サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

日本が世界に誇る?私小説という日本文学の伝統とその洗練がわかる本

日本文学における主流を形成してきたジャンルの一つが「私小説」です。作家が自らの私生活をネタに小説を書く。しかしこんなジャンル、世界を見渡してもなかなかありません。私小説は日本で独特の進化をとげてきたのです。ここで取り上げた新旧の私小説を読めば、日本の私小説のバリエーションの豊富さを知ることができるでしょう。

4
お気に入り
1289
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 近代日本文学の黎明期を飾る私小説といえば「蒲団」です。作家志望の美しい女性を弟子として住まわせた著者が、彼女の寝ていた蒲団に顔をうずめて匂いを嗅ぐシーンはあまりにも有名。私小説の系譜はここから始まった、といっても過言ではありません。過激はさらなる過激を求め、以後、私小説は多くの追随者を生みます。

  • 著者・島尾敏雄のたび重なる浮気への嫉妬に狂った妻と、そんな両親に振り回される2人の子どもたちとの滅茶苦茶な暮らしを詳細に綴った一冊です。内容は壮絶。しかし、過激なだけではありません。本書が傑作たるゆえん一つは、過酷な状況下でさえユーモラスに振る舞う子どもたちが生き生きと描かれていることだといえるでしょう。

  • 「田紳有楽」は、私小説が極まった結果、こんな幻想世界にたどり着いてしまった・・・と思える小説です。語り手を取り巻く日常がいつの間にか非日常へと移行し、陶器や菩薩が語り始めます。そこでは常識と人知を超えた世界を垣間見ることができます。この世界の豊かさを知るには、本書そのものを読むしかありません。

  • 本作の登場人物はみな「鳥」や「火見子」など、奇妙な名をもっています。しかし作中で描かれている交友関係や、脳に障害のある子をもつ経験などは、多くの部分が事実に基づいているのです。以後の大江作品にも共通する、どこまでがフィクションかわからない私小説。その作風は事実と虚構の区別を超え、独特のリアリティを備えています。

  • 職を転々とし、酒を浴びるように飲み、なけなしの金で風俗へ行く。そんな荒んだ私生活をただ晒せばいい・・・ということでなく、いかに見せるかを計算し尽くした、私小説の洗練の極みがここにあります。その秀逸な語り口はまるで、よくできた落語を聞いているかのようです。作中で描かれる陰惨な状況にも、思わず笑ってしまいます。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。