サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 納豆さんのレビュー一覧

納豆さんのレビュー一覧

投稿者:納豆

10 件中 1 件~ 10 件を表示

魂を揺さぶられる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

国際霊柩送還士の実話。
国際霊柩送還士とは、とても大雑把にいうと、亡くなった方に生きていた頃の姿を留めるよう、遺体に防腐処理やお化粧を施す(エンバーミングというそうです)仕事をする人たちのことです。
「おくりびと」のお仕事と違うのは、外国から日本へ、日本から外国へご遺体を運ぶ点でしょうか。
旅行中に海外で不慮の死を遂げられた方、葬儀を海外で行いたいためご遺体を空輸しなければならない方、ご遺族の事情は様々です。
遺体のことや、死についての多くが語られますが、決して残酷な話ではありません。むしろ、希望に満ちているのではないでしょうか。
エピソードのひとつなんですが、海外で登山中に滑落死してしまった方がいたそうです。ご遺族が現場まで遺体の確認に行くんですね。亡くなり方が亡くなり方ですから、とても無残な姿なんです。
これはとてもじゃないけれど、お葬式でみんなに顔を見せてあげられない…。
辛い思いを抱いて、ご遺体を送還士さんに預け、ご遺族は日本に帰宅します。
ここからが送還士さんに腕。生前の写真を確認しながら、様々な技術を用いて、ご遺体を生前の姿へと戻すのです。
半ば諦めつつ、ご両親が着いたお棺を開けてみると、なんと、あんなに悲しい姿をしていたはずの家族が、生きていた頃の姿そのままに眠っているんですよ。
もちろん、見た目は元に戻っても、魂は戻りません。
それでも、亡くなった方が穏やかに顔をしてくれているおかげで、遺された家族も心静かに別れを告げられる。
そして、送還士さんたちは自分たちの仕事は裏方だと、決して表には出てこない。本物の職人さんです。
連ねられたエピソードはこれだけじゃありません。
泣けます、全ての章でもれなく全部泣けます。
人は誰しも必ず、いつかは死ぬ。
この本は、遺体処理の専門家たちの仕事を追いかけると同時に、死と生に真正面から向き合う作品でもあります。
死は悲しいことですが、人生は悲しくはないということを伝えてくれる秀逸な本だと思います。
文章も分りやすく読みやすいですし、是非!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヲタクに恋は難しい 1

2015/09/13 09:50

地味に読む相手を選ぶ

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これは二次創作・同人誌などに強いpixivというアマチュア漫画描きが集まるSNS内で、無料公開していた人気の高いWeb漫画を、単行本にまとめて出版したというオリジナル作品です。
社会人ヲタク同士の美男美女の恋愛を描いたもので(引きこもりがちなヲタクにとっては、ある意味ファンタジー)、狭い範囲での常識や専門用語などが盛りだくさん!
ヲタク世界を知っていれば知っているほど、楽しめます。
主人公が女性で、彼氏がイケメンなんで、女性向けですね。
コミケなど、実際のヲタク集まりに参加したことがあったり、その業界に興味があれば、かなり楽しめます。
ただし、そんな世界知らない方には、ピンとこないかのも知れません。

アマチュア集団の中では、話も絵もかなり上手いほうなんですが、それはやはり比べる相手が素人だから。
所詮はアマが空いた時間に楽しんで描いた代物です。正直なところ、単行本として本屋に並べるには力不足は否めません。
サクッと言っちゃえば、プロのクオリティではないのです。
狭い範囲に深くウケているために、割とベストセラーになっちゃってるようなんですが、「売れてる作品なのか、なら面白いだろう!よし、買ってみるか!」っていう層には、やや不満を感じるかもしれませんね。

とはいえ、作者の方がとても楽しんで描いていることが伝わってくるのには、とても好感が持てます。
なまじっか人気が出てしまったがために、雑誌社の都合で延々嫌々引き延ばされているプロの作品より、見ていて楽しいのも事実です。
あと、調理はやや技術不足ではあっても、ネタは最高に面白いんですよね。(元ネタを知っていれば、の話ですけど)
絵も、後半にいけばいくほど、バキバキ上達します(笑)
各キャラクターも立っていて、愛情を感じます。
作者の成長やそれを応援する周囲の人々ごとWebのLIVEで楽しんで、単行本は当時の想い出アルバムとして保管しとくっていうのが、新しい漫画の楽しみ方なのかも。

みんな「価格が高い!」って文句言ってるけど、同人誌発行されるよりは安いって!(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍月刊 ! スピリッツ 2015年2月号

2015/02/24 18:14

無料電子書籍

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

月間スピリッツの電子書籍版!
月スピは比較的、店頭から消えるのが早いので、後から追いかける分には非常に便利で助かります。
雑誌発売から半月程度の間は開きますが、電子版は無料です!

注意しなければならないのは、電子版は紙媒体の完全版ではないということです。
最後にあるとおぼしき作者コメントや巻頭カラーページ、企画・宣伝ページなどは、全て省略。シンプルに連載漫画のみが電子化されています。
単行本には収録されない部分にこそ、雑誌である醍醐味が存在していると思うので、非常に残念。
まあ、タダですしね。1話分は見せてやるから、単行本になったときは宜しくね!ってことなんだろうし。作者ストーキングしたい場合なんかは、お金かけてでも紙媒体を手に入れたほうがいいと思います。
無料とはいえ、がっかりしたので、★4つ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ようやく完結

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

年に2~3回の連載という長期スパンだっただけに、単行本の発刊が非常に遅かった本作ですが、ようやく完結です。
相変わらずの那須クオリティでひとりひとりのキャラも濃く、なかなかに面白い内容なのですが、急にバタバタバタ~っと終わってしまって残念。
推理モノ風味で、続きは次回でネ★ってやられたら、そら前の伏線忘れますわ(笑)
ちょっぴり残念なのは、最後のほうには嗅覚に対する能力が犬を通り越してほとんど超能力になっちゃってたところかな?
万能すぎて、反則感がありました。
それ以外は、ほんとちゃんとしっかり骨太な面白さです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本モンスター

2015/09/13 08:14

正直すぎる男と女の本音

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本の内容は、ものすごく簡単にぶっちゃけて言うと、化け物並のブス女が、レベルの高い彼氏欲しさに風俗で稼いで美容整形を繰り返し、片っ端から男をひっかけます。
美人になっていけばいくほど、主人公は金を手に入れ、男のレベルも上がっていくんです。
人は中身だ、なんて建前。加工されたツラの皮一枚に釣られた男どもの無様で哀れなことときたら!
美容整形という黒魔術によって、正直すぎる男と女の本音が炙り出されます。
テーマとしては面白いというか、剥き出しの生々しい人間の姿が見られていいんですが、物語や主義主張としてはかなり救いがありません。
全体的にスッキリしないというか、もやっとするというか。
読んで気分のいい話ではないので、そこは覚悟の上、お好みで。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

対談不要

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

海外ドラマのインテリアの本です。
それぞれの作品に出てくるメインのおうちの間取りを3Dで作成、上面図をまず提示して、各部屋をピックアップしてイラストや3DCGでお部屋を再現しています。
取扱っている作品数もかなり多く、1作品につき6ページ程度を割いており、かなり見ごたえがあります。
小物などもちまちまとこだわっているので、洋室好きには心ときめく内容。

さて、欠点。

1.ドラマでの1コマをイラストレーターさんが描き起こしていたりするんですが、おそらく作品全てを観ておらず、全く雰囲気がありません。これなら人物絵はないほうがマシでした。

2.各絵・CGが小さすぎて、よく見えない。レイアウトでなんとかなったのではないかと思います。せっかく作ったのに勿体ない。

3.ドラマの解説をライターと編集者が対談形式で説明している文章に、各作品1~2ページを割り当てているのですが、これがクッッッッッソつまらなすぎて全く読む価値のない内容。
情報としても一度でもドラマを見ていれば分かる内容ですし、感想文としても対談としても、何も面白くありません。
だいたい、無名のライターと編集者の笑いのひとつもとれない対談なんて、誰にとって価値があるんでしょうか。
これで肝心のイラストや間取りCGを縮小せざるを得なかったわけですから、怒りすら感じます。邪魔!なんで入れた!


企画自体はたいそう面白いと思うし、インテリア関係の本としてもなかなかない形式なので、資料として貴重なんですが、なんで能力のない書き手が目立ちたがるかなぁ…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本薔薇とボディガード

2017/04/10 10:22

わかんなかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

普段、あまりBLは読まないほうです。
ただ、twitterで、「私が読んだ中で、これが面白かった!」と仰ってる方がいて、手にとってみました。

すいません…。私には全然、わかりませんでした…(笑)
冒頭、攻が受にとある悪戯をしかけ、それをずっとモニターで様子をうかがう→それを知った受がどことなく嬉しいと思うところから恋が始まるんですが、そこからもう理解不能で。
なんで、攻が受に敢えてたちの悪い悪戯を仕掛けたのか、出会った当初から気になっていたのか、ほとんどストーカーみたいなことされてるのにどうして受が喜ぶのか、特にエピソードも根拠も理由も因縁もないんです。
おそらく、攻と受だから。それ以上でも、それ以下でもない。
そして、美人の女性キャラはもれなくレズ。美形の男性キャラはみんなゲイ。LGBTの方々への偏見はないほうだとは思いますが、なにも全員にしなくても。そこまで世界の性癖が偏ってたら人類が滅ぶ。(あまり読みつけないもので、すいません…。そもそもBLってそういうものなのかもしれないですが…)
ストーリーも、面白くないこともないんですが、意外性がないというか、まあ、それは結果としてそうなるだろうね…ぐらいの。

この作品が悪いわけではなく、そもそも、求めるものが違ったんだなぁと反省しました。
よしながふみとか、西炯子とか、木原音瀬とか、BLにはたまに怪物が潜んでいるので、ちょっと先物買いの気持ちだったんですが、甘くはないですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

絵は綺麗

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

絵がとにかく綺麗な漫画です。
漫画で上手な絵というと、昨今、どうしても小畑健の二番煎じ系が多いのですが、本作は実物の写真などを一生懸命デッサンしたり、さまざまな系統の影響があり、独自の努力を感じます。
線も、割とCGで描くと均一な表現になってしまいがちなのですが、少しザラザラしたタッチのペン先を使うことで、個性を出しています。
また、背景は3Dを一度自作で組んでからなので、パースも完璧です!
服装も凝っているし、タイトル文字の使い方などにも工夫があり、デザインもGOOD!
アクションも、女性にしては迫力があります。
漫画という形式ではありますが、モノクロ画集として価値があると思います!

…が。
みなさん言ってますが、絵に偏りすぎで、ストーリーはあってなきが如しです。
書き手さんが、根本的にお話作りに全く興味ないんじゃないでしょうか…。
準ずるキャラも同様で、顔は全員同じ美形ばかり。
なんか萌え狙ってるようにも思えるんですが、姿形以外には、小学生でも心ときめかんと思います。
褒めるとこがひとっっっっつもないレベルで面白くないので説明は省きますが、購読の際には「絵だけにしか価値がない」と思っていただければ…。
用途が限られるってことですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本羊と鋼の森

2016/05/13 22:26

眠い。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

生きること、働くこと、奏でること、人を愛すること、自然の情景などが、丁寧すぎるほど丁寧な文章でつづられている。
とても美しい小説……というよりは、これはもはや、一冊まるごと詩集といってもいい。
読んでいると、まるで少し湿った森の中で、ゆったりとした清廉な時間に包まれているような感覚を味わえるだろう。
……つまり、非常に眠くなる。私にはとてもつまらなく感じた。
ぶっちゃけ、物語としてはどうなんだといった誤読感。
これを読んだ専門の調律師に言わせると、仕事内容もありえないのだそうで。私も、読んでいて、働く人間のリアリティーにはほど遠いように思った。
舟を編むなどの、職業ものを期待するなら、肩透かしをくらうんじゃなかろうか。
今期、これが本屋大賞だったわけだが、それもどうなのか…。
非常に好みが分かれると思う。誰もが面白い内容ではなさそう。
自分に合うか合わないか、レビューなどを見て、先に確認しておくことをお勧めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

短すぎる!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いなくなれ群青が気になっていたので、冒頭部分が無料で読めると知り、ダウンロード。
…って、冒頭すぎる!(笑)
各話、原稿用紙10枚程度じゃないでしょうか。物語に何も心惹かれないまま、ぷっつり終わってしまうので、続きを知りたいと思うまでに至りませんでした。
何も考えずに短すぎる冒頭を複数流すよりも、人物相関図や簡単なあらすじなと、もう少し手を加えて紹介して欲しかったです。
いくら無料だって、これじゃお互い何の意味もない。★1つ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示