サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto広報担当 土佐勝彦ブックキュレーターhonto広報担当 土佐勝彦

ゾンビや妖怪よりも人間の悪意が1番怖いと感じる本

幽霊や妖怪、はてはゾンビに至るまで現代には怖い存在が色々あります。けれども1番怖いのは、「人間」です。金銭欲や出世欲に基づく嫉妬や恨み、人を人とも思わない行為などなど。普段表には現れない人間の内側にある怖さを覗いてみませんか?

5
お気に入り
1941
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 病院を舞台にしたサスペンスタッチの短編集。収録されている「空白の実験室」は、医局内で教授と助教授が連続して白血病で死亡する。やがて講師までもが同じ病に倒れる。ヒエラルキーの上から順に被害に遭っていくという、偶然か、それとも悪意を持った誰かが・・・。自分も誰かに狙われているかも?と思うとゾクっとします。

  • 大学の夏休みのアルバイトで訪れた別荘地で知らず知らずのうちに廃村に迷い込んでしまう若者達。そこはタブーとされる場所であった。奇怪な出来事が起こる中、慌てて都会へ逃げ出すが次々と仲間が変死していく。閉鎖社会の人間関係に端を発する何かが覗いていると思うとドアや窓の隙間を見ることが怖くて堪りません。

  • 事故で陸上競技を諦めた中学教師、田舎を嫌う少女、Iターン就農者がうまくいかないことばかりの人生に怒りや不満の負のエネルギーを蓄積していく。平家の落人伝説も残る田舎の森で、それを糧にして増幅する存在が悪意を放ちだし・・・。嫉妬と憎しみが目立ちますが、おばあちゃんの優しさに救われます。

  • 一人身の高齢資産家男性に近づき、言葉巧みに後妻に納まり、やがて遺産を根こそぎ相続するという「後妻」を生業とする年配女性。全ての行動基準が「男=金銭」となり罪悪感や恐怖心も持たずに淡々と事を進める姿にゾクっとします。アナタもいつかはターゲットになるかも?

  • 犯罪心理学を専門とする大学教授の隣に住む家族。中年の主人も娘も何かがおかしく違和感をぬぐえない。やがて一家行方不明事件を追っていた知り合いの刑事の失踪や近隣の火災、隣家の主人の常軌を逸した行動など事件が頻発する。『あの人、お父さんじゃありません』の一言が恐ろしくて堪りません。

honto広報担当 土佐勝彦

ブックキュレーター

honto広報担当 土佐勝彦

hontoの広報として、ニュースリリースや取材・イベント対応に従事。家に本がある環境に育ち、小学生の時に読み始めた日本文学全集のおもしろさにはまり乱読を開始する。その後通学・通勤時間を利用して歴史小説やミステリーに凝る傍ら、コミック誌にもくまなく手を伸ばす生活に。現在は暇さえあればコミックを電子書籍で、小説を文庫本でというスタイルで乱読を継続中。登山の友として本を持参するものの疲れて読まずじまいに多々陥る。好きな作家は司馬遼太郎と安部公房。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。