敗に導いたのは「のぼう様」こと長親の策略によると、示唆しているのです。

歴史の真実は分からないものの、小説としてはよくできています。

本書は、いろいろな登場人物の視点から描かれています。しかし、本人の視点が全く欠けているため、状況や語っている人物の偏った評価から話を理解して行くことになります。

ミステリアスな人物は最後まで自分の視点を使っていません。

こういう描き方で主人公を描く作品は、いくつか読みましたが、主人公の性格がポイントとなる本作品では読ませるものにより考えさせるという効果があります。

考えながら読む割には、ストーリー展開が速く、一気に読める作品でした。

龍.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一風変わったリーダー成田長親の活躍を描く下巻です!

2016/09/16 09:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、和田竜の傑作歴史エンタテーメンとの下巻です。一風変わった成田長親がいよいよ秀吉の指令で動き出した石田三成軍と壮絶な戦いを繰り広げます。歴史上有名な「三成の忍城水攻め」に対して成田長親はどう立ち向かうのか?ぜひ、本書下巻をお読みください。成田長親の奇妙奇天烈な、しかし、民衆を魅了する人柄ゆえに可能な作戦が非常に生き生きと描かれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

のぼう!?

2015/06/09 12:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MR北海道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

彼は本当に「てぐのぼう」なのだろうか。
戦略の描写にも魅せられたが、理想のリーダー像はこんな感じなのだろうと感じられた。
こういう人に、私はなりたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

覚悟

2014/05/15 00:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きいろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書の主人公、忍城城代成田長親は、なぜあれほど自然体でいられるのだろう。若輩者の身から見ると、長親は幼い頃から色んなものを見てきて、それらを静かに吸収してきた素直さがある気がする。
戦国の世でも、戦いのルールがあるみたいだ。私は生きるか死ぬかの戦いに美学などあるものか、と考えてきた節がある。でも、良い生き方があるように、良い死に方があるみたいだ。殺し合いは良くないけど、後味の悪い戦いはしたくない。それは、戦いの定義を、普通に生きていく闘いまでひろげれば、自分自身の生き様、果ては死に様まで当てはまると気づいた。
そんなこと言って、私は実際はのほほんとしてるなあ。
歴史小説はそんなに知らないけど、ライトノベル感覚で読める本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/03 19:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/09 02:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/23 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/26 01:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/15 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/24 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/19 12:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/24 20:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/24 01:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/18 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/21 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

523 件中 1 件~ 15 件を表示