サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

家族の素晴らしさを再確認できます!家族への愛を感じることができる小説

忙しい日々を過ごしていると、私たちはついつい身近にある大切なものの存在を忘れてしまいがちです。「家族」はその最たる例ともいえるでしょう。1人で過ごす時間は気楽ではあるのだけれども、どこか物足りなさを感じるはずです。ここでは家族の素晴らしさが再確認できる、家族愛にあふれた小説を紹介します。

4
お気に入り
760
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 自由奔放な母親が原因で、高校生の由紀夫には父親が4人います。誰が血のつながりがある本当の父親かわからないけれど、4人の男性は奇妙な関係を保ちながらも由紀夫の母親と、由紀夫に愛情を注いで生活を送っています。常識では考えられない境遇ですが、こんな関係性が成り立つのも「家族」としての愛があるからだと思い知らされます。

  • 中年のサラリーマンのヤマダカズオと、その家族の平凡な日常生活を描いたほのぼのとした物語です。特別な事件が起こるわけでもなく、特別な力があるわけでもないヤマダ家とその周辺の人々は、極々ありふれた生活を続けています。小さなこの世界の生活を見ていると、「平凡な家庭があることが一番幸せ」だと思わせてくれます。

  • 大学卒業後、3ヵ月で会社を辞め、フリーターをしながら実家に寄生し続ける25歳の主人公。悠々自適な生活を送っていた彼は、母が病気になったことをきっかけに家族、そして社会と正面から向き合うことになります。家族の危機を救うために奮闘し始める青年が、その過程で「家族の絆」の大切さに気づく姿を描いた小説です。

  • 『父さんは今日で父さんを辞めようと思う』。父が食卓で放ったその一言からすべてが始まります。不器用な家族はトラブルを起こしつつも、少しずつ「本当の家族」になっていきます。「家族ってなんだろう?」と、普段は考えない家族のあり方について考えさせてくれるこの物語は、私たちに本当の家族の大切さに気づかせてくれることでしょう。

  • 広告代理店で営業部長を務める佐伯は、50代にして若年性アルツハイマーを患って記憶を徐々に失っていきます。長年連れ添った妻との思い出も忘れていってしまうのですが、その妻は病の彼を支えて生きていくことを決断。大切な人が病気になって自分のことさえも忘れていってしまうとき、「自分ならどうするか?」と考えさせられます。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。