サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 価値観が変わる
  5. わがままって本当に悪いこと?空気を読んで我慢しすぎる前に読みたい本

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

わがままって本当に悪いこと?空気を読んで我慢しすぎる前に読みたい本

「わがまま」というと、周囲を気にせず思い通りにふるまう、空気を読まず自己中心的、といったネガティブなイメージがつきまといます。しかし、自分の思いに従って行動することや、自分の感受性を大切にすることはそこまで悪いことでしょうか?個人の尊厳や感受性を大切にすることと、わがままの関係について考えた本を紹介します。

19
お気に入り
2967
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • ほしい本に追加

    時代に合わない校則や、前例主義で続く奇妙なルール、やめたほうがいいと思っても実際にそれを主張するのは難しかったりします。従わないことをわがままだと言われ、仲間外れにされる心配も。学校や職場、家庭でも、そんな言い出しづらいわがままを上手に伝える方法について社会学の立場から考えた本です。

  • ほしい本に追加

    「みんな我慢しているし、自分だけ怒るのはわがままでみっともない」こんなふうに自分を鈍らせ続けていると、しだいに怒れなくなるばかりか、他人の怒りにも鈍感になるといいます。著者は個人の感受性が奪われていく社会の風潮に着目。自分固有の怒りを育て表出することで、自分を取り戻すことを説く哲学的エッセイです。

  • ほしい本に追加

    空気を読めずに浮いてしまわないか気になって仕方ない。こんな不安は、世間の目を自分を形づくる重要な要素として捉える日本人の思考パターンからくるといいます。本書はそんな日本人の考え方がどのように定着したのかを解説。息苦しい「空気」の仕組みを知ると、そこら離脱する方法も自然と見えてきます。

  • ほしい本に追加

    小学校の正式科目となった道徳。道徳において重要視される自己犠牲的なふるまいは、わがままの対局にあるといえます。本書は日本の道徳教育の歴史を膨大な資料にあたって読み解いた労作。みんなのために個人の声が圧殺される風潮の根っこが見えてきます。献身の象徴ともいえる母親像がどう作られてきたかも興味深いです。

  • ほしい本に追加

    『君だって一員なんだから』『嫌なら辞めればいいじゃない』『母親なんだからしっかり』強制するような言い方ではないけれど相手にこんな風に言われてしまうと、意見も提案も文句やわがままのように思えて何も言い出せなくなってしまうものです。世にあふれる「呪いの言葉」に潜む人を支配するからくりと、その解き方が紹介されています。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。