サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規会員70%OFFクーポン

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 2,348件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2011/06/03
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-135551-1
一般書

向日葵の咲かない夏

著者 道尾秀介 (著)

夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えて...

もっと見る

向日葵の咲かない夏

税込 693 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 642.0KB
Android XMDF 642.0KB
Win XMDF 641.8KB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。

掲載中の特集

ホラー小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店那覇店

この作品は突然、同級...

ジュンク堂書店那覇店さん

この作品は突然、同級生が首を吊って死んでいたことから始まる。
その後死体が消えてしまう。
ありきたりなミステリーと思いきや、違った道夫秀介ワールドが
出ていて、非常に読みやすかったです。

直木賞を受賞した道夫秀介。是非一読を。

那覇店 文庫担当 宮里

みんなのレビュー2,348件

みんなの評価3.4

評価内訳

誰だって、自分の物語の中にいる

2011/05/11 09:49

14人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:道楽猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

だ、騙された……。
向日葵というタイトルに騙された。
向日葵には、真夏に凛と上を向いて咲く、元気な花というイメージがあるのだもの。
よもやこんなダークでホラーなお話だとは。
そう思って改めて見返せば「咲かない」なのだよね。そうか、咲かないのか(しょんぼり)。
しかしよくよく考えれば、向日葵って結構怖いかも。特にあのデカイほう。
あれも何かの生まれ変わりなのかもね。たとえば、日の目を見たかと思えばすぐに死んじゃった生き物とか。

向日葵は金の油を身にあびてゆらりと高し日のちひささよ(前田夕暮)

どっしりじゃなくゆら~りだもんね、結構ホラーだよ。
という主旨の感想を、この短歌について書いたら、「それは間違っている」と国語教師にさくっと斬ってすてられたなぁ。ああ、遠き高校生時代。

それはともかく。
冒頭からして、相当怖いのだこれ。
夏休み前の終業式の日。学校を休んだS君の家に、担任に頼まれ、学校から配布されたプリントを持って行ったミチオ。しかしそこでミチオはS君の首吊り死体を見つけてしまう。S君の遺体は、庭に咲く向日葵を凝視しながらぎぃぎぃと揺れている…。
ところがそのことを知らせに学校に戻っているあいだに、何故かS君の遺体は忽然と消えてしまう。

人は死んだら7日ごとに転生の機会が訪れるという。ちょうど7日目、死んだはずのS君が、なんとクモとなってミチオの前に現れる。
そしてクモの姿のS君は、ミチオに「僕は自殺ではなく殺された」のだと告げる。

ひぃぃぃぃぃぃぃ。

私はホラーが全く以ってダメなのだ。
この時点でもう、この本を手に取ったことを悔やんだ。ムンクの叫び状態だった。
だけど続きが気になる。S君を殺したのは果たして誰なのか。そして自殺に見せかけたのならどうして遺体を隠したのか。
同時期に近隣で繰り返されていた犬猫の不審死とのつながりは?何故死んだ動物は一様に足を折られ口に石鹸を詰め込まれていたのか。

この物語では、自分を守るため、だれもが嘘をついている。
ひとつの嘘が暴かれても、また次の嘘が重ねられ、様々な糸が絡み合って、ミチオじゃないが、どんどん何がなんだかわからなくなってくる。
いったい真相はどこにあるのか。
通勤電車の中で読み始めたものの、気になって気になって仕事が手につかないほど。その夜一晩で一気に読んでしまった。

やがて明かされる真相。すべての事柄がひとつに繋がる。
ああそうだったのか。
3歳の妹に感じた違和感の正体も、壊れた母親の真実も、あれもこれも。
これは本当に見事な叙述トリックだった。
あれ?…ということは、もしかしてスミダさんも?
いやいやミチオ自体、既に狂気の中に立っているのだろう。

「誰だって、自分の物語の中にいるじゃないか」

ミチオの言葉にいきなり頭をがつんと殴られた気がした。
そう、だれだってみんな自分に都合の良いストーリーを組み立て、ある意味自分だけのファンタジーの世界を生きている。
嘘をつかない人間などいないのだ。
できるだけ傷つかないように、壊れてしまわないように、自分を守って生きている。

怖いけれど、切ない。
胸がきゅっと苦しくなるそんなお話。後味は決してよくないけれど、心の中にずしっと残る重さがあった。

ただ一点。これは私自身が今現在「母親」という身であるからこその違和感。
ミチオの母親が壊れてしまったのは、理解できる。
しかし、怒りの矛先がむかうのは、決してそこじゃないはず。

母親なら、ああはならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

夏に読みたい

2020/08/17 11:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:UrusaiTwins - この投稿者のレビュー一覧を見る

先が気になって一気読み。作品全体に漂う違和感というか不思議感というか、何かがおかしい気がするけど何がおかしいのかわからないぞくぞくする感覚は、「シャドウ」を読んだ時にも感じた。そして、最後の最後でまたゾクッとさせられた。ちょうど季節設定も夏だし、夏に読むにはぴったり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スリル!

2017/08/11 22:26

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるはる - この投稿者のレビュー一覧を見る

すばらしい推理小説!緊張感があってドキドキな場面や意外な展開…内容が濃く、言葉では上手く言えませんが、本当におもしろくて、楽しめました!大作!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

意味がわかると…

2023/08/11 09:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どら - この投稿者のレビュー一覧を見る

途中までは「なんだこいつは」「胸糞すぎて、かわいそうすぎて辛いんですけど」と思いながら読み続けていく
 すると徐々に違和感がたまっていき、6~7割ぐらい進んだところのある描写で登場人物に対する印象がどんどん変わっていく
 そして最後に明かされる衝撃の真相 そうだなあ「『この世界』でのルール」だとそういうことになるよなあ
 もう一度読み返すと新たな発見が次々あって倍面白い といってもしっかり読み込む気力はなかったのですが…
 いやあ、いい意味で「読むんじゃなかった!」

 なお最後の最後の仕掛けは1度読んだだけでは気づかず、しばらくたってから「あ、そうか、うわ~!」ってなった ほんの少しだけ救われたかのように見せかけてからの気持ち悪い結末だった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

危険で引き摺り込まれる

2023/03/30 22:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マンゴスチン - この投稿者のレビュー一覧を見る

話が二転三転、ぶんぶん振り回される感じが良い。
グロいし後味わっっっるいし結局主人公が1番怖い。
うわ、最悪…と思ったシーンも真相を明かされたら爽快感が味わえます。
ほんタメのたくみさん経由で手に取りました。好みが合いそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

びっくり!

2022/12/22 09:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なっとう - この投稿者のレビュー一覧を見る

なぜか勝手に、爽やかなミステリー小説だと思い込んでいたので…すごく驚きました!
ホラーで、サスペンスで、しっかりミステリー。好きですこういうの!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

不気味…でもどんどん読み進めちゃう

2020/12/21 20:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あかぴ - この投稿者のレビュー一覧を見る

兎に角、気味悪いです。不気味なんです。
でも何でだろう…どんどん読み進めちゃう

夏っていう暑い季節も何だか不気味さを増長させている気がしました。
次の一文、次の頁が気になって、ホントにあっという間に読み終わりました。

夏の少年には何かが起こるんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

意外性

2020/11/09 21:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

薄気味悪い独自の世界観。何度も小さく思考に修正を入れ、頭を柔らかく考えるが、結局騙される。終わるまで終わらない、薄気味悪さが甚だしいのに後味はスッキリの意外性がある作品。とても良かった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最初から最後までおもしろい

2016/08/19 09:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ninjaskai - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初から最後まで楽しく読むことができました 何でがたくさん出てきて少しずつ解消されていく感じが良かったです
小説をあまり読まない自分でも楽しく読めました
また この本はインターネットで調べるとおもしろい情報もあるので余計に読みたくなりました
最初の15ページくらいまででもよんでいただければ最後まで読みたくなること間違いなしです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

良くも悪くも心に残る話

2016/02/19 09:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

わたしは知らなかったのですが、レビュー数も多いので結構話題になった本なのだと思います。
今から読む人は前評判、ネタバレ的なものをいっさい読まないほうがいいです。

あまり詳しくは書けませんが、ストーリーはあらすじから想像するのと違って、
意外な方向へ転んでいきます。最後まで転び続けます。
読んでいる間中、これって謎解きじゃないな…ジャンルはなんだろう?
ホラー?ファンタジー?と頭の中をクエスチョンが飛び交いますが、
それでもページをめくる手が止まりませんでした。
話の割に閉塞感がないのは登場人物の内面も境遇も淡々と描写されているからだと思います。
ただ、読後感ははっきり言ってよくありません。
好きか嫌いかは別にして、読み終わってしばらくはこの本の内容が頭から離れませんでした。
そういう意味では、うまい作者さんだと思います。
個人的な感想。
湊かなえさんの『告白』を読んだ時と似たような読後感ですが、
若干ジュブナイル小説の様相を施しているからか、
『告白』よりは同情や共感できる部分がなくはないなという感じでした。
こういう話、好きな人はすごく好きだと思います。
わたしは評価5をつけましたが、正直好きか嫌いかは判断出来ません。
非常に感情を揺さぶられる小説であることに間違いありませんが、
再読するかどうかは微妙です。

どうでもいいことですが、最後に一つだけ言いたい。刑事が無能すぎてイラつく!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

悲しい真相

2015/09/22 16:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しおり - この投稿者のレビュー一覧を見る

どんでん返しがあるとは最初からわかってて読んだのですが、それでもいろいろなことの真相が明らかになるとびっくりしてしまいました。その真相がまた救いがないというか悲しくて…。
好みが分かれるかと思いますが私は好きでした。後味の悪さがたまりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ひまわりのさくころに

2009/05/20 12:58

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:空蝉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間が物事を見て感じて「認識」する際、最初の立ち位置が間違っていると視点がズレる。 ミステリーではこの読者の認識を完全に騙してスタートする作品と、話を進めるにしたがって段々と混乱させていく作品とがあり、本作を含め道尾の作品は前者が多いように思われる。

そもそも自分が認識しているこの世界は本当に存在しているのか?彼は本当に「彼」なのか?私は本当にここに存在しているのか?そういう基本的な、最も根本的な認識・・・つまり何を始めるにも必ず必要となるベースの部分、共通の情報、基準点・・・そういうものがずっとあやふやなまま最後まで引っ張られるのである。
今回の『向日葵の~』は特にその傾向が強い。何しろ誰が人間で、誰が「彼(だけ)にとっての○○」であるのか、誰が本当に存在しているのか?それが最大の謎、トリックなのだ。主人公の小学生ミチオの言動に薄々気がつきながらも、私達読者はその実体が解らないまま事件の真相に目を奪われる。

終業式の日に小学校を休んだ同級生S君の家にプリントを届けに寄ったミチオ。そこで見たのは首を吊って死んでいるS君だった。先生と警察とが再び戻ると、なぜか死体は消えていた。
しかも家に帰ると妹と僕の前にクモに生まれ変わったS君が・・・彼は自分が殺されたことを訴え死体を捜して欲しいと頼みだした。事件の真相は???
足の骨を折り石鹸をくわえさせられるという犬猫の惨殺事件も相次ぐ。
岩村先生のポルノ癖、死体の足を折る異常犯罪者、精神異常をきたしている母、「純粋」な妹、猫を死んだ婆さんと思い込む家人・・・異常な世界と異常な人間が渦巻いている。
はっきり言ってこの物語にマトモな人間はいない(笑)ことごとく優しく壊れている。
皆、傷ついて傷つけて、自分の罪を隠すために都合のいい世界をつくり都合のよい東城神仏を「見立て」て誰もに優しく生きている。
ここには人間のしようもない2つの性癖が描かれている。

周りからの重圧、抑圧、孤独、憎しみに押しつぶされそうになるとき、人間は自分より弱いものへその負のパワーをぶちかます。排出する。弱いものははけ口として犠牲にされる。

自分の所業に非があると気がついたとき、それがどうしようもなく取り返しの付かない過ちであり責められるべきものであることと罪の意識にさいなまれる時、人間は往々にして逃げる。
自分の都合のよい周囲と世界とに逃げ込み、何も無かったかのように「日常」を生きる。

そうやって起こってしまった事件と、犠牲になった被害者と、そうせずに入られなかった加害者とが自分に優しい世界を守ろうと必死になっている。そんな話だ。
単純に読了後の感想を言うと、キモイ。おぞましい。狂ってる。
とりあえず私が私であることを心から願う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

所詮主観でしか生きられない

2008/08/16 20:23

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:George - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリーなどほとんど読んだことのない私が、なぜか気になり購入し、一気に読んでしまった一冊だった。
消えてしまったS君の死体、それに対する自分の「これを仕組んだのはあの人に違いない、だとしたらわかりやすいストーリー」と思ってしまっていた先入観が裏切られたあの一瞬。裏切られたのはストーリー内の謎解きだけではなく、そのストーリーの土台までもがガラガラと崩されていくのを感じた。
騙されたのか?ありえないただのおとぎ話?いや、そんなことはない。人はきっと、多かれ少なかれ、自分の主観によって生きている。自分が見たものを信じ、感じ、考え、他との関わりによって他に対する自己というものを確立している。自分の主観でしか生きられないと言った方がよいだろう。自分が今「正しい」と思って生きているこの世界も、所詮私が作り出した世界でしかないのかもしれない…そんなことを考えさせられた。
それにしても見事にしてやられた。それが気持ちよくさえあり、もっとほかのミステリーというものも読んでみようかと思わせてくれたこの本に感謝したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

夏にオススメ

2022/07/19 03:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さりりる - この投稿者のレビュー一覧を見る

冒頭は主人公と自分との年齢差がありあまり話に入り込めそうに無いなと思って暫く積んでいましたが、夏が来たのでなんとなくまた読み始めました。
読み進めると、主人公に対する両親の様子が自分の幼い頃のそれと重なり、一気に読了しました。
3歳であるミカの違和感は子育てをした経験のある人では無くとも感じるのではないかな?
こんな3歳ないわ!と読みながらつっこんでましたが…でも納得。
ファンタジー要素に関しては、この主人公の幼く無力な状況であればファンタジーではなく自我を保つツールなんだよなと不思議と懐かしく愛おしい気持ちになりました。
かなり好みの分かれる作品であるとは思いますが、私にとってはずっと心に残りこの先何度も読み返す本になると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

中高生向け

2021/08/29 17:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マリコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

出来れば、中高生くらいに読んでおきたかった。ある程度、知恵がついてくると、思わず内容に疑問を抱いてしまうから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。