サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/31

新規会員50%OFFクーポン ~1/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 566件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2021/03/26
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-333063-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

正欲

著者 朝井リョウ

あってはならない感情なんて、この世にない。それはつまり、いてはいけない人間なんて、この世にいないということだ――共感を呼ぶ傑作か? 目を背けたくなる問題作か? 絶望から始...

もっと見る

正欲

税込 1,870 17pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.1MB
Android EPUB 3.1MB
Win EPUB 3.1MB
Mac EPUB 3.1MB

正欲

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あってはならない感情なんて、この世にない。それはつまり、いてはいけない人間なんて、この世にいないということだ――共感を呼ぶ傑作か? 目を背けたくなる問題作か? 絶望から始まる痛快。あなたの想像力の外側を行く、作家生活10周年記念、気迫の書下ろし長篇小説。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー566件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

これぞ朝井リョウの真骨頂と言える作品!

2021/05/28 13:08

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うにょ〜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は朝井リョウさんの作品で単行本となっているものは全て読んできました。そんな中でも本作は10周年記念に相応しい素晴らしい作品だと思いました。本作品は「これは、共感を呼ぶ傑作か?目を背けたくなる問題作か?」というキャッチコピーが掲げられていますが、個人的には「共感を呼ぶ傑作」だったのではないかと思います。決して安易な共感をすることは許されない登場人物たちではありますが、作品の軸となるテーマは私が抱いていた現代の風潮に対する違和感を代弁してくれているように感じるほど共感できるものでした。ただ、作品に登場してくるもの(人物等)の引用元が露骨というか、明らかに特定のものを想起してしまうのがやや気になりました。しかし、描写や構成が素晴らしく、やっぱり朝井リョウさんの作品は好きだと思える作品でした。次回作も楽しみです(エッセイも期待してます笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読める人には読んでほしい

2021/05/07 19:49

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なっとう - この投稿者のレビュー一覧を見る

多分、読めない人もいるのではないかなと思います。
性的描写が苦手な方には注意…だけど!読めるのなら!読んでほしい!と思いました…。

まさに、読む前の自分には戻れません。
だってもう、読んでしまったし、納得してしまったから。
改めて、小説家さんというのは凄いなぁなんてポカンと口が開いてしまいました。

実は朝井リョウさんの作品は読んだことがなかったのですが、片っ端から読みたいなと思います。
決して無理強いはしないように、でもさりげなくこの本を、知り合いに布教したいという気持ちでいっぱいです。
(ああでもこれも良くないことなのだろうか…)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ニュースを見る目が変わってしまう問題作

2021/06/19 07:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チップ - この投稿者のレビュー一覧を見る

作品の評価は人によって分かれると思います。
しかし、読む前と読んだ後ではニュースで報道される事件を見る目が変わってしまう問題作だと思います。

報道される容疑者の供述に「そんな事ある訳ないだろ。口実だろ」と思った事は何度もある。
でもそれが真実だとしたら?
世の中には多様な価値観があり、自分には理解できない趣味趣向の人間はいる

さまざまな価値観を認めるという事の持つ矛盾点を読み応えのある作品に仕上げた作者の力量に感服した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

共感や楽しさだけでなく

2021/06/04 23:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めろんじゃない - この投稿者のレビュー一覧を見る

良くも悪くも、筆者の変態性を感じられます。
「読む前には戻れない」というレビューを頻繁に見ますが、想像力の問題です。この本を読んで、「多様性について考えさせられた」等というレベルの感想しか抱けないのであれば、全くもって不十分だと思います。
一度と言わず何度でも読み返して、これ以上ないくらい、考え尽くしてほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あらすじをかんたんに書けない衝撃作

2022/01/13 11:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「自分が想像できる"多様性"だけ礼賛して、秩序整えた気になって、そりゃ気持ちいいよな」―。なにやら突然、鋭利な刃物を突きつけられたような一文である。朝井リョウさんの作家生活10周年記念作品。本書は「絶望から始まる痛快。あなたの想像力の外側を行く」気迫の書下ろし長篇小説。「読む前の自分には戻れない」...そう心して読み始めたほうがいい。本書は、曇りなく讃美される「誰もが自分らしく生きやすい、新しい時代」の虚像を引きはがし、白日の下に晒す―。ザックリ言うと、これまで特に深く考えもしなかった常識や価値観というものをことごとくぶった斬られ、一から出直しを迫られる感じである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

クセになる

2021/11/19 14:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ムズ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『何者』を読んだ時にも感じましたが、この本で朝井リョウさんに痛いところを突かれる快感が確実にクセになりました。手に取ったきっかけは、目を引くタイトルと、また面白いテーマを書かれたなと思ったこと。時間を経てまた読み返します。購入して良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

建て前と現実の差

2021/08/01 17:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

多様性や個性を認め、少数派に理解を示すことこそが正しいとされる世情にあってさえ、一般の感覚からかけ離れた極少数派は世間からはまったく理解されないのだな・・・と感じるお話でした。
「繋がり」という耳心地いい言葉に感じていた押しつけがましさや気持ち悪さが言葉になっている気がしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最初の6ページが全て。

2021/06/23 17:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わに♂ - この投稿者のレビュー一覧を見る

全部読まなければその6ページの意味は分からないだろう。僕も内容に少し共感しつつも、最初は『気持ち悪い』と感じた。なんなら無理に共感しにいこうとまでしていた。本を読むならそれに移入する方が好きなので。
移入は、運動前に身体を温めるのと同じでゆっくりと入る。だから最初にその6ページを読んだ時は、移入中なので嫌悪を隠すのに必死だった。嫌悪を抱く自分と闘うことが読書に邪魔だった。

僕が考え得ない、誰しもが考え得ない領域の『多様性』。それが存在することは“こちら側”には理解し得ない。
自分の中での在るべき姿も社会の中で生きるためになっている可能性もある。人と人がいる限りどこまでも「社会」である。「個性」「欲」「感情」それらを表出した時、社会に許されるものであれば評価され、そうでなければ排除される。自分を出したにも関わらず、社会に淘汰される。
どこまでも僕たちは社会の中でしか生きられない。
出てきた欲が社会では許されない・認められない・理解されないと知っている時、その欲は皆と同じようには消化されない。
一度も満たした・されたことがないことと、満たしても満たされないことは別義だが、求めてる欲の概念は同義。ないものを求めたがる人間の性はなんと醜いんだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大多数の分かり合えない人達と分かり合える僅かな人達

2021/05/16 10:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

人にはいろんな嗜好、ツボのようなものが当たり前にあって当然だと思っていた。その当たり前が、この本を読んでから、不気味な存在に変わってしまった。
そんな物凄い小説を、朝井さんは書いている。
帯の高橋源一郎さんのコメントはそんな辺りをついていると思われる。
大多数の人達が「明日生きていたいと思う」側にいたくて、不安から確かめずにいられない。そして排除する者を見つけて、大多数の側を維持している。
大多数の側にいて家族にもその側にいる事を守ろうとしていた検事の寺井啓喜のラストと大多数の側にいなかった容疑者佐々木佳道と妻とのラスト。
そして大也と繋がれたと思えていた八重子。
最悪の結末のはずなのに救われている人たち。
閉塞感に覆われていて、将来にも希望を持てないと思う今の社会に、生きづらさを感じている人たちに、何かを投げかけらる一冊になるはず。
今年度最高の読むべき一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

社会とは、何だろうか

2021/04/26 18:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

人が生活する社会の中で、マジョリティとかマイノリティとか分類され、それぞれの立場が、生き方が尊重されるのが、望ましい社会であり、多様性を受け入れる社会だと言われる。ではその多様性とは何か。自分の想像力が及ぶ限りの多様性なのではないか。そんな想いにさせる物語である。社会とは、自分の想像力が及ばなさを自覚していない狭い視野しか持ち合わせていない個人の集まりなのではないか。自分にとって不快なものを排除していくことが、世の中の健全さに繋がると信じる人たち、彼らが「まとも」であるとされる社会が、現代なのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読後も深く考えています

2022/01/15 13:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

朝井リョウさんのお話の「仕掛け」を満喫できました!
作品前半でしっかり「多様性を認める世界」へ思いを充満させ、中盤以降は「…からの〜、理解できない価値観」とのインパクトを真正面から受け止めることに。
読後、反芻を繰り返してばかりです。
どーどもいいことですが、私は「水」を少し意識するようになったかも笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

書いてくれてありがとう

2021/05/25 10:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あめ玉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作がどれほど素晴らしい傑作かは、他の方がたっぷりと書いているので割愛。
下手な作品を見るより、『正欲』のレビューを眺めるほうが有意義で面白いな~と感じるほど。

『正欲』を読み終えた後、良作(ロングセラー、古典名著、本屋大賞など)を10作ほど読みましたが、何も頭に入ってきません。強すぎる。この本に出会えて心底嬉しい。朝井さんありがとうございます。10周年おめでとうございます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

多様性とは、、

2021/10/24 07:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Pana - この投稿者のレビュー一覧を見る

「多様性」という言葉に違和感を持っている方には読んでほしい。

マイノリティな考えだから、多様性のあみ目からもこぼれ落ちてしまう。そのマイノリティって、誰が決めたの?

自分の了見の狭さを思いしらされる本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2021/08/04 20:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

朝井リョウさんの本は、割と読んでいる方だと思います。それでも、この本は、なかなか読み進む事ができませんでした。途中からは、ぐんぐんと話しに引き込まれてしまう感じでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

多様性

2021/10/20 02:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

マイノリティという言葉が、今の世の中は一人歩きして、その実体を知っているのか、わかっていないだろう、と言われているような感想です。読んでいくと、こんな人いるかも……と、思ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。