サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

執事だけが知っている!?上流階級の生活を覗き見ることができる物語

イギリスの上流階級に仕え、主人の雑用から邸宅や使用人の管理に至るまで、すべてを取り仕切ったという執事。間近で上流階級の生活を覗き見ることのできる彼らの存在は、純文学からユーモア小説など、さまざまな作品を生んでいます。使用人と主人という、現代ではあまり体感することのない人間関係のおもしろさを味わえる本を紹介します。

34
お気に入り
3509
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 現代の日本を舞台に執事が活躍する大ヒットミステリー。新米刑事の宝生麗子は、家に帰ればドレスでディナーを楽しむ優雅なお嬢様。そして、難事件に苦戦する麗子の相談相手は、なんと運転手兼執事の影山だった。「お嬢様の目は節穴でございますか?」の名セリフとともに事件を解決していきます。お嬢様な麗子のゴージャスなプライベートも圧巻です。

  • 常に品格を重んじる勤勉な老執事・スティーブンス。1956年、休暇を得て旅に出た彼は、旅の道すがら執事としての半生を振り返っていきます。二つの大戦が終わり、移り変わる時代の狭間と重なる老執事の人生の夕暮れ。イギリスの上流階級が政治、外交を取り仕切っていた最後の時代を執事の目から見ることができます。

  • イギリスで古典とされているP・G・ウッドハウスの「ジーブス」シリーズ。20世紀初頭、ロンドンに暮らす上流階級のおぼっちゃまバーディーは、ちょっと頭のゆるい青年。でも、厄介事は有能な執事のジーブスが、すべて解決してくれるのです。慇懃無礼な態度と口調で毒舌をくり出す執事と、ヘタレなおぼっちゃまの名コンビが見ものな小説です。

  • ヴィクトリア朝時代のイギリスを舞台にいた人気コミックです。メイドのエマと貴族のウィリアムとのラブストーリーを中心にして、当時の厳然とした階級社会が描かれます。そこにはもちろん、執事も登場します。丁寧な絵柄でつむがれる世界観に、上流階級との狭間で執事がどんなふうに働いていたのか、リアルに感じることができます。

  • ミステリーの女王、アガサ・クリスティーの代表作です。大富豪のアクロイドが殺害され、隣家に越してきていた名探偵ポアロが捜査にすることに。アクロイドの執事ジョン・パーカーは、以前の主人を恐喝していた前科もあり、挙動も不審で・・・。上流階級の秘密を容易に知ることのできる執事のポジションが、謎解きを混迷させています。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。