サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

未知の日本語がいざなう不思議な読書体験。多和田葉子の小説・詩・エッセイ

2018年に全米図書賞を受賞、世界的な評価も高い作家・多和田葉子。日本に生まれ、ドイツで暮らし、日独2ヵ国語で書き続けてきた彼女の作品は、日本/海外文学どちらでもないような独特の魅力にあふれています。普段馴れ親しんでいる言葉がみせる未知の表情と、それらが生み出す不思議な読書体験。ここでは初めての読者にオススメの本を集めました。

5
お気に入り
260
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • ヨーロッパ滞在中に母国が消滅してしまったHiruko。留学生から一転、流浪の民となった彼女は、生き抜くために独自の言語『パンスカ』を作り出します。恋人は『並んで歩く人』、饅頭は『マジパンチョコレート』。自分なりの表現を駆使して仲間を増やしてゆくその姿は、言葉本来のおもしろさと可能性に気づかせてくれます。

  • 顔も知らない男性と結婚生活を送るために異国を訪れた「わたし」の奇妙な体験が、「、」の多い不安定な文章で描かれる「かかとを失くして」。語り手が語れば語るほど虚実が入り乱れてゆく「三人関係」。主人公とともに翻訳の沼に引きずり込まれる感覚に襲われる「文字移植」。多和田ワールドの原点ともいえる初期作品集です。

  • 5編を収録した中短編集です。うち表題作を含む4編で描かれるのは、度重なる震災にも原発を止めず、ついに世界から孤立してしまった日本。政府は民営化、外来語も禁止、インターネット廃止を祝う「御婦羅淫(オフライン)の日」なる祝日も。ひんやりとした諦念が覆う予言的な作品世界に、頭と心を揺さぶられるでしょう。

  • 日本語による第2詩集です。地下鉄の車内でスマホが『須磨フォン』に姿を変えれば、そこは光源氏ならぬ無数の指が『ディスプ/レイ』を『いと惜しげ』に愛撫する源氏物語の世界。全編、お仕着せの意味を脱ぎ去った言葉たちが隠しもっていた野性をさらけ出し、見知ったはずの光景を未知へと変えてゆくような印象を与えます。

  • 文法から垣間みえる日本と海外の国民性の違い、世の中に対する意外な気づきを与えてくれる言葉遊び、正しげな決まり文句を疑うことの大切さ・・・などなど、言葉をテーマに綴った日記エッセイです。日常的な言葉を起点に思わぬ方向に発想を広げる著者の考察は刺激的。新鮮な気持ちで言葉と向き合えるようになる一冊です。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。