サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

シンプルな言葉に「うーん」と考えさせられる。やさしくて深い、心に響く詩集

伝えたいことを、短い表現にギュッと凝縮させた詩集は、心に響く言葉の宝庫です。一行一行を深く味わい、自分なりに意味を見出しながら「深いな・・・」と唸ることができるのは、詩ならでは。特に平易な表現で書かれた詩であればあるほど、心にスッとしみわたる気がするでしょう。そんな「やさしくて深い」という言葉がぴったりな詩集を集めてみました。

3
お気に入り
4094
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 「ぞうさん」など親しみやすい詩をたくさん遺した、まど・みちおの詩集。カボチャがどっしり座っている姿を、肩が凝っているようだと捉える「カボチャ」、噴水が昇り降りする様子を軽快に表現した「ふんすい」など、自然物や生き物を題材に、ひらがなベースで語ります。独自の視点にはっとさせられる、哲学的な言葉が満載です。

  • 長い長いひらがな詩に圧倒される、谷川俊太郎の異色詩集です。『ぞうりのぺたぺた』など日常的なものから、『しんでゆくきょうりゅうのうめき』といった想像上の音にも、耳を澄まします。読んでいるうちに、しんとした空間で耳をそばだてているような気分になり、深い瞑想の世界に迷い込んでゆくようです。

  • 「蛙の詩人」といわれた著者。前半は蛙の生と死をつむぐ詩が中心の詩集です。誕生してすぐ人間に踏みつぶされたり、蛇に食べられてしまう蛙の死生観を、あっけらかんと表現。「死んだら死んだで生きていくのだ」など、シンプルな言葉の組み合わせながら「どういう意味だろう」と、死と生について考えさせられる一行が散りばめられています。

  • 賢治の代表作を厳選し、各詩に解説をつけた詩集。自分の身体と思想が離れている風景を描いた「林と思想」、旅の途中に妹の死について思いを巡らす「青森挽歌」など、どれもひらがなベースで平易な語り口ながら、淡々と語られる風景に哲学的な思想をのせています。内面をとことん見つめたいという気持ちが伝わってくる一冊です。

  • 『からっぽの手は さむい』と、誰かとつないでいない手の寂しさをうたった「手をください」、誰かを好きになることは『こころをちぎること』とした「痛み」など、人とのふれあいを、身体の各部分を擬人化させるなどして深く見つめた詩が満載。著者と一緒に、日常の何気ない風景を穴が空くほど見つめたくなります。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。