サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Barthes,Rolandの紙の本一覧

“Barthes,Roland”の紙の本一覧

1915〜80年。シェルブール生まれ。哲学者、記号学者、批評家。著書に「零度のエクリチュール」「モードの体系」など。

“Barthes,Roland”に関連する紙の本を76件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

恋愛のディスクール セミナーと未刊テクスト (叢書記号学的実践) 新刊

  • 税込価格:8,800
  • 出版社:水声社
  • 発売日:2021/10/25
  • 発送可能日:1~3日
  • フランス思想に大きな影響を与えてきた教育機関である高等研究実習院で、1974〜1976年に開講されたセミナー「恋愛のディスクール」の記録。バルトが展開した知的な作業の全体をまるごと見ることができる。【「TRC MARC」の商品解説】

    バルトの思考の生成過程がここに!
    大学の官僚主義や順応主義を逃れ、フランス思想に大きな影響を与えてきた、コスモポリタン的な教育機関である高...

恋愛のディスクール・断章 新装版

  • 評価2.0レビュー:1件
  • 税込価格:4,950
  • 出版社:みすず書房
  • 発売日:2020/11/05
  • 発送可能日:1~3日
  • 恋する主体である「私」が自身の経験をはじめ、友人との会話、オペラや歌曲、ラカン、ニーチェなどの文学作品を引用しつつ、複雑微妙な恋愛の諸相を分析。その内的宇宙を開示する。【「TRC MARC」の商品解説】

    「恋するわたしは狂っている。そう言えるわたしは狂っていない。わたしは自分のイメージを二分しているのだ。自分の眼にわたしは気のふれたものと映る(わたしは自分の錯乱のなんたるかを...

物語の構造分析

明るい部屋 写真についての覚書 新装

  • 評価4.1レビュー:24件
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:みすず書房
  • 発売日:1997/06/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 現象学的な方法によって、写真の本質・ノエマ(それはかつてあった)を明証しようとした写真論。私事について語ることの少なかったバルトが、直接的に母の死について触れると同時に、写真の核心に迫った彼のイメージ論の決算。【「TRC MARC」の商品解説】

テクストの楽しみ

  • 評価5.0
  • 税込価格:3,300
  • 出版社:みすず書房
  • 発売日:2017/01/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 46の断章から編まれた、“身体の思考”によるロマネスク。理論から自伝への回帰を徴づけた、「制度としての作者は死んだ」「テクストは織物である」などの断言でよく知られるバルト後期の代表作の新訳。【「TRC MARC」の商品解説】

    「楽しみのテクスト――満足させ、満たし、幸福感を与えるもの。文明からやって来て、文明と決裂することなく、読書の心地よい実践とむすばれるもの」

零度のエクリチュール 新版

  • 評価4.3レビュー:6件
  • 税込価格:2,640
  • 出版社:みすず書房
  • 発行年月:2008.4
  • 発送可能日:1~3日
  • バルトの著作の中でも最も読みにくい本である「零度のエクリチュール」。無名の批評家を一躍フランス文学界に登場させた書物の生成過程を明らかにし、精妙な註を付した新訳。【「TRC MARC」の商品解説】

ロラン・バルト講義集成 3 小説の準備

  • 評価3.5レビュー:2件
  • 税込価格:9,680
  • 出版社:筑摩書房
  • 発行年月:2006.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 最晩年にコレージュ・ド・フランスで行った講義のためのノートを全3巻に集成。第3巻では、俳句やプルーストについてなど、「書く」という営為、文学と書物の深層を照射する、バルト最後の思索の光芒を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

ロラン・バルト講義集成 2 〈中性〉について

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:5,720
  • 出版社:筑摩書房
  • 発行年月:2006.6
  • 発送可能日:1~3日
  • 最晩年にコレージュ・ド・フランスで行った講義のためのノートを全3巻に集成。第2巻では西洋思想から東洋思想におよぶ〈知〉を動員し、あらゆる対立関係を逃れるもの=〈中性〉の光と影を浮き彫りにする。【「TRC MARC」の商品解説】

エクリチュールの零度 (ちくま学芸文庫)

  • 評価3.5レビュー:4件
  • 税込価格:1,100
  • 出版社:筑摩書房
  • 発行年月:1999.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 〔「零度の文学」(現代思潮社 1965年刊)の改題改訳〕【「TRC MARC」の商品解説】

神話作用

声のきめ インタビュー集1962−1980

  • 税込価格:6,600
  • 出版社:みすず書房
  • 発売日:2018/07/18
  • 発送可能日:1~3日
  • 現代思想に影響を与えたフランスの批評家・思想家、ロラン・バルト。「零度のエクリチュール」から「明るい部屋」までの自著をはじめ、映画、小説、批評、恋愛、快楽について語ったインタビュー集。【「TRC MARC」の商品解説】

    「ぞんざいな言い方をすれば、インタビューは逃れることのできない社会的なゲームの一部を成しているのであり、あるいはもっと真剣な言い方をすれば、一方では作家と、他...

ロラン・バルトによるロラン・バルト

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:5,280
  • 出版社:みすず書房
  • 発売日:2018/05/17
  • 発送可能日:1~3日
  • ロラン・バルトが自分の子供時代や過去の著作、現在のできごとや日々の考えなど、「作者」である自分自身について率直に語る。写真と断章という新しい形式による間接的な知的自伝作品の新訳。【「TRC MARC」の商品解説】

    「彼は、自分自身のいかなる〈イメージ〉にも耐えられないし、名づけられることを苦痛に感じている。理想的な人間関係というのはイメージのないことだと彼は思っている。つまり...

ロラン・バルト著作集 8 断章としての身体

  • 税込価格:7,040
  • 出版社:みすず書房
  • 発売日:2017/09/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 1971〜74年、「作者の回帰」を主張し、身体の概念や独自の断章形式を開花させたバルト。ロマネスクの道を邁進した知的変貌の時期の論考や対談、インタビューなど全23編を収録する。著作集完結。【「TRC MARC」の商品解説】

     1971年に出された『サド、フーリエ、ロヨラ』の「序文」は、『記号の国』でかいま見せたロマネスクの手法を明言し実践するものであった。「わたし」を用いて語...

ロラン・バルトモード論集 (ちくま学芸文庫)

零度の文学

  • 税込価格:2,200
  • 出版社:現代思潮社
  • 発行年月:1965
  • 発送可能日:1~3日

ロラン・バルト著作集 9 ロマネスクの誘惑

  • 評価3.5レビュー:1件
  • 税込価格:5,720
  • 出版社:みすず書房
  • 発行年月:2006.12
  • 発送可能日:1~3日
  • 「ロマネスク」と芸術論が中心的な主題として鮮明な輪郭をみせてゆくバルト。自著の書評「バルトの三乗」、ソール・スタインバーグ論「オール・イクセプト・ユー」など、写真論や絵画論、インタビュー41篇を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

批評と真実

  • 評価4.0レビュー:4件
  • 税込価格:2,750
  • 出版社:みすず書房
  • 発行年月:2006.8
  • 発送可能日:1~3日
  • そもそも、今日において批評は何を探求すべきか? 文学の科学、文芸批評、そして読書。新批評に対する攻撃への反批判として書かれながら、作品の意味作用をめぐる「批評原論」となった、バルトの小さな主著。【「TRC MARC」の商品解説】

映像の修辞学 (ちくま学芸文庫)

新=批評的エッセー 構造からテクストへ 新装

  • 評価4.0
  • 税込価格:3,190
  • 出版社:みすず書房
  • 発行年月:1999.11
  • 発送可能日:1~3日
  • バルト的批評における新たな方向、「批評のディスクール」から「読書としてのエクリチュール」ヘ、「構造分析」から「テクスト分析」への進化という文学的軌跡が集約・反映されたエッセー集。77年刊の新装。【「TRC MARC」の商品解説】

エッフェル塔 (ちくま学芸文庫)

表徴の帝国 (ちくま学芸文庫)

小さな神話

  • 評価5.0
  • 税込価格:2,350
  • 出版社:青土社
  • 発行年月:1996.6
  • 発送可能日:7~21日
  • スキャンダル、映画、植民地、女性の労働、文学者会議、OA機器…。現代フランスの政治・行政・文化体制をつくりあげた見えざる文化記号=神話を摘出し、現代社会を規定しつづける神話作用を暴く。【「TRC MARC」の商品解説】

モードの体系 その言語表現による記号学的分析

  • 評価5.0
  • 税込価格:8,140
  • 出版社:みすず書房
  • 発売日:1972/01/01
  • 発送可能日:1~3日

ロラン・バルト講義集成 1 いかにしてともに生きるか

  • 評価3.7レビュー:2件
  • 税込価格:4,950
  • 出版社:筑摩書房
  • 発行年月:2006.3
  • 発送可能日:要確認
  • 最晩年にコレージュ・ド・フランスで行った講義のためのノートを全3巻に集成。第1巻では、多彩なテクストの分析をとおして、「ともに生きること」が主体にもたらす経験の多様性とその意味の解明を行う。【「TRC MARC」の商品解説】

文学の記号学 コレージュ・ド・フランス開講講義 新装

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,640
  • 出版社:みすず書房
  • 発行年月:1998.10
  • 発送可能日:要確認
  • ヴァレリーやメルロー=ポンティなどの名で知られるコレージュ・ド・フランスに迎えられたロラン・バルトが、自らの思想と立場を表明すると共に、記号学の未来を展望した開講講義を収める。【「TRC MARC」の商品解説】

喪の日記 新装版

  • 評価4.4レビュー:4件
  • 税込価格:3,960
  • 出版社:みすず書房
  • 発売日:2015/12/12
  • 発送可能日:要確認
  • 最愛の母の死から書きはじめた、2年近くにおよぶ日記。最晩年のバルトがのこした苦悩の刻跡にして、愛するひとを失った者が「新たな生」をはじめようとする懸命の物語を、精細な註と解説を付して収録。【「TRC MARC」の商品解説】

ロラン・バルト中国旅行ノート (ちくま学芸文庫)

喪の日記

  • 評価4.5レビュー:6件
  • 税込価格:3,630
  • 出版社:みすず書房
  • 発行年月:2009.12
  • 発送可能日:要確認
  • 最愛の母の死から書きはじめた、2年近くにおよぶ日記。最晩年のバルトがのこした苦悩の刻跡にして、愛するひとを失った者が「新たな生」をはじめようとする懸命の物語を、精細な註と解説を付して収録。【「TRC MARC」の商品解説】

サド,フーリエ,ロヨラ

  • 税込価格:3,300
  • 出版社:みすず書房
  • 発行年月:1975
  • 発送可能日:要確認

表徴の帝国 (創造の小径)

  • 税込価格:4,730
  • 出版社:新潮社
  • 発行年月:1974
  • 発送可能日:要確認
検索結果 76 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。