サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

生きて、死んで、そして・・・命についての価値観を揺さぶる本

「人は生まれてからずっと、棺おけに向かって進んでいる」といわれるように、人間誰しもいつかは死ぬもの。だからこそ、生き死にを扱った物語に強く興味を惹かれるのでしょう。紹介するのは、ホラーからSFまで「ただ死ぬだけでは終わらない」お話です。フィクションだから味わえる「死の先」を見ると、命についての価値観が変わるかもしれません。

10
お気に入り
1016
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 冷蔵庫の中に放置されていた少女・ミハル。住職が彼女を保護してともに暮らすようになってから、村には奇妙な変化が訪れます。最初の変化は「老衰で死んだ猫」が再び動き出したこと。肉体は朽ちていく一方なのに、その動きは生前のままで・・・。熱帯夜に感じる湿気のように背筋にまとわりつくイヤな感じが、実に新鮮な作品です。

  • 殺人事件はミステリーの花形。けれど、もし殺された人がみんな蘇ったとしたら?被害者どころか探偵役までゾンビになってしまったなかで犯人を捜す、予測不能の推理小説です。コメディ調ですが、死なないからこそ引き立ってくる「どう生きるのか」という疑問。死の先の心持ちを垣間見ることができる、稀有なミステリーです。

  • 本書に収録されている「くさびらの道」には、人の生物としての弱さが描かれています。茸による奇病は治療法がないので、汚染地区を隔離する他ありません。そんななか、形見を回収するために隔離地域に向かう男がいました。死者の幻を見せてこちらへ手招きする茸と、幻と知りつつ抗えない人の弱さにゾクリとする小説です。

  • 死んだら健康になって生き返るのが当たり前、風邪を引いたら薬ではなくて拳銃でこめかみを撃てば一瞬で元気に!そんな世界で「死んだまま生き返れない」奇病が発生します。奇病の原因たる人間と、彼らを狩る者、そして保菌者を逃がす者の戦い。生き返るのが当たり前な世界ゆえの「常識」に、心をゾワゾワさせられます。

  • 自殺して幽霊になった者たちが、神からの「100人の自殺者を救えば天国行き」という提案を受け、うつや借金苦で自殺寸前の人たちを助ける話です。少しの助言で立ち直る人もいれば、むしろ死んだほうが楽という人もいて・・・。各々の「死にたい理由」に触れることで、否が応でも生きることについて考えさせられる一冊です。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。