サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

本当の主人公は建物!?人間ドラマはおまけと思えてくる建物小説

一見すると登場人物たちの人間関係を描いたいわゆる小説でありながら、一方で彼らのいわば容れ物である建物が偏執的なまでに、克明に描写されている小説があります。著者はむしろそちらの方を書きたかったのでは・・・と思わせられます。ここで紹介するのは、そんな教会、民家、洋風の屋敷、アパートなど、建物が主人公とも言うべき物語ばかりです。

7
お気に入り
309
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • ヨーロッパ教会建築を決定的に画したともいえるロマネスク様式からゴシック様式への移行の、いわば過渡期に位置するシャルトル大聖堂を、主人公デュルタルの視点から論じています。だけど、主人公が修道院に入るまでの経緯がかすむくらい、本書の真の主人公は教会といえるでしょう。教会建築の発展史として読むことができます。

  • 生きているのは人間だけではない、建物もまた呼吸し、記憶を持っている。そう言いたいかのような小説です。本書の語り手である作家が住む築50年の記憶とともに佇む家は、さながら老年を迎えた人間。そして、そこに暮らす人間はそんな家の思い出に守られ、そこに出入りする猫たちはそんな思い出を抱えた人間に守られてゆくのです。

  • 取り壊し間近のアパートに住む太郎は、隣家の「水色の家」に偏執を示す女性と知り合いになります。いったいその家は、彼女をどのように魅了したのか?そして、そこに越してきた家族はどのような人たちなのか?表題作では、そんな穏やかでありながら穏やかならざるサスペンスに満ちています。その不穏さは、突然変わる語り手に結実します。

  • 様々な住人たちが通り過ぎた藤岡荘五号室。彼らの人生を縫い合わせるようにして、名もなき住人たちのささやかな歴史が語られます。まったく無関係な住人たちの人生をその部屋の台所の構造がつなげたり、各人はそれぞれの人生の主人公になった気でいながら実はそうではない、という真実を突きつけます。

  • 住む部屋がその人の人格を決める!?そんな13の間取り図から始まる物語が詰まった短編集です。人間にも個性があるように、部屋にも個性があります。左右対称の部屋、周囲を部屋に取り囲まれた部屋、海を眺める用の部屋など、ユニークな部屋ばかり。そこに住む住人たちが織りなす物語は、おのずと独特なものにならざるを得ません。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。