サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アイデアのつくり方
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 509件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1988.4
  • 出版社: CCCメディアハウス
  • サイズ:18cm/102p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-484-88104-1

紙の本

アイデアのつくり方

著者 ジェームス・W.ヤング (著),今井 茂雄 (訳)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー509件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

【bk1の100冊】の一冊。60分で読めるけれど一生あなたを離さない本。

2004/12/15 00:48

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おーなーしぇふ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、アイデアをつくり出すための原理と方法を説いたものである。「アイデアのつくり方が知りたい!」という人にオススメの一冊。本書の惹句「60分で読めるけれど一生あなたを離さない本」はダテじゃない。一度読めば、きっと忘れられない本になっているはず。【bk1の100冊】の「お客様が選ぶ50冊」で、<仕事にかかせない1冊>に選ばれた一冊(2004年12月)。


本文は約60ページほど。解説約20ページ、訳者あとがき約10ページをあわせてようやく100ページという、本当に薄い本である。しかし、この中にはアイデアのつくり方についての必要十分な内容が、確かに盛られている。

アイデアとは何か? 「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」と著者はいう。そして、「その新しい組み合わせを作りだす才能は、事物の関連性をみつけだす才能によって高められる」とする。この2つがアイデア作成のための原理なのだという。

この原理をふまえ、著者は、アイデアを実際に作り出すための方法を5つの段階にわけて説明している。その段階とは次のとおりである:

1)データ(資料)の収集
2)データの咀嚼(そしゃく)
3)データの組み合わせ(アイデアの孵化段階)
4)アイデアの実際上の誕生。ユーレカ(発見した!)という段階
5)アイデアを具体化し展開させる段階

過去にアイデアを作り出す際、これらの段階を経験した人もいると思われる。しかし問題は、これらの段階の存在を把握し、意識しながらたどっているか? ということにある。

すなわち、アイデアとは漠然と考えをめぐらして生まれるのを待つものではなく、自動車の製造と同じように、明確な方法に従って作り出せるものなのである。

このように、アイデア作成の段階をわかりやすく具体的に示した点が、本書の大きなポイントであり、長年にわたり支持されている理由といえる。


なお、竹内均氏による詳細な解説も注目。本文の翻訳が直訳調のため読みにくく、内容がわかりにくいことがあるかもしれない。しかし、竹内氏の解説を読めばそれが解消されるばかりか、本文に対する理解も深まることと思われる。また、文章執筆のためのアイデアも紹介されており、興味深い内容となっている。


ちなみに、著者のヤングはアメリカの広告業界で活躍した人物(1973年没)。本書(原題:A Technique for Producing Ideas)は本国アメリカでは1940年の初版以来、広告クリエーターの間で「バイブル」と称され、現在も再版を重ねている。日本でも1956年に一度出版された後、1988年に再出版され、2004年7月現在で初版第48刷を重ねているという、まさに不朽のベストセラー。その後のアイデア関連書籍にも影響を与えている。一例として、アイデアのヒントを挙げておく。これは、ヤングの方法を実践する前に「心の準備」が必要であると説いているもので、ヤングの方法をさらに充実させたい人にオススメといえる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アイディアマンは生まれつきじゃなかった

2009/09/19 11:00

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者のジェームス・W・ヤング(1886-1973)は
アメリカの広告代理店トムプソン者の常任最高顧問、
アメリカ広告代理業協会会長などを歴任。
広告コピーマンとしても有名です。

そのコピーをつくるためのアイデアの制作過程を記した本です。
とっても薄い本で、あっという間に読めてしまいます。
今のアイディア関連のビジネス書に比べると
びっくりするくらい、シンプル。

でも、シンプルだからこそ、広告業にとどまらず
あらゆる業界、業種にで使えるアイデアをつくりだす普遍性があります。

その全過程は
1 資料集め
2 資料を体の一部とする、あるいはパズルを組み立てる
3 問題を無意識の領域に追い出す
4 自然とそのことを考えているうちに、アイデアになる
5 アイデアの具体化と展開、批評

あらゆるアイデアは、既存の物事、言葉を
新しく組み立てているもので、
その新しい組み立てにどこまで熱中できるかが
新しいアイデアの誕生に繋がります。

80対20の法則で有名なパレートは
本書では「世界の全人間は二つのタイプに大別できる」と唱えた人物として
紹介されています。

その分類とは
1 スペキュラトゥール……投機的タイプ(企業家・発明家・政治外交再構成の活動家など)
2 ランチエ……ストックホルダー(株主)・鴨にされる人々

どちらの人になるかは、アイデアの才能があるかどうかではなく、
アイデアの原理や方法を学び、実践することにあるそうです。

竹内均の優れた解説でも、「すぐに始めること」と
自分の著作方法に触れながら、その仕事の秘訣を披露しています。

本書のアメリカでの初版は1940年。
シンプルですが、現代にも十分、通用します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

1時間かからない

2018/07/29 06:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:新選組 - この投稿者のレビュー一覧を見る

50分で一生ものの勉強が可能。102ページのなかに自らを大きくジャンプさせてくれる要素が満載。時間対効果は抜群。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「ものを考える」ための「考え方(=方法論)の古典的名著

2004/10/10 03:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさぴゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ものを考える」ための「考え方(=方法論)」の古典的名著といわれています。僕も、ある広告会社のコピーライターに進められました。広告業界とかクリエイターの間では、かなり広範に読まれているそうです。もっとも「考えるための方法論」という抽象的な思考が好きで、かつ意識したことがない人にはチンプンカンプンかも知れませんが。

この本の良さをあげるならば、

1.出版が40年前で幾多の淘汰を勝ち抜いてきている
2.ビジネスマンをやっていたヤングさんが考えただけあって、薄くて読みやすくハンディで、即応用できる

という2点です。一瞬で読めます。本当に読みやすいです。

「考え方の方法論」といえば、昨今のビジネスマンの流行では、ありがちなロジカル・シンキングを連想します。が、広告代理店につとめていたヤングさんらしく、どちらかといえばクリエイテイブ・シンキングの側面を扱っています。とはいえ基調低音は、ロジカル・シンキングという煩雑なものを積み上げた先に、クリエイテイブが生まれると考えているようです。また、具体的にどのような日常の作業が、新しいものを生み出すきっかけになるかという部分の描写は、アメリカ人のプラグマティズム的側面が強く現れている、と感じました。非常に具体的なのです。また同時に、科学史家のトマス・クーンによる古典的名作「科学革命の構造」で主張されていた革命的・コペルニクス的発想がどのようにして生まれてきたかという哲学的な思考との連想を感じさせ、非常に奥の深い本です。

慶大教授の高橋俊介さんが著作「キャリアショック」で書いていることですが、高度な資本主義社会では、生きる糧を得るスキルはすぐ陳腐化してしまいます。社会の流動性・スピードが速すぎて、自分の持つスキルが、簡単に役立たずになるのです。そしてその傾向はますます顕著になっています。そういった中で生き抜くためには、「継続的に安定して」ものを考えて価値を生み出していかなければならないのではないでしょうか。そのためにこういった「考え方の方法論」は、いつまでも古典的名著として残り続けるでしょうね。才能だけでは生きていけない時代です。才能を継続的に維持し続ける理論・哲学がないと、安定と継続はないですからね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アイデア創造に欠かせないバイブル

2003/06/22 09:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やんちゃ青 - この投稿者のレビュー一覧を見る

原著は1961年に書かれた内容と変っていないとされている本書の中身は、いつの世の中にもどの境遇に人々にもあてはまる「アイデアの作り方」を示している。それゆえ回りくどい説明、ノウハウ的な押し付けも感じることなく、またボリュームも本文は62ページとあっという間に読破できる。
『アイデアの製造過程も一つの流れ作業であること、その作成にあたって私たちの心理は、習得したり制御したりできる操作技術によって働くものであること、そして、なんであれ道具を効果的に使う場合と同じように、この技術を修練することがこれを有効に使いこなす秘訣である』
その技術力を向上させるための秘訣が記された本書は私たちがあまりにも当然として気がつかなかった一面を呼び起こすのに十分な一冊です。そしてアイデア創造に欠かせないバイブル的存在になるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なが〜く読まれているのにはわけがありました。

2005/06/08 14:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:gworks - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者のヤング氏によれば、アイデアをつくる過程には、次の5段階があるという。
1.データ(資料)集め
2.データの咀嚼
3.データの組み合わせ
4.ユ−レカ(発見した!)の瞬間
5.アイデアのチェック
驚くほど薄くて読みやすいこの本は、要約してしまうとこの5段階にまとまられてしまう。それほどに単純で簡単な法則なのである。ただ、簡単な故に実践が難しい。これは極めて高度な心の訓練と地道な努力の結果生まれてくる手法だからである。
「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせである」と、いうヤング氏が到達した心理は驚くほどあたり前でありながら、実際に実行できている人はほとんどいないかも知れない。
ともすれば、段階4の「発見」のみに集中してしまう。その前過程であるデータ集めや組み合わせるというような一見地味で、時間のかかる作業をすっかり忘れている。そうしてアイデアの出てこない、使えないものしか出てこない自分の能力の無さを嘆いているばかりでは到底この5段階の習得はありえそうにも無い。やはり、「神は自らを助けるものを助ける」のである。
本書を手に取り「あっそうか」、と明日からでも実践できるひとは、すばらしいアイデアにあふれた人性を送れるに違いない

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

若いうちに読んでおくと良いと思います。

2004/11/27 11:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

 テレビ番組で紹介され、一時期話題になった本です。30分程度で読み終えられます。

 企業人が求められるアイデアとは、芸術家が求められるそれとは性質が異なると思います。画家や音楽家のアイデアは、理屈で説明がつかなくても多くの人々の琴線に触れることができれば了とされます。例えば抽象画の鑑賞のポイントは何が描いてあるかを理解するのではなく、その色使いや筆遣いをどう感じるかにあります。

 しかし企業人は言葉では語り尽くせないほど奇抜なアイデアを要求されているわけではありません。むしろ同僚や上司にみずからのアイデアが有用なものであることを、言葉を尽くして説明する責任を常に負っています。

 そのアイデアを説得力をもって提示する上で必要なのは、アイデアを裏打ちする明確なデータの収集です。だからこそ著者はアイデアのつくり方の初期段階として「資料の渉猟」を挙げています。アイデアとは「無」から生まれるような基盤のないものではないということを著者は語っています。

 常にアイデアを出している社会人はこの本に書かれている程度のことは実践しているはずです。その意味でこの本は読む人を選ぶと思います。この本を私が贈りたいと思う読者は:

1)アイデアを出すということが人生の幅を広げてくれるに違いないと漠然とでも良いから日頃から感じている高校生や大学生(ただし翻訳は必ずしも読みやすいとはいえないので、中学生以下には薦めません。)

2)普段はあまり活字を読まない、あるいは読めない社会人(「読み込む」という作業がアイデアづくりの初期段階でいかに大切かということがこの本には書かれています。)
 
3)みずからの興味の幅が狭いのではないかと感じている社会人

 裏返して言えば、普段からあらゆる分野にアンテナを張って、多種多様なことに心を震わせることの出来る柔軟性を持ちあわせている人は、この本を読む必要はないと安心して良いと思います。



このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

手軽に読める

2019/07/14 10:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

アイデアの生まれ方について、なるほどと思えるところがたくさんあり、よかったです。訳もわかりやすく、手軽に読めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アイデア創造の基本書

2018/07/13 17:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hid - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんな本があったなんて。
もっとわかいうちに知ってればよかったなあと思います。
アイデア創造の基本書と言える本ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アイデア

2017/07/14 21:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

手に持った第一印象は「薄っ!!」
でも中身はとても充実してて厚いです。
旦那が持っていたので読んでみたのですが読み物としてとても面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

携行可能なアイデアづくりの古典的良書

2002/06/30 11:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平野雅史 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、アメリカで「創造的思考に関する古典」と称されているらしい、非常にコンパクトなアイデアづくりの参考書です。もともと広告コピーライターであった筆者が、「アイデアをどのように手に入れたら良いか?」というイシューに対して答えるために書かれたものです。

 本書が提示している「つくり方」の柱は、
1.データ収集
2.データの咀嚼
3.データの組み合わせ
4.ユーレカ(発見)の瞬間
5.アイデアのチェック
という5段階の、単純明快で誰でも理解できるプロセスです。しかし、実践できている人はおそらく少ないでしょう。
 本書の利用方法としては、本書に示す上記プロセスに従いながら、クリティカルに自分の思考過程を問い質す、検証してみるというのが、私なりのお勧めであり、クリエーティブシンキングの近道と言えるのではないでしょうか?
 本当にデータを収集しているか・目先にあるデータだけで言っていないか? データを解釈しているのか? 一つのデータだけに頼って反証されるデータを揃えているか・他に考えることはないか? ユーレカに至るまで粘着力・集中力を持って思考しているか? といった具合です。

 私が出逢ったのは営業現場に身を置いていた4年前、それ以後いつも鞄に入れていますが、その当時で既に23版を数えているから、やはり古典の良書と言えそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さらっと読破

2019/10/07 14:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本好きリス - この投稿者のレビュー一覧を見る

本の厚さは1cm程度、文字も一般的な大きさなので、あっさり読み終わります。
何かを感じ取ろうとして読まないと、物足りないかもしれません。
ですが、文中の言葉を噛みしめて、意味を考えながら読むと深い内容になってます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シンプルだが的確なアドバイス

2015/03/26 17:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

この薄さにシンプルだが的確なアドバイスが詰め込まれている。 まずは情報収集、そして組み合わせることから始めてみよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/29 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/09/29 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

広告・宣伝 ランキング

広告・宣伝のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。