サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

生きるぼくら(徳間文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 105件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/09/04
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:15cm/423p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-894014-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

生きるぼくら (徳間文庫)

著者 原田 マハ (著)

いじめから、ひきこもりとなった二十四歳の麻生人生。頼りだった母が突然いなくなった。残されていたのは、年賀状の束。その中に一枚だけ記憶にある名前があった。「もう一度会えます...

もっと見る

生きるぼくら (徳間文庫)

745(税込)

生きるぼくら

756(税込)

生きるぼくら

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いじめから、ひきこもりとなった二十四歳の麻生人生。頼りだった母が突然いなくなった。残されていたのは、年賀状の束。その中に一枚だけ記憶にある名前があった。「もう一度会えますように。私の命が、あるうちに」マーサばあちゃんから?人生は四年ぶりに外へ!祖母のいる蓼科へ向かうと、予想を覆す状況が待っていた―。人の温もりにふれ、米づくりから、大きく人生が変わっていく。【「BOOK」データベースの商品解説】

いじめから、ひきこもりとなった24歳の麻生人生。頼りだった母がいなくなり、4年ぶりに外に出て、祖母のいる蓼科へ向かうと、予想を覆す状況が待っていた…。人の温もりにふれ、米づくりから、大きく人生が変わっていく。【「TRC MARC」の商品解説】

いじめから、ひきこもりとなった二十四歳の麻生人生。頼りだった母が突然いなくなった。残されていたのは、年賀状の束。その中に一枚だけ記憶にある名前があった。「もう一度会えますように。私の命が、あるうちに」マーサばあちゃんから? 人生は四年ぶりに外へ! 祖母のいる蓼科へ向かうと、予想を覆す状況が待っていた????。人の温もりにふれ、米づくりから、大きく人生が変わっていく。【商品解説】

こんなうまい米、はじめてだ! 驚いた引きこもりは、病気のばあちゃんのため米づくりへ一直線。それは自分を取り戻す旅だった。【本の内容】

こんなうまい米、はじめてだ! 驚いた引きこもりは、病気のばあちゃんのため米づくりへ一直線。それは自分を取り戻す旅だった。【本の内容】

著者紹介

原田 マハ

略歴
1962年、東京生まれ。関西学院大学文学部、早稲田大学第二文学部美術史科卒業。伊藤忠商事、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、2002年独立後フリーランスのキュレーターとして活躍。05年、「カフーを待ちわびて」で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞。12年『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞受賞。著書に『本日は、お日柄もよく』『ジヴェルニーの食卓』『あなたは、誰かの大切な人』『異邦人』『モダン』『ラブコメ』(共著)などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー105件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

ありそうで、無さそうな人生

2016/01/09 22:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の名前が麻生人生。そもそもだなぁと思いながら読み始めた。引きこもりの人生が母の家出により、まともな青年に成長していく物語。
母の置手紙に書いてあった、助けてくれるかもしれない人からの年賀状の中に、蓼科のマーサばあちゃんのはがきを見つける。しかもその年賀状には余命数か月と書いてある。
ネット漬けの生活から、いきなり蓼科へ移動するのに携帯電話もほとんど役にたたず、やっとマーサばあちゃんの家に着くが、そこには見知らぬ少女が。
ばあちゃんの家まで送ってくれた志乃さんの話によると、どうやらばあちゃんは認知症になっているらしい。以前コメ作り農家だったばあちゃんの田んぼに、「自然の田んぼ」を一部作っていた。去年までその「自然の田んぼ」だけを細々と自分の食べる分だけということで作っていた。
やがて、見知らぬ少女つぼみ(血の繋がっていない孫)と本当の孫の人生とマーサばあちゃんのコメ作りの生活が始まる。
涙がにじむシーンが何度もあり、ラストのクライマックスに至ってはボロボロ。美味しそうなお米、食べてみたいと思った。「風のマジム」では、マジムのラム酒が飲みたくなったが、今度はマーサばあちゃんの米が、梅干しおにぎりが食べたくなった。目に見えるように表現する原田マハはやっぱりすごい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幸せの後ろにはお米。

2015/10/31 09:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

言葉がうまく出てこないくらい、とてもいいお話だった。お米に毎日お世話になっているくせに、お米のことを全然考えていなかったわたし。人生はじめ、おばあちゃんやつぼみなど魅力的な登場人物の幸せの後ろには、お米がある。これって日本人全体に言えることなのかも。あたりまえのことに目を向けて感謝しようって。電車で幾度となく落涙に襲われ、それを堪えつつ読み、喫茶店でクライマックスを迎えた時はもう無理と本、閉じました。泣くのを我慢しながら読むなんてもったいなくて。今、家で大泣きしながら読み終え、大変満足です。
そして、蓼科に無性に生きたくなってしまった。きっといいところなんだろうな。表紙の絵もとても美しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本人なら米を作ろう

2015/10/27 23:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さんしろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

「楽園のカンヴァス」があまりに面白かったため、他の作品を読むのを敬遠していた。が、原田先生こんな涙腺崩壊ものも書けるのか!とびっくり。後半は最終頁までずっと涙涙。家族、農業、仲間といった現代の日本人が軽視しているものを再認識させてくれる実に素晴らしい作品であった。読み終わって無性に自分も米が作ってみたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おすすめできます!

2016/02/28 12:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひで - この投稿者のレビュー一覧を見る

原田マハってただ者ではないと思います。都会で疲れた若者が田舎で立ち直るよくあるパターンではありますが、王道のひとつであることには違いないです。泣けます。外に持ち出すのはやめた方が。というか、ラストは家でしんみり読むことをすすめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

元気が出る本

2015/09/29 13:00

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひきこもりの男性が、頼りにしていた母が家を出たあと、母の残した書き置きを頼りに、久しぶりに祖母の家を訪ねる。ところが、祖母は認知症で孫である男性のことが分からない。祖母の家には、亡き父の再婚相手の娘が暮らしていて、その日から3人での奇妙な生活が始まる。地域の人々との交流から、3人に徐々に変化が現れる。
引きこまれ1日で読んでしまった。読んだあとはさわやかな気分で、元気も出てきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シンプルな感動

2016/10/24 01:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Chocolat - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず、文庫の表紙が、御大、東山魁夷って、何?と、考えたけれど、内容を読めばなるほどでした。
心の問題を抱えた二人の若者の成長と、老人問題と、稲作…という、組み合わせが面白かったし、表紙と同じく気持ちの良くなるような物語でした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

徹夜覚悟

2015/10/31 23:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

いじめの話かと読み始めたら、蓼科へ向かった主人公が、父親の再婚相手の娘と巡り会う。いじめの部分では泣かせ、蓼科では存分に笑わせる。何気なく買った本だが、どうやら一気読みになりそう。徹夜かも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心温まるストーリー

2016/12/20 16:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mino - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語としては出来過ぎなところがないではないですが(長年家に引きこもっていた人間がそんなに思い切りよく蓼科へ迎えるのだろうか?とか)、米作りを通して大切なメッセージを伝えてくれる作品です。 マハさんは、この作品のために米作りの全てを体験されたということです。実際に行ったからでしょう、米作りの描写からその大変さが伝わりました。機械も進歩してきたとはいえ昔から農家の方々は大変な思いをしてお米を作って下さっているのだと頭が下がる思いで読みました。 今とってもおにぎりが食べたいです。梅干しあまり得意じゃないけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/22 02:02

投稿元:ブクログ

ここのところ新しい本を読む気になれず、
だいすきな本屋へ行っても触手がのびず、
なんとなくお気に入りの本を読み返したり、
ネットで活字を読んだり、、、
日常に囚われすぎて、
だいすきなものさえも疎かにしてた気がする。
少し落ち着きを取り戻したわたしが選んだのが、この本。
日本、お米、原田マハ、美術。
なんとなく今の気分にすっと馴染みそうな予感。
相変わらずのぬるいハッピーエンド。
でも、マーサばあちゃんはかわいくてすてきで(あんな風になりたいと思う)、人生はダメでぬるくてたくましくて、つぼみはこじらせてて一生懸命でかわいくて、結局のところ登場人物があたたかくてかっこいい。
あんな風に真剣に人生をがむしゃらに進む彼らがうらやましい。そして、憧れる。
わたしもわたしの人生をわたしらしく生きる!
てか、おいしいおにぎりが食べたい!

2016/05/04 22:01

投稿元:ブクログ

引きこもりの青年、人生(じんせい)とばあちゃん、異母兄弟つぼみと、蓼科の稲作とおにぎりの話。できすぎてる感はあるけど、すっと入ってくる心地よさ。最後、お母さんとの再会とおにぎりで終わるのが意外だったけどそこが良かった。

2015/09/28 00:39

投稿元:ブクログ

平凡なニートの日常のようで、気がつけばドラマチック。その繰り返し。そして勇気がもらえる。マハさんの作品はいつも夢があって勇気がもらえる。夢といっても叶いっこない文字通り「夢物語」ではなく、手の届きそうなちょうどよい大きさの夢。読後はとても前向きになれた。
そして、私もいつか「カッコいい大人」になりたいなと。

2017/03/08 08:58

投稿元:ブクログ

主人公の名前は「人生」。
引きこもりの彼の生活を支えていた母親が消え、途方にくれた人生が見つけた一枚の年賀状。
差出人は、祖母。
子供の頃の幸せだった記憶をたどりながら、人生は、4年ぶりに外へ出て、祖母の元へ向かう。


その田舎で出会った「カッコイイ大人たち」、認知症のすすむ祖母、血の繋がらない兄妹。
そして、生きるために作るお米。


人は1人では生きられないことを突きつけられ、
そして、
人の優しさをこれでもか、と感じさせてくれるおはなしです。


ペンネーム にゃん

2016/01/15 19:53

投稿元:ブクログ

いじめから、ひきこもりとなった二十四歳の麻生人生。頼りだった母が突然いなくなった。残されていたのは、年賀状の束。その中に1枚だけ記憶にある名前があった。「もう一度会えますように。私の命があるうちに。」マーサばあちゃんから?人生は四年ぶりに外へ!祖母のいる蓼科へ向かうと、予想を覆す状況が待っていた・・・。人の温もりにふれ、米作りから、大きく人生が変わっていく。(背表紙より)

原田マハさんだから「絵」かな?と思っていたら違って残念・・・。やっぱり「絵」がいいなー。
米作りの素晴らしさはとても伝わるんだけど、三浦しをんさんほどでもないしー。
祖母に対する二人の孫っていうのも、就活に詰まった大学生っていうのもなんだか今っぽいけどちょっと現実的ではなくて。

最近自分が感動に薄くなってきているのを実感・・(泣)

2016/05/10 09:50

投稿元:ブクログ

何度も泣けてしまった・・

人生のつまずきや
家族を失った孤独
大切な人を失うことの怖さ
人生への不安

自分の中にもある気持ちが
いろんなところでシンクロ

物語だから
周りに優しい人達が沢山いて
出来過ぎなのかもしれないけど

それでも
どんなことがあっても、
どんな場所でも
優しい人たちはいっぱいいて
幸せを感じる事ができるんだな

って思う
読後感です。

2015/10/22 20:20

投稿元:ブクログ

大切だったら、時には手放すことも必要。
信じて、手放す。
そして、祈りつつ見守る。
信じてくれる人がいれば、きっと思いがけない力が湧いてくるはず。