サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

hontoレビュー

クレオパトラの夢 新装版(双葉文庫)

クレオパトラの夢 新装版 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (11件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
24 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

恵弥のお姉言葉とおばさんキャラの可笑しさとストーリーの深刻さが絶妙にミックス

2018/02/19 23:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『クレオパトラの夢』は神原恵弥シリーズ第2弾の作品で、不倫中の双子の妹を説得して東京に連れ戻すという名目で北海道のH市(明らかに函館市)に向かいます。ところが着いてみたら、妹の相手であった男性は既に亡くなっており、その日は葬儀が行われていました。恵弥にはウイルスハンターとしてH市と関係があるらしい「クレオパトラ」と呼ばれるものの正体を掴むという重大な目的があったのですが、いきなり何も知らないはずの妹から「クレオパトラって何?」と聞かれて驚愕することに。その後妹は「一人になりたい」と姿を消します。恵弥を取り巻く状況がどんどん不穏になっていき、妹ですら敵なのか味方なのか分からなくなってきます。彼の探している「クレオパトラ」とは果たして何なのか?

恵弥のお姉言葉とおばさんキャラの可笑しさとストーリーの深刻さが絶妙にミックスしていて、読者をぐいぐいと引っ張っていく筆致はさすがです。オチはちょっと拍子抜けする感じですが、まあそういうのもありかなと思えます。緻密なミステリーとは言い難いですが、エンタメ性は高いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ううーん

2016/10/28 13:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひややっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公神原恵弥さんは以前別の作品にも出ており、キャラがたのしいで読んじゃいますね。内容はほどほどほど。あまり怖くないしなあ。せっかくの双子の妹のキャラがもうちょっとたってるとぐっと引きつけられるのになあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

《神原恵弥シリーズ 第二作》

2016/01/23 13:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

北国のH市を舞台とした、ウイルスハンター神原恵弥(かんばら めぐみ)シリーズ第二作。バド パウエルの有名曲と同じタイトルです。双子の妹を探すほか、別の謎が対位法のように展開。「クレオパトラ」とは?

前作「Maze」にくらべ、「地に足が着いた」印象で、幻想色は薄まっています。
シリーズの共通項として、私は《迷宮》をイメージしました。出口を求めて、迷路を探る。何層あるのか分からない、秘密の抜け道があるかもしれない、そもそも脱出できるのかどうか分からない、しかし設計者の意図あるいは気まぐれを解き明かす。
今作も舞台は函館だと思いますが、H市としているのは、非現実感を醸すためでしょうか。

しかし、やはりMazeのテイストを継いだ作品をまた読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恵弥(めぐみ)シリーズ 第二弾

2015/08/25 01:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「MAZE」で神原恵弥が意外な人気を博したので、再登場させたとあとがきにあります。
…確かに主役を食う勢いでした。 でも今回は恵弥が主役!

冷静で、虎視眈々と環境や相手の内を探るのがうまい、スパイ気質の主人公が多かった中、
恵弥は感情表現がストレートかつ、人との付き合い方は情に厚いタイプなので
人間らしさがときに勘を鈍らせたりと、恩田さんのキャラでは少し珍しいタイプ。
個人的にはそこがとても好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/20 09:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/28 14:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/20 21:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/08 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/10 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/25 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/07 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/08 21:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/09 19:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/28 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/14 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

24 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。