サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オリエント急行の殺人(クリスティー文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 82件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.4
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: クリスティー文庫
  • サイズ:16cm/413p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-131008-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 ポアロ)

著者 アガサ・クリスティー (著),山本 やよい (訳)

〔ハヤカワ文庫 2003年刊の新訳〕【「TRC MARC」の商品解説】

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 ポアロ)

929(税込)

オリエント急行の殺人

823 (税込)

オリエント急行の殺人

ポイント :7pt / 紙の本より106おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店岡山店

名探偵ポワロを未読の...

ジュンク堂書店岡山店さん

名探偵ポワロを未読の人がいたなんて!
でもそんな人でも聞いたことあるでしょう?このタイトル。
たまご頭、口髭、几帳面の人懐こいおじさん名探偵。それが灰色の脳細胞を持つ男エルキュール・ポワロ。
この物語にはいわゆる探偵の助手は登場しません。一応ポワロの助手は、優しい心の持ち主でちょっとおばかさんの大尉ヘイスティングス。が勤めていますが彼は出てくる頻度が割と低い。

ある仕事を終えて帰路に着いたポワロは雪によってオリエント急行に閉じ込められてしまいます。そこで起きたのは殺人事件。ポワロは事件を解こうと乗客に事情聴取しますが、皆目見当がつかない。それは、皆がアリバイをもっているから。一体誰が嘘をついているのか?
それを一緒に考えるのがやっぱり楽しい。スプラッタは嫌!という方もクリスティーなら安心して(?)読めるはず。
やはり女性が書くミステリは読みやすい。ごたごたがきれいに整理されていくので読者は犯人捜しに集中できます。

読書の秋。難事件解決にポワロと一緒にのりだしませんか?
文庫担当 中原

みんなのレビュー82件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

私の中でアガサと言えばこれ

2016/01/23 16:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ガーネット - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校の頃図書室で借りて読んでいましたが、また読みたくなったので買ってしまいました。
推理小説なのにこう言ってはおかしいですが、やっぱりアガサ・クリスティーは読んでいて妙に安心します。
初めて読んだ頃は特に推理せず話の雰囲気を楽しもうというぐらいでした。
再び読み始めるとあの頃の事を思い出してとても懐かしかったです。

とにかく初めて推理小説を読む方には是非お勧めしたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一度は読んでほしい探偵小説

2015/08/18 19:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:historian - この投稿者のレビュー一覧を見る

言わずとしれたアガサ・クリスティの傑作の一つ。2015年1月に日本風にアレンジしたドラマも放映されたので買って読んでみたが、オリエント急行という舞台といい、入り乱れる証言や証拠といい、意外すぎる真相といい、誰が読んでも引き込まれる探偵小説であることは間違いない。よく読み返してみると「ここはおかしくないか?」というつっこみどころがあったり無かったりするが、まあこだわらずに読むのもいいでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

色褪せない名作

2017/12/21 17:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

学生時代に読みつくしたクリスティ
何十年後の今 新訳のクリスティを読み返しています。
オリエント急行殺人事件は今また映画化もされていますね。
長きにわたって愛され続ける名作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリに精通している人にこそ衝撃を与える事件の真実

2016/12/26 21:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コスモス - この投稿者のレビュー一覧を見る

アガサ・クリスティーによるミステリー小説。
読んだことはなくても、名前をきいたことがある人は多いと思います。
この事件の真実はミステリーの常識に反しているかもしれませんが、
実際にこういう事件もあるのではないかと思いました。
まあ、起こったとしても気付くのは容易ではないと思いますが・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさに名作!

2013/12/22 20:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

凡人が何をか言わんや。
トリックと言い話の流れと言い名作の中の名作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

オリエント急行殺人事件

2012/11/09 17:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シャトル - この投稿者のレビュー一覧を見る

感激です、素晴らしいミステリー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/14 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/19 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/28 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/06 12:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/23 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/10 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/28 09:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/10 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/01 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る