サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

残された死者の声を聞く。法医学にまつわるミステリー

死体のさまざまな痕跡から死の理由を導き出し、死者の生前の意思や最後の決意など、いわば「残された死者の声」を聞くのが法医学です。ここでは法医学が鍵になるミステリーを紹介します。死体にメスを入れる行為を否定的にとらえられることもありますが、遺体に深い敬意と愛情をもって「死者の声」を聞こうとする信念と情熱に胸打たれることでしょう。

7
お気に入り
3062
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 法医学鑑定30年以上の経験をもとにした、元監察医によるノンフィクションです。死体に残された痕跡から真摯に「死者の声」を聞き、さまざまな角度から死の理由を探り出します。日本ではタブー視されていた「死体」について語る契機にもなった一冊。発表からすでに30年近く経過しましたが、遺体への敬意と愛情に満ちた名著です。

  • アメリカの法医学をもとにした大人気ミステリーシリーズの第1弾です。『死体は語る』と同時期の発表で、比較して読むとアメリカと日本の司法解剖に対する考え方の違いがよくわかります。数多くの死体を解剖してきた主人公の『私が恐れているのは、生きている人間だ』というセリフが、ずっしりと響いてきます。

  • 「臨場」とは、警察組織が事件現場で初動捜査に当たることを言います。そして、豊富な法医学の知識と捜査経験をもち、死体の検視を行う警察官が検視官です。彼らは死体だけではなく、置かれた状況をも調査して「死者の声」をあぶり出していきます。ほんのわずかな証拠から死の理由が明らかになる、テンポよいストーリー展開が心地よい短編集です。

  • 単位が足りず、死体と向き合う覚悟もないまま法医学教室に入った研修医・栂野真琴。しかし法医学の権威・光崎教授の信念に触れ、さまざまなケースを通じてその興味深さや奥深さにのめり込んでいきます。法医学への情熱をもって成長していく真琴の姿がみずみずしく、法医学ミステリーが初めてという人にも読みやすい一冊です。

  • ミステリーにオカルト要素が加味されたややホラーよりの一冊です。著者自身が法医学教室に在籍し、監察医を勤めていたというだけあって、解剖の詳細さや臨場感は群を抜いています。ライトな文体で読みやすく、各章ごとに挿入される「飯食う人々」もおもしろい。少し変わった法医学ものに触れてみたいという方にオススメです。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。