サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

収録作品一覧

あの人に会いたい(新潮文庫)

あの人に会いたい (新潮文庫)

  • 「NHKあの人に会いたい」刊行委員会(編)
作品 著者 ページ
自分のためだけに生きるのは卑しい 三島由紀夫 述 13−24
絵なんていうのはねぇ、そりゃ何も描かない白ほどきれいなものはないですからねぇ 熊谷守一 述 25−36
多数というのは、もはや独創でもなんでもない 湯川秀樹 述 37−45
文章の極意は「過不及なし」 里見弴 述 47−57
野の鳥は野に置けという思想、それが野鳥 中西悟堂 述 59−71
極限のなかでこそ人間本来のものに戻れる 植村直己 述 73−81
自分が救われるまで焼き物を作る 加藤唐九郎 述 83−92
季節感のない食べ物を喜んで食べているのは愚の至り 辻嘉一 述 93−102
贅沢のなかから本当の文化は築かれない 土光敏夫 述 103−110
借りてしか読めない少年たちを励ましてやろう 田河水泡 述 111−121
大勢の人間の努力はひとりの天才に勝る 高柳健次郎 述 123−130
ひとつひとつの動作を立派にやり、全力を尽くして戦う。そこに土俵の美しさがある 栃錦清隆 述 131−141
三百六十五日、朝起きた時が生まれた時。「良い日である、おめでたいのである」と決め込むのだ 関牧翁 述 143−154
一生、創作ですから 升田幸三 述 155−168
パイオニア・ワーク 今西錦司 述 169−178
書けばいいんだ 井伏鱒二 述 179−192
土こそ“いのち”の親や 西岡常一 述 193−205
「わたし、あなたが好きです」と言うの 宇野千代 述 207−216
作曲家は、まずいちばん最初の聴衆じゃなきゃいけない 武満徹 述 217−228
緊張感がなくなると考えることもなくなってしまう 星野道夫 述 229−240
サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ 淀川長治 述 241−252
かたよらない、こだわらない、とらわれない心 高田好胤 述 253−262
ものも言えない、言わないでいる、働く人たちの言いたいことを言いたい 佐多稲子 述 263−276
旅は道草が楽しい 白洲正子 述 277−288
心が純粋になれば、自然の声が聞こえてくる 東山魁夷 述 289−298
子どものような好奇心をもち続けること 盛田昭夫 述 299−310
自己に頼れ、法に頼れ 中村元 述 311−322
無心の姿は美しい 小倉遊亀 述 323−332
ええ時もあるし悪い時もある。それで暮らしていくんじゃねぇか 成田きん 述 333−345
お客様は神様です 三波春夫 述 347−359
死は推理小説のラストのごとくもっとも意外な形でやってくる 山田風太郎 述 361−371
生意気なやつは生意気な噺になる。卑しいやつは、卑しい噺になる。全部、噺の上に出てくるんだ 柳家小さん 述 373−381
人間の本能の奥に住んでいるものと握手できる美 帖佐美行 述 383−392
指導するものと受けるものが一体となった時、偉大なパワーが生まれる 白井義男 述 393−408
大きい夢をもて、小さい一歩を踏み出せ 竹内均 述 409−418
事実を根底においても、私は「小説」を書いている 吉村昭 述 419−433
演じるとは裸になること 岸田今日子 述 435−448
死ぬことほど晴れがましいことはない 鶴見和子 述 449−458
時代を思い出す最初の扉が、歌であればいいな 阿久悠 述 459−471