サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

hontoレビュー

バラ色の時代 (on BLUE comics)

バラ色の時代 (on BLUE comics) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

恋の病は末代まで

2016/10/27 19:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

右介の「バラ色って何色だろ」とつぶやくシーンが印象的です。
ヤクザの息子大和と歪で淫靡な関係を続ける右介。
大和はその間に、女と遊び、ヤクザの組の娘と結婚し、子供も作りと
人生おう歌の一方で、右介と離れることはなく日々過ごす。
かなり衝撃的で読むうちに映画のようにも感じられました。
でも、大和の父親も実は右腕にしていた男を情夫にしていて、
それは子供心に何かしら影響はあったんだと思われるふしも。
そして、この作品続編もあるので楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

奪い奪われながら過ごす年月

2016/07/25 07:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヤクザの組長大和と組付闇医者の右介。
高校生の時、図書館で出会ってから歪んだ関係が続いている。
大和は右介を監視し利用し人生を奪い続けている。
極道を生きる大和は右介を傍に置き犠牲にすることで精神の安定を得ていた。その事に右介が気づくまで20年が必要だったんですね。
離さないのも離れられないのも結局はずっと好きだったから。
20年かけてやっと初恋を実らせる不器用な男たちの話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これぞ大河BL

2016/04/12 00:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uni - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヤクザ(攻)とそのお抱えの医者兼情夫(受)の学生時代から成人後までの愛憎入り乱れた日々を描いた大河BLです。
攻は政略結婚した妻がいて受はその父親に賄賂がわりとして抱かれていて、妻は受に嫉妬していて…人間関係はどろどろしていてまるで昼ドラのようです。
ただそれだけにラストシーンがより際立って美しくみえました。
ラスト近く妻が攻めの血を引く息子に縋りついているシーンがなんだか意味ありげだなと感じたのですが、その息子が登場するスピンオフ作品が発表されているようです。そちらはまだ未読ですが近々読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

BL作家の「バラ色」の解釈

2015/10/29 17:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:onew - この投稿者のレビュー一覧を見る

木原音瀬著「薔薇色の人生」や山藍紫姫子著「ラ・ヴィアン・ローズ(薔薇色の人生)」など、「薔薇色」と名のつくBL作品はどの辺りが薔薇色なのかと首を傾げてしまうことが多いことに気がついた。本作も然り。歪んだ愛情は傍から見ると理解されにくいけれど、2人が最終的には幸せならばそれで良いよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

893攻め

2017/12/31 18:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヤクザの攻めが、目を付けた受けを無理矢理自分の傍に置いてしまうところから始まるお話でした。
そして受けも攻めへの執着が出てきて、それが攻めの奥さんと対峙する時にきちんと書かれているのが良かったです。
ラストの二人が幸せそうで、このあいまいな終わりがGOODでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/09 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/25 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/29 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/04 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/20 02:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/05 19:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

11 件中 1 件~ 11 件を表示