サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

二つのジャンルが掛け合わさったら!?「和風ファンタジー×ミステリー」小説

どこか昔の日本に似ている雰囲気だけど、現実にはありえないモノが存在する世界。そんな和風なファンタジー世界を描いた小説では魔法、妖怪などが出てきて、冒険物語になることが多いものです。だけどここでは、「和風ファンタジー×ミステリー」というちょっと変わった小説を紹介します。どちらかのジャンルが好きな方はハマってしまうはずです。

41
お気に入り
3356
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 人の代わりに八咫烏が治める世界「山内」が舞台。大貴族である東家の二の姫・あせびは、世継ぎである若宮の后候補の一人として宮廷へ向かいます。しかし宮廷では侍女の怪死や謎の侵入者、行方不明の手紙など不可解な事件が起こり・・・。華やかな雰囲気の裏に、ミステリーの醍醐味が隠されている小説です。

  • 近未来の日本の一部に、江戸時代の暮らしを続ける「江戸国」が作られます。江戸国で生まれながら5歳の時に日本へ出国した辰次郎は、とある事情から不治の病「鬼赤痢」が流行している江戸国へ戻りました。彼は病の唯一の生存者であり、病の発生源の手掛かりとなる人物だったのです。時代劇とともに医療ミステリーを楽しめます。

  • 銀山を抱える猫間藩では、一部の人間が藩の利益を貪っていました。そんななか、猫間藩と江戸の下屋敷で首なし死体が次々と見つかり、それらが昔から伝わるわらべ歌の歌詞になぞらえた殺人事件だと発覚しました。密室殺人と見立て殺人というミステリーでお決まりの設定だけでなく、愉快な文学談義や社会風刺を含んだ一冊です。

  • 源氏物語を執筆している主・藤原香子と彼女に仕える阿手木が、朝廷や都で起きた事件に挑む推理小説です。行方不明になった帝ご寵愛の猫の行方や謎の笛の音の正体、源氏物語の一巻である「かかやく日の宮」を闇に葬り去った犯人などを香子こと紫式部が鮮やかに解決します。「平安時代版ホームズとワトソン」の物語といえるでしょう。

  • 沙維の国の天山で巫女として修行していたソニンは、才能がなかったため家族のもとに帰されます。しかし、ひょんなことから口の聞けない王子・イウォルに仕えることに。宮廷で勤め始めたソニンは権力をめぐる陰謀に巻き込まれ、王子たちの命も危なくなってしまいます。陰謀渦巻く宮廷で真実を追う少女の成長物語です。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。