サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規会員70%OFFクーポン

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 1,000件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2020/12/25
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-126771-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

母性(新潮文庫)

著者 湊かなえ

女子高生が自宅の中庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か、自殺か。……...

もっと見る

母性(新潮文庫)

税込 693 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.4MB
Android EPUB 6.4MB
Win EPUB 6.4MB
Mac EPUB 6.4MB

母性 (新潮文庫)

税込 781 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

女子高生が自宅の中庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か、自殺か。……遡ること十一年前の台風の日、彼女たちを包んだ幸福は、突如奪い去られていた。母の手記と娘の回想が交錯し、浮かび上がる真相。これは事故か、それとも――。圧倒的に新しい、「母と娘」を巡る物語(ミステリー)。(解説・間室道子)

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1,000件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

母と娘

2015/08/07 22:06

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いくみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

語り手が交代で独白して物語が進んでいきます。
なにが信用できて、なにが信用できないのか、誰が信用できて、誰が信用できないのか、2回読むとはっきり理解できました。
思いのすれ違いが切ないけれど愛おしい物語です。
読む人の立場によって、誰に感情移入しやすいかが違うと思いますが、私は娘の立場しか経験がないので、途中とても辛くなりました。
理解が足りず、すっきりしない箇所があったので、3回読みました。
面白かったです。お勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

胸がギュッと

2020/11/08 19:28

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:rin - この投稿者のレビュー一覧を見る

「母性」文字だけでみれば温もりがあるように見えるけど現実的な感情を痛い程感じた作品でした。
人間関係の中で歪さというのはあると思います。それは親子の間でも例外ではないー。
切ない感情と最後まで何が真実なのか、グッと惹きつけられるストーリー展開で手を止められず一気に読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

せつない

2019/04/12 22:15

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:骨なしチキン - この投稿者のレビュー一覧を見る

母子もの。娘のままでいたい母の、自分の娘に対する想いはあまりにも酷すぎます。そして、母の愛を求めるために娘が頑張っているのが切なくて苦しいです。私にも子供がいますが、自分も気をつけなければと思いました。子供は自分の分身では無くて、別の一人の人間なのだと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょっと難しいけど

2019/10/31 22:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akb49484800 - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容は少し難しいけど、それなりに楽しめた。母性とは何なのか?親子とは、家族とは何なのかを考えさせられる、そんな小説だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

母娘のパラレル&スパイラル

2017/03/28 21:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっぱり湊さんだわぁ…。数学で言うベクトルの「平行(パラレル)」でなく「ねじれ(スパイラル)」の関係だ…。どんなにに時間がたっても交点はない。
でも、人の生き方って直線じゃないんだよ、だからどこかで交点はあるんだ…。
そんな感じの母子(娘)関係。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もどかしい

2023/08/23 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マンゴスチン - この投稿者のレビュー一覧を見る

各章の題と末尾がリルケの詩の引用でオシャレ。

私とわたしの主観がどこまでも互いにすれ違っていて、あまりのもどかしさに悶え楽しんだ。
ラストは一見ハッピーエンドと言って差し支えないように書かれているけれど、これもまた一方向からの主張でもう何が真実なのか分からない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

おもしろい!

2023/06/29 20:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sushi - この投稿者のレビュー一覧を見る

とてもおもしろかったです。
母親の娘に対する気持ちに所々わかるところがある自分が嫌だなと思った。人の心の嫌なところ、心の動きが興味深かった。ひどい姑、無関心な夫にもふといいところがあり、リアルで親しみがあり現実的な気もした。
母と娘の可哀想なほどのすれ違いが何とも言えず…切ない。
最後は湊かなえにしてはハッピーエンドなんだと思ったが、なんだかそれも違うかもと思えて怖くなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今まで感じたことのない恐怖

2015/08/21 10:24

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おかゆひめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

サスペンスが好きで今までにもそれなりに読んできたけれど、この小説はとても怖かったです。家族といえども様々な感情を抱くものなのだと実感しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最初の4〜5ページで掴まれます

2016/09/30 21:08

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初の4〜5ページでガッシと掴まれます。この書き出しの見事さは湊かなえ氏の作品に共通するものだと思います。

それにしても男の存在感のなさというか、無意味さ。
料理に添えられたパセリか と思うしかない扱いです(笑)
これを読んだ男である私などは「どうすりゃいいの?」と途方に暮れるしかない状態です。
最後まで読み終えた今でも、この作品がハッピーエンドなのか?そうではないのかさえ判断がつきません。
母性は体の経験ではなく頭の中での理解としてしか、親になれない男には永遠に辿り着けない性根だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

親子関係

2024/01/14 17:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わかめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

母の思いと娘の思いが、交互に出てくる。嫁姑関係のどろどろさも出てくる。読んでいくと、心が痛むが、本音を言っているなと思うところがある。こんな最悪な状況があるけど、生きて命をつないでいくことがすごい!とかんじた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

再読

2023/11/14 16:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミキティ - この投稿者のレビュー一覧を見る

母と娘の共依存。毒親との関係は親子3代に渡って繰り広げられるというが、そこに着想しての小説なのだろう。祖母と母親との関係は、毒親と呼べるべきではないように思うが母が祖母に囚われているという点で毒母だったということか。
男性にはわからない感情かもとも思う。映画を是非見てみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

母親の「お母さん」に対する思いが意外な方へ

2023/05/04 01:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miki - この投稿者のレビュー一覧を見る

*若干のネタバレあり。
さすがは湊かなえ。あっという間に物語に引き込まれてしまった。私が好きな(実はドラマの方が好き)「Nのために」と同じく手記によって物語が進んでいくスタイル。この物語では主に母と子の視点での手記が交互に綴られている。親子関係を描いた作品はたくさんあるけれど、「私」のような母親はこれまでになかった。現実離れした、作り物のような美しすぎる日々の後で訪れる、辛い日々。でも母親である「私」の辛さの解釈は異常なほどに捻れていって、どうしようもない。そして次々と登場する嫌な人たち。怒りを覚えるほどに嫌な人たちなのに、「私」はそうは思わなくて、それがまた歯痒い。真っ直ぐに生きている娘の思いが切ない。おもしろかった。ただ、姑の嫁いびりで朝から晩まで働き詰め、農作業に駆り出される、戦後まもない頃の昭和のイメージが現代的なこの作品に時代的にしっくり来ないのと(最後に娘は30歳を超えているので、作者の時代考証がおかしいわけではないと思うけれど)最後、後日談的に語られるみんなのその後が、まるで何ごともなかったようにあっけないところに少々がっかりしてしまったが、読み応えのある1冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

母性

2022/06/13 23:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

母親と娘、主にこの2人の語り手によって物語は進んでいくが、語り手が変わる度に心情移入を繰り返してしまい、読了後に自分が緊張していたことに気づいた。イヤミスとも言いきれないが、この後味の悪さは湊かなえにしか出せないものだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2つのタイプがある

2022/06/01 08:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カレイの煮付 - この投稿者のレビュー一覧を見る

母性とは、自然に備わるものではない。母性を持つことができる者と、できない者がいる。母として生きるのか、娘として生きるのか。母親にも、2つのタイプがいる。これらを、とても納得できて、すとんと腑に落ちた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

男には、母性ってないのだろうか。

2021/02/28 14:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:びずん - この投稿者のレビュー一覧を見る

あると思うんだけれど、母よりも自主的に体現しなければならないから難しいよね。清佳の名前を最後の最後で呼んでくれて、生きていてくれて読者の私たちが救われた。湊さんは分かりやすい家庭を取り上げているけれど、もっと分からないことはたくさんあるし、お手本が間違っていることだってあるんだから、全部いいんだよ。やり直せると思うよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。