サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto広報担当 土佐勝彦ブックキュレーターhonto広報担当 土佐勝彦

誰が正しい?同一の出来事を異なる方向から眺めると真相が見えてくる本

事件を解決するための視点は一つではありません。一見辻褄が合っているような証言や状況でも違った角度から見ると新たな事実が発見されることも・・・。誰が真実を語り誰が嘘をついているのか、はたまた真実と思い込み語っているのか・・・。著者の狙いをアナタは見破ることができますか?

23
お気に入り
830
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 老舗旅館の一人娘と結婚し、経営再建を担う経営者が従業員6名によって殺害された事件。日頃の鬱積が積み重ねられ、突発的に芽生えた殺意に従業員たちはつき動かされた?逮捕された容疑者達の供述を集約すると一見筋が通っていそうだが・・・。各人の発言の裏に隠れた真の仕掛け人は誰なのか?ラストの供述にドッキリです。

  • 藪の中で見つかった男の刺殺体。犯人は誰なのか?捜査が始まり死んだ男の妻や妻に一目ぼれしていた男、死んだ男の霊から話を聞いていくが・・・。三者の話は一見筋が通っており誰が正しく、誰が嘘をついているのかがわからない。一体何が真実なのかモヤモヤしますが、結局「藪の中」です。

  • 巨大小惑星ダイスが地球に接近し人々は人類滅亡の可能性に怯える。終末思想がはびこる最中に最愛の姉を殺害された弟が真相究明に立ち上がる。タイムリミットは5日間。姉の友人、恋人らしき男、ゼミの教授などの話を聞くが筋が通っている。関係者が次々と消されていく中で最後にたどり着いた意外な真実とは?

  • 伝統ある私立女子校の卒業生が謎の連続死を遂げていく。昔から学校に伝わる「お仕置き」の噂を裏付けるような被害者に届く「六月三十一日」開催の同窓会案内状。OGの弁護士が事件を追い、被害者周辺の証言を明らかにしていく中で容疑者が浮かび上がるが・・・。愛憎渦巻く女の園に隠された秘密とは?

  • かつて村で起きた小さい少年一人が助かった一家五人殺人事件。事件を題材とした作品を書いた大学教授のゼミ員たちが村を訪問した時、事件当時と同様に見知らぬ男が彼らに襲い掛かる。男の正体は?彼らは助かるのか?事件後に関係者の証言を集めていくと、かつての事件も含めた意外な真実が浮かび上がる。

honto広報担当 土佐勝彦

ブックキュレーター

honto広報担当 土佐勝彦

hontoの広報として、ニュースリリースや取材・イベント対応に従事。家に本がある環境に育ち、小学生の時に読み始めた日本文学全集のおもしろさにはまり乱読を開始する。その後通学・通勤時間を利用して歴史小説やミステリーに凝る傍ら、コミック誌にもくまなく手を伸ばす生活に。現在は暇さえあればコミックを電子書籍で、小説を文庫本でというスタイルで乱読を継続中。登山の友として本を持参するものの疲れて読まずじまいに多々陥る。好きな作家は司馬遼太郎と安部公房。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。