サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

「何か」に変化していく感覚が味わえる!?不条理に満ちた安部公房の世界

急死することがなかったらノーベル文学賞を受賞していただろう、と言われている作家・安部公房(1924-1993)。彼の独創性は国内外で高い評価を得ており、主人公が自分とは別の「何か」に変化していくさまを描いた短編は、その世界観がギュッと濃縮されていて初心者にもオススメです。おぞましくも魅惑的な安部公房の物語を、短編を中心に紹介します。

8
お気に入り
811
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 3部6編からなる短編集です。収録作「赤い繭」の主人公は帰るべき家のない男。どこかに自分の家があるはずだと探しているうちに、男の足が絹糸のようになって解け始めます。しだいにその絹糸が全身を包み込んでゆき・・・。自分とそれ以外の世界の境界がどこにあるのかわからなくなる。そんな感覚に陥る、安部公房らしさ全開の短編です。

  • コモン君はあるとき、自分の足が植物になっていることを発見します。植物病は徐々にコモン君の身体をむしばみ、植物と人間を行ったり来たりしますが、ついに植物園長から手紙が・・・。世界中の人の病気であるとされている植物病が何を意味しているのか、そんなことを深読みしたくなる短編「デンドロカカリヤ」のほか、10編を収めた初期短編集です。

  • 仕事を失い自殺を考えていた男は、死んだつもりで身体を提供しないかと持ち掛けられます。その提案を受けると「R62号」という名前を与えられ、身体の自由も感情も奪われてしまいます。そして、本当に「自分」を失うことになって抵抗に転じていく不条理なさまを描いた「R62号の発明」のほか、11編を収めた短編集です。

  • 安部公房の代表的な戯曲3編を収録した一冊です。「棒になった男」は、ターミナルデパートの屋上から1本の棒があるカップルの近くに落下する場面から始まります。実はその棒は元人間で、カップルが拾うと手の中で棒が急にピクっと動き出し・・・。安部公房の不条理な世界観が存分に味わえる物語です。

  • 主人公は事故で顔を失った男。彼は妻の愛を再び得るために仮面を作り「他人」として妻に近づくのですが、妻が「他人」と親しくなるにつれ、自分であるはずの「他人」に対して嫉妬心が芽生えてきます。「自分」とは何によって定義されるのか・・・、ということを考えさせられる長編小説です。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。