サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto広報担当 土佐勝彦ブックキュレーターhonto広報担当 土佐勝彦

もし超能力が使えたら・・・を想像する本

他人の心を読んだり、瞬間移動したり、テレパシーや念動力を操るなど様々な種類の超能力があります。もしアナタが人にはない超能力を使えるとしたら、どんな場面でどのようなルールに基き使用しますか。社会のため?それとも自分のため?正義感のみで判断できないこともあるので悩みます。

7
お気に入り
1923
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 念力放火能力を持ちながらひっそりと過ごしてきた少女が、同僚の妹の死をきっかけに犯人グループに容赦ない制裁を加えていく。警察も過去の類似事件を基に捜査の手を広げていく。法で裁けない悪人をやり場のない怒りのみで裁いてよいものなのか?正義とはいったい何かを考えさせられます。

  • 何の変哲もないサラリーマンが能力者?怪我や病気を治療したり、他人の意識を読み取ったり、果ては心臓麻痺で人も殺せる。彼の能力を巡りマスコミや政府、米ソの思惑が絡み合い、社会の過剰反応からやがて排除の方向へ。一般人とは違う能力者は結局排除されてしまうのか。それとも・・・。

  • 思念を操るリーダーをはじめとする4人の超人集団が、それぞれの能力を活かして「赤い国」の巨大原潜を捕らえるべく活躍。死闘を繰り広げる中、数々のピンチに見舞われますが、動じずに切り抜ける胆力に圧倒されます。能力の使い方は、悪と対峙するためがやはりベストかと。激しい性描写もあり、バイオレンス感も満載です。

  • 男子高校生に突然芽生えた能力。彼以外にも様々な能力者が町には存在していた。でも能力者たちが考える使い方は、自分の欲望に忠実なHなことばかり。やがて社会の破壊を目論む別の能力者集団が現れる。能力者たちは、社会のために正しい使い方ができるのか?超能力合戦の結果はいかに。

  • エスパー+スパイ=「エスパイ」。世界平和維持のために組織化された超能力者集団が、謎の組織が画策するソ連首相暗殺を察知。阻止をすべく動き出したが、敵対組織も超能力者集団であることが判明し超能力合戦に突入。はたして結果は?スパイならではの美女とのお色気シーンもお約束です。

honto広報担当 土佐勝彦

ブックキュレーター

honto広報担当 土佐勝彦

hontoの広報として、ニュースリリースや取材・イベント対応に従事。家に本がある環境に育ち、小学生の時に読み始めた日本文学全集のおもしろさにはまり乱読を開始する。その後通学・通勤時間を利用して歴史小説やミステリーに凝る傍ら、コミック誌にもくまなく手を伸ばす生活に。現在は暇さえあればコミックを電子書籍で、小説を文庫本でというスタイルで乱読を継続中。登山の友として本を持参するものの疲れて読まずじまいに多々陥る。好きな作家は司馬遼太郎と安部公房。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。