サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

 丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~酔って読む・読んで酔う~ お酒と読書

 丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~酔って読む・読んで酔う~ お酒と読書

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

物悲しいのになぜか惹かれてしまう。はじめてのポール・オースター

現代アメリカを代表する作家であるポール・オースターの小説は、孤独や喪失をテーマにした悲壮感あふれるものが多いのですが、それでも読まずにはいられない不思議な魅力に満ち満ちています。ここでは、その魅力に触れることができる代表的な本を紹介します。彼の小説にはハッピーエンドはありません。しかし、読んで良かったと必ず思えるはずです。

9
お気に入り
287
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • ひとり孤独に亡くなってしまった父親の思い出と、徐々に明らかになる父親の抱えていた虚無感を豊かな表現で綴った自伝的小説。「孤独」についてのネガティブな心情吐露が延々と続くのですが、冗長さを感じさせないのが本書の不思議なところであり、最大の魅力といえるでしょう。オースター名義での処女作で、その人並外れた洞察力に驚かされます。

  • 1本の間違い電話がきっかけで始まる人探し、というスリリングな探偵小説のような出だしで始まりますが、その後の展開は不条理そのもの。予測のつかない斬新なプロットが、主人公とともに読み手までも幻想的な世界へと誘います。人間のアイデンティティーの脆さがクールに描かれていて、想像力が激しく刺激されるはずです。

  • 心優しき友人たちの助けによって絶望の淵から逃れることができた若者が、己の奇妙な出生のルーツをたどっていく青春小説。エンターテインメント性が高く、オースターの小説としては比較的すんなりと感情移入できます。大団円で終わる後味すっきりの小説ではないですが、深い余韻がしみじみと心に残り、読後は充実感に満ちているはずです。

  • つらい記憶に苛まれ続け、眠れぬ夜に耐えるために老人が紡ぎだした空想の世界は、9・11の同時多発テロが起きなかったアメリカでした。しかし、なぜかその世界も安息の地とは程遠い厳しい日常で・・・。深い喪失感を抱えた者の作り出すパラレルワールドという体で世に蔓延している闇を鋭く描いた、メッセージ性の高い長編小説です。

  • 章によって時代や舞台背景はおろか、語り部すら変化しながら明らかになっていく、1人の若者が歩んだ壮絶な人生の物語。残された文書や関係者の証言によって進んでいくミステリー色の強い展開は、章ごとのドラマそれぞれが斬新な魅力にあふれ、どんどん引き込まれる間違いなし。挑発的な構成が、終始期待感をあおってくれます。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。