サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto広報担当 土佐勝彦ブックキュレーターhonto広報担当 土佐勝彦

マスコミ業界の雰囲気を疑似体験!知られざる内側を体感できる本

マスコミ業界。昔から憧れの就職先としてTV局、新聞社、出版社など人気です。仕事も著名人や政財界など多岐にわたる対象者に取材をして記事を作成したり、番組を企画・制作し、それが世の中に公開され影響を与えたリする一般人の領域とはかけ離れた内容です。でも華やかな面もあればつらい面も・・・。知られざる内側を体感して下さい。

5
お気に入り
919
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 巨大公共放送局の人気番組「チャレンジX」を手がける敏腕プロデューサー。会長の任も厚く上昇気流に乗っていたが、会長失脚とともに状況が一変する。絶賛が、手のひら返しで嫉妬と非難の嵐に見舞われる。能力よりもうまく立ち回った方が生き残る野望と嫉妬が渦巻く世界を感じて下さい。

  • 警察のガサ入れを生放送する高視聴率番組の演出をする制作部の男VS社内で絶大な権力を振るう編成部長。局の大物の自白を撮る為の生中継に全てを賭ける。あまり知りえないテレビ業界の内情に触れ、演出とヤラセの線引きを考えさせられます。タイトルの「蝸牛」の意味を知った時には思わずニヤリとします。

  • 新聞社の経済部から政治部へ異動した男が知った政治部内の符丁で「トップリーグ」と呼ばれる一握りの政治記者。公式会見や懇談に出席し、総理大臣をはじめ官邸や大物政治家とサシで話ができ、特ダネをいち早く知ることができる世界。政権を転覆しかねないネタを手にして究極の選択を迫られた時、どちらを選ぶのか?

  • TVワイドショーの人気コーナーで若者の無法行為を撮影し、独占放送する下請け番組制作会社の「突撃ディレクター」の裏側は「やらせ」。キー局と制作会社の待遇差に不満を覚えながらもスクープはものにしたい、というテレビマンの性(さが)が謎の殺人鬼を追いつめたスクープ映像の先にあったものとは?

  • 「生まれ変わっても新聞記者になりたい」と言う国民作家・司馬遼太郎が新聞社へ入社した経緯から記者時代を綴る。花形部署ではない文化部に配属され、人気のない宗教や大学という「寺回り」を担当したが、記事をあまり書かず好きな調べものをして素養を磨いていられた良き時代背景が作家・司馬遼太郎の原点であった。

honto広報担当 土佐勝彦

ブックキュレーター

honto広報担当 土佐勝彦

hontoの広報として、ニュースリリースや取材・イベント対応に従事。家に本がある環境に育ち、小学生の時に読み始めた日本文学全集のおもしろさにはまり乱読を開始する。その後通学・通勤時間を利用して歴史小説やミステリーに凝る傍ら、コミック誌にもくまなく手を伸ばす生活に。現在は暇さえあればコミックを電子書籍で、小説を文庫本でというスタイルで乱読を継続中。登山の友として本を持参するものの疲れて読まずじまいに多々陥る。好きな作家は司馬遼太郎と安部公房。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。