サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

独自のテーマと自由な選書でブックツリーを生み出すブックキュレーター

連載ブックキュレーター

ユニークなテーマで複数のブックツリーを展開するブックキュレーター

藤岡みなみ

藤岡みなみ

ふじおかみなみ / タレント

1988年生まれ。上智大学総合人間科学部社会学科在学中からタレント、エッセイストなどとして活動。2015年ラジオ番組表好きなDJランキングAM部門第1位。本屋に住むのが夢で自宅を書店のような空間にすべく少しずつ改装中。特に好きなジャンルは日常SF、ノンフィクションなど。著書に『藤岡みなみの穴場ハンターが行く!in北海道』(北海道新聞社)、『シャプラニール流 人生を変える働き方』(エスプレ)がある。

藤岡みなみ 一覧を見る

つづきを見る

しろくろつけないパンダ書店

こんな人生があったのか!こんな気持ちがあったのか!
いつも新たな扉を開いてくれる本の世界に飛び込んで、白と黒のあいだの無限のグラデーションを見にいきましょう。

哲学読書室

哲学読書室

てつがくどくしょしつ

知の更新へと向かう終わりなき対話のための、人文書編集者と若手研究者の連携による開放アカウント。コーディネーターは小林浩(月曜社取締役)が務めます。アイコンはエティエンヌ・ルイ・ブレ(1728-1799)による有名な「ニュートン記念堂」より。

哲学読書室 一覧を見る

つづきを見る

今の時代に、敢えて踏み込む思索の森

正解を性急に探すより、逡巡し逍遥する道を。声高に即効を競うより、悩みつつ掘り進む道を。哲学読書室が贈る、気鋭のそして選りすぐりの選者たちによる、必ず滋養となる本の数々。

Pick upブックキュレーター

新規・人気のブックキュレーター一覧を見る

高田明

たかたあきら / ジャパネットたかた創業者

A and Live代表取締役。1948年長崎県生まれ。大阪経済大学卒業後、阪村機械製作所に入社。74年「カメラのたかた」に入社。86年に分離独立して「株式会社たかた」を設立。90年からラジオ、94年にはテレビショッピング、その後紙媒体やインターネット通販事業に参入。99年「株式会社ジャパネットたかた」に社名変更。2015年、同社代表取締役を退任。2016年にはMCとしての番組出演も「卒業」。現在は地方創生への想いから「おさんぽジャパネット」にのみ出演している。2017年、初の自著『伝えることから始めよう』を出版。4月にはサッカーJ2クラブチーム「V・ファーレン長崎」の代表取締役社長に就任。

横森理香

よこもりりか / 作家・エッセイスト

1963年山梨県生まれ。多摩美術大学卒。現代女性をリアルに描いた小説と、女性を応援するエッセイに定評があり、『40代・お年頃女子のための”お年頃”読本』がベストセラーとなる。代表作『ぼぎちんバブル純愛物語』はバブル時代を描いた唯一の小説と評され、アメリカなど四か国で翻訳出版されている。近著に『コーネンキなんてこわくない』。公式ホームページ http://yokomori-rika.net/

尾崎世界観

おざきせかいかん / ミュージシャン・作家

一九八四年、東京生まれ。二〇〇一年結成のロックバンド「クリープハイプ」のヴォーカル、ギター。多くの人から言われる「世界観が」という曖昧な評価に疑問を感じ、自ら尾崎世界観と名乗るようになる。一二年、アルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビューし、日本武道館公演を行うなど、シーンを牽引する存在に。男女それぞれの視点で描かれる日常と恋愛、押韻などの言葉遊び、そして比喩表現を用いた文学的な歌詞は、高く評価され、独自の輝きを放っている。処女小説『祐介』は、読書芸人大賞を受賞し、ベストセラーとなった。

music book cafe

みゅーじっくぶっくかふぇ

「音楽と本」をテーマにかかげて2017年4月にスタート、毎週水曜20時から選りすぐりの音楽書をご紹介しているFM番組が《music book cafe》です。注目の新刊書籍の著者をスタジオにお招きしたり、ミュージシャンに愛読書を薦めていただいたり、ほかにも音楽と本を巡る耳寄りの情報をお届けしています。全国約60のローカルFM局で放送中。公式サイトはこちら

坂本政謙

さかもとまさのり / 岩波書店 編集者

石油会社をへて、現在は岩波書店の編集者です。編集・企画にかかわった書籍は、いつのまにか200を超えました。いまは岩波のPR誌『図書』の編集が中心。64頁という小冊子ですが、月刊誌なので毎月いろんなことに追われて四苦八苦しています。それでも成仏できず、未だに本もつくったりします。いろいろな。

原田真弓

はらだまゆみ / ひぐらし文庫 店主

新刊と古書を扱う本屋。現在は製本の勉強のため、通信販売のみ営業。紙の本、電子書籍に関わらず、購入する本、借りる本、本を取り巻くすべての環境に魅力と可能性を感じており、2017年4月に、書店経験を活かした、電子書籍をもっと愉しめるサイト「DIGITAL&PRINT BOOK CENTER」を立ち上げる。紙の本の魅力を伝えるページも制作予定。サイト:higurasibooks.wixsite.com/dpbookcenter

佐々木圭一

ささきけいいち / コピーライター・作詞家

上智大学大学院を卒業後、株式会社博報堂入社。のちに書籍『スティーブ・ジョブス』に登場する伝説のクリエーター、リー・クロウのもと米国で2年間インターナショナルな仕事に従事。日本人初、米国の広告賞「One Show Design」でゴールドを獲得(Mr.Children)。アジア初、6ヵ国歌姫プロジェクト実施(アジエンス)。アジアで最も成功したと評価されAIMアワードグランプリを獲得。カンヌ国際クリエイティブアワードにて、計6つのライオンを獲得、Ad Festでゴールド賞を2つ獲得するなど、合計55のアワードを入賞受賞。郷ひろみ・Chemistryの作詞家として、アルバムオリコン1位を2度獲得。2014年、クリエイティブ ブティック「ウゴカス」を設立。日本のコミュニケーション能力をベースアップさせることを、ライフワークとしている。著書に『伝え方が9割』シリーズがある。

松田哲夫

まつだてつお / 編集者・筑摩書房顧問

編集者(筑摩書房顧問)。書評家。1947年東京生まれ。筑摩書房の書籍編集者として400冊以上の本を編集。『逃走論』、『ちくま文学の森』、『路上観察学入門』、『老人力』、『包帯クラブ』などのベストセラーを生み、「ちくま文庫」、「ちくまプリマー新書」を創刊する。TBS系テレビ「王様のブランチ」コメンテーターを12年半、NHK「ラジオ深夜便」書評コーナーを8年間担当し、1000冊以上の本を紹介してきた。著書に『編集狂時代』、『印刷に恋して』、『「本」に恋して』、『縁もたけなわ』など。個人編集の『中学生までに読んでおきたい日本文学』や、池内紀、川本三郎と共同編集の『日本文学 100年の名作』などのアンソロジーも好評。

サンキュータツオ

さんきゅーたつお / お笑い芸人・日本語学者

1976年東京生まれ。お笑い芸人、日本語学者。オフィス北野所属。お笑いコンビ「米粒写経」として活躍する一方、一橋大学、早稲田大学、成城大学で非常勤講師もつとめる。早稲田大学第一文学部卒業後、早稲田大学大学院文学研究科日本語日本文化専攻博士後期課程修了。文学修士。日本初の学者芸人。ラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」「東京ポッド許可局」などのレギュラー出演のほか、雑誌連載も多数。著書に『学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方』、『俺たちのBL論』(春日太一との共著書)など。本ブックツリーのテーマでもある、研究者たちの知られざる奮闘を描いた著作『ヘンな論文』、『もっとヘンな論文』が大好評発売中。

碧野圭

あおのけい / 作家

1959年愛知県名古屋市出身。東京学芸大学教育学部卒。フリーライター、出版社勤務などを経て、2006年『辞めない理由』で作家デビュー。代表作「書店ガール」シリーズは2014年静岡書店大賞・映像化したい文庫部門で大賞を受賞。2015年4月から「戦う!書店ガール」のタイトルでドラマ化された。ほかの著書にフィギュアスケート小説「銀盤のトレース」シリーズ、日常ミステリ「菜の花食堂のささやかな事件簿」シリーズなどがある。

中嶋愛

なかじまあい / プレジデント社

新聞記者、雑誌編集者を経て書籍編集者に。経済・ビジネスから実用まで主にノンフィクションジャンルの本を手がけている。2014年にビジネス大賞を受賞した『ワーク・シフト』(リンダ・グラットン著)、をはじめ、担当した本は『哲学用語図鑑』(田中哲人著)、『年収は「住むところ」で決まる』(エンリコ・モレッティ著)、『がんが自然に治る生き方』(ケリー・ターナー著)、『諦める力』(為末大著)、『疲れない脳をつくる生活習慣』(石川善樹著)、『戦略読書日記』(楠木建著)、『チャーチル・ファクター』(ボリス・ジョンソン著)など70冊以上。スタンフォード大学大学院国際政策プログラム修了。

長塚奈央

ながつかなお / フォトグラファー・記者

1973年東京生まれ。学習院大学文学部フランス文学科卒業ののち、パルコブックセンター本部勤務を経てカメラマンに転身。書籍や雑誌を中心に料理や雑貨、インテリアの撮影を多数手掛けるほか、カメラ学校の講師などもつとめる。著書に自ら旅し、食のシーンから街の空気を写真と文章で綴った「上海口福案内」がある。近年は撮影の傍ら、地域に密着したWebニュースの記者として積極的な取材活動も行っている。日常からあっという間に非日常へとワープできる本と映画、舞台が生活に必要不可欠。