サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

 【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 美味しい!を読む ポイント5倍キャンペーン(~9/25)

 【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 美味しい!を読む ポイント5倍キャンペーン(~9/25)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

作家 赤神諒ブックキュレーター作家 赤神諒

この夏 世界をひとつ 手に入れよう ~歴史群像劇から組織を学べ

多忙な現代人は、短いものを重宝しすぎではないか。しかし、1泊2日の小旅行と、ひと月の長旅で得られるものは、質が違う。同様に、シリーズ長編だからこそ描ける人間関係、組織論、世界観があり、得られる感動がある。多数の登場人物が重層的に紡ぎ出す長大な歴史群像劇は、深みのある世界観を提供してくれる。未読ならこの夏、一気読みを。

24
お気に入り
1771
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 竜馬がゆく(一)
    竜馬がゆく(一)
    ポイント40倍

    幕末史からは言わずと知れた国民的傑作を。若い頃の僕は、年末年始に必ず一から読み直して、日本史上最高の英雄から元気をもらっていた。西郷隆盛、勝海舟、桂小五郎・・・竜馬は名高い幕末の志士たちと魂の邂逅をしている。読了すれば、幕末の世界が見えているはずだ。未読なら、あなたは人生を損している。

  • スペースオペラからひとつ。根強いファンを持つ、大銀河を舞台に繰り広げられる群雄たちの叙事詩は、シビアな現実を、たとえば民主主義の限界を読者に突きつける。架空の英雄たちの誰を好むかは読者によって大きく異なる。ちなみに僕はヤン・ウェンリーの大ファンだ。銀英伝ファンの共通言語をマスターしよう。

  • 西洋史からは「リチャード二世」から「ヘンリー八世」まで続く一連の英国史劇を。世界史上最高の劇作家が繰り出す珠玉のセリフを楽しみながら、約200年に及ぶ大河ドラマに浸ることができる。フランス最高のストーリーテラー、大デュマが送る歴史長編『ダルタニャン物語』も秀逸なのだが、入手困難。

  • 中国史からは無数の男女が彩る魏呉蜀三国の興亡を。泣いて馬謖を斬る、死せる孔明生ける仲達を走らす・・・。その後の歴史でたびたび語り継がれてきた名場面の数々を味わわずして、一生を終えるのはもったいない。日本人には英雄の名前や地名を漢字で読める特権がある。なぜ猫も杓子も三国志ファンなのか、理解できるはず。

  • 戦国史からは≪大友サーガ≫を。九州六カ国を制した大友家の栄枯盛衰は、平家物語にも匹敵する。第4弾の本作は、下半身不随ながら最強武将ともされる主人公戸次鑑連の凄絶な前半生を描く。史実を題材に忠義と裏切り、謀略、献身、自己犠牲、愛憎、友情などが織りなす人間模様を描いてゆく歴史エンタメ大河小説、開幕。

作家 赤神諒

ブックキュレーター

作家 赤神諒

自称、悲劇作家。「泣ける小説」を理想とする。1972年京都市生まれ。1996年弁護士登録。私立大学教員、法学博士。2017年「義と愛と」(「大友二階崩れ」に改題)で、第9回日経小説大賞を受賞して作家デビュー。ホラーと官能小説以外なら執筆OKと豪語するも、さしあたり歴史小説に注力中。「二刀流作家の時間管理」などのテーマで講演も行う。作品に『大友の聖将』『大友落月記』『戦神』『妙麟』など≪大友サーガ≫と呼ばれる歴史群像劇のほか、『酔象の流儀 朝倉盛衰記』『神遊の城』などがある。スランプ時に乱読する傾向あり。赤神諒のほめブロ。https://ameblo.jp/ryo-akagami

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。