サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 小説・文学
  4. ゾクっとする
  5. 新しいホラーの形!?背筋に突き刺さる独特の恐怖を感じる本

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

新しいホラーの形!?背筋に突き刺さる独特の恐怖を感じる本

幽霊や妖怪、殺人鬼だけが恐怖の形ではありません。むしろ本当に恐ろしいものは、想像もつかないような姿形をしていたり、一見すると楽しげな表情をしていたり、あるいは日常生活の隙間にひそんでいたりします。既成概念から遠くかけ離れた、それでいて心臓を直撃するような畏怖。そんな新しい形のホラーを感じる本です。

12
お気に入り
2827
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • ほしい本に追加

    研究者の男性が、悪臭を放つ粘性の生き物「ヌメリヒトモドキ」を利用して、亡き妻をよみがえらせようと試みる物語。生理的嫌悪感をダイレクトに刺激するような、濃密な描写は唯一無二。愛情がパラノイア(偏執病)へと変貌していくさまや、緻密に計算された悲劇的な結末、何層にも重なる色味の違った恐怖が、絶え間なく読者を襲い続けます。

  • なぜ院長は「逃亡犯」にされたのか 見捨てられた原発直下「双葉病院」恐怖の7日間

    オンライン書店e-honとは

    e-hon

    hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
    「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
    ・まだe-honの会員ではない方
    下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
    ・既にe-honをご利用いただいている方
    「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

    e-honで紙の本を探す

    ※外部サイトに移動します。

    なぜ院長は「逃亡犯」にされたのか 見捨てられた原発直下「双葉病院」恐怖の7日間

    森 功(著)

    原発事故の直下、逃亡犯の汚名を被る「双葉病院」に起こったノンフィクション作品。放射線だらけの被災地、「患者を見殺しに」という虚偽の報道、医療スタッフの乗用車を乗り逃げた自衛隊隊員。そして何より、それらがすべて現実であるということ。災害を軸に描かれた絶望的な本著には、創作とは一線を画す恐怖があります。

  • ほしい本に追加

    戦前の日本を舞台としたエログロが多彩な作品。特筆すべきは、原始的な暴力描写の数々です。獰猛さを突き詰めた「河童」と、11歳にして195cmの巨体を誇る「雷太」の、悪辣な暴力の数々。法制度が完成され、治安が整備された現代社会においては相対することのない剥き出しの暴力に、本能的な恐怖を突き付けられます。

  • ほしい本に追加

    実際に起こった殺傷事件の加害者の直筆。凶悪犯の思想や思考を垣間見ることができ、そして凶悪事件が日常性をはらんでいることを示しています。人はどういう過程を経て、人を殺すのか。出版自体に賛否の声が挙がった問題作ですが、残忍な犯罪は決して遠い世界の話ではないという戦慄を、あらためて実感させられます。

  • ほしい本に追加

    自分の好きな映画や音楽に、実は政治的な意図が隠されていたとしたら??政治的な宣伝を目的とした「プロパガンダ」の多くが、娯楽・芸術の仮面を被って人々に近づき、浸透していることが本書に記されています。「知らないうちに操られている」という恐れが日常に潜むことを知れば、猜疑心を植え付けられること間違いありません。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。