サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  クーリエ・ジャポンpresents あの著名人の「推薦図書」フェア ~9/28

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 実業之日本社の通販
  6. フーガはユーガ TWINS TELEPORT TALEの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 538件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/11/08
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:20cm/281p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-53732-0

紙の本

フーガはユーガ TWINS TELEPORT TALE

著者 伊坂 幸太郎 (著)

仙台市内のファミレスで、常盤優我は語り出した。双子の弟・風我のこと、決して幸せでなかった子供時代のこと、そして、彼ら兄弟だけの特別な「アレ」のことを…。不思議で、切ない、...

もっと見る

フーガはユーガ TWINS TELEPORT TALE

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

仙台市内のファミレスで、常盤優我は語り出した。双子の弟・風我のこと、決して幸せでなかった子供時代のこと、そして、彼ら兄弟だけの特別な「アレ」のことを…。不思議で、切ない、長編小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

伊坂 幸太郎

略歴
〈伊坂幸太郎〉1971年千葉県生まれ。「オーデュボンの祈り」で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。「ゴールデンスランバー」で本屋大賞および山本周五郎賞受賞。他の著書に「砂漠」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー538件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

双子

2019/02/11 21:18

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

フーガとユーガは、特殊能力を持つ双子である。その二人が、妙に泥臭いところが面白い。伊坂幸太郎さんの作品は、どれもそうだが、物語の展開が面白く、続きが気になってしまい、どんどん読んでしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読まなきゃよかった、でも読めてよかった

2019/01/08 13:18

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あきこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに読む伊坂作品は、子育て中の身にはしんどい内容でした。読み始めたことを途中で後悔もしましたが、それでも物語の続きが気になり、ページをめくる手は止まりませんでした。
「読んでよかった」と思える作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

双子って入れ替われるのー!

2020/11/24 20:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:びずん - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつまでもそんな回想をしているから、ただ単純に伊坂節を楽しんでいた。どんなに残酷な犯罪でも、伊坂さんが書くとどこか愛が見えたり、良心があるものに思えるのは、伊坂さんの中に良心がきっちりあるからか、法律を勉強人だからなのだと思う。なんて考えていたら、予想外の外をいく展開でした。好きだなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議で、切ない

2020/05/06 21:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あおたいがー - この投稿者のレビュー一覧を見る

帯に書いてあったとおり『不思議で、切ない』話でした。
双子が誕生日だけ2時間おきに入れ替わる特別な力で色々なことを実験して、色々と楽しんでいる姿が読んでいて嬉しくなるほど伝わる。
ふたりはつらい生い立ちのなか、二人でひとりのように生きていて、ふたりにしかわからない特別なことがあって。
ふたりともがずっと幸せでいて欲しかった。
ふたごはどちらも大好き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

引き込まれるクライマックス

2020/03/10 07:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:@n_tbook - この投稿者のレビュー一覧を見る

不思議な力をもった双子の話。伏線の回収は少々都合良過ぎ感もありますが、読者が「都合よくなってほしい!」と願っているときにこそそれはやってきます。必ずスカッとさせてくれる伊坂作品が大好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

双子あるある?

2019/09/28 18:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

全然「双子あるある」じゃないです、すみません。不思議な力を持った双子の復讐劇。
二人を「天使と悪魔みたい」って子供が言うところがあるんですけど、でも基本的にイイ奴らです。
何故語る気になったのか。何故相手はコイツだったのか。何故仙台なのか。新幹線の遅延まであとあと関係してくる。
久しぶりに伊坂作品読んだけど、救いようがあるのかないのか微妙なバランスが後味引くお話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

侮れない双子の力を垣間見る感じ

2019/09/23 11:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

あるある双子エピソード、と思う場面もいくつかあり…SFとはまた少し違う伊坂ワールドです。伊坂作品は陰に「いじめ」に対し追求していますね、主人公の周りがそんな境遇という事が多いのですが、暗に訴えているのを感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

繋がった双子の気持ち

2019/05/08 04:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wishkids - この投稿者のレビュー一覧を見る

双子に起きる、不思議で特別な物語なのかと思いきや、全ては、中学生時代から断続的に続く奇妙で不快な事件に迫る展開で、とてもハラハラ・ドキドキでした。不思議なファンタジーにも感じられた部分、鬼気迫る迫力のある部分と、話にメリハリがあり、読んでいて飽きない素敵な話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

支配への嫌悪

2019/02/14 15:33

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者が暴力で人を支配しようとする者への嫌悪がくっきり表れている作品。
特に主人公たちの父親が気持ちが悪い。我が子の幸せにミクロ単位の興味もなく、ただ踏みにじるだけ。
このあたりは読んでいて辛いものがあった。
それでも別作品のあの人がちらっと出て来たり伊坂ファンにはニヤリとする物語でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

そっち系やったかぁ~。

2018/12/26 21:57

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

望んでた描写のお話ではなかったけど、読む手は止まらず。



彼らが抱えさせられた闇、育てた闇、育んでしまった闇に、誰か寄り添い光を当てられたなら、また結果は違ったのかな?彼らは、拒んだ気もするけれど。



ある人物に、自分の過去について語る男。彼の物語は、現実離れしていて、受け入れがたいけど、彼の目的達成のためには、そのお話が必要だった。

わたぼこりの本名に、笑ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

不思議な双子のお話

2021/07/22 02:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くらひと - この投稿者のレビュー一覧を見る

双子の入れ替わり、と聞くとよくありそうなテーマだが、発動条件は大きな制限があり、その制限を利用した話の展開はこれぞ伊坂幸太郎。
結末は寂しい感じ。優我がワタボコリ連れて脱出、からの風我が高杉撃退、という流れでも「僕の弟は僕よりも結構、元気です」は効果的だったと思うけど、どうなんだろう。
ハルコさんハルタくんとの絡みももう少し見たかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後まで読んでよかった

2020/08/02 08:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かのま - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めて、心がだんだん重くなり、暗闇にひきずられそうになりました。救いはあるかないか、最後まで読んでもよく分かりませんが、それでも一つの結末を見届けて安心しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

双子の入れ替わり現象が引き起こすストーリー

2019/06/21 12:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:@rikkha - この投稿者のレビュー一覧を見る

双子が誕生日だけに起こる「瞬間移動」。この現象を使って兄弟にまつわる復讐を実現する物語。
私自身はこの瞬間移動という現象に現実さを感じることはできなかったものの、終盤に復讐の事実が分かった時にはとても面白く感じた。

優我と風我の正反対の性格は物語上で重要であるし、兄弟、双子しか感じられる絆のようなものがにじみわたる。

小玉、高杉、ハルコさん、ハルタくん、ワタヤホコルなど登場人物にも個性あり。

閑話休題。

伊坂幸太郎のファンであれば、読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

双子兄弟だけの特別なもの

2019/10/20 22:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなほの - この投稿者のレビュー一覧を見る

双子であるからこそ協力しあって生きていく。
双子に起きる瞬間移動!そして結末がなんとも言えない感じです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

後悔するけど、読み止められない…

2019/08/05 13:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みよし - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂幸太郎作品は苦手です。
井坂作品おなじみの、終始漂う取り返しのつかないことが起こりそうな不穏な空気や、少しずつ損なわれていく物語。
読み始めると「あぁ、そうだった…」と後悔するのですが、気になって読み止められなくなりました。そこが悔しいところです。
そして、エンディングに読後も後悔するという…。エンタメ小説のカタルシスを求める方にはおすすめできません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。