サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 83件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2021/11/18
  • 出版社: 双葉社
  • ISBN:978-4-575-24464-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

残月記

著者 著者:小田雅久仁

近未来の日本、悪名高き独裁政治下。世を震撼させている感染症「月昂」に冒された男の宿命と、その傍らでひっそりと生きる女との一途な愛を描ききった表題作ほか、二作収録。「月」を...

もっと見る

残月記

税込 1,815 16pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 2.7MB
Android EPUB 2.7MB
Win EPUB 2.7MB
Mac EPUB 2.7MB

残月記

税込 1,815 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

近未来の日本、悪名高き独裁政治下。世を震撼させている感染症「月昂」に冒された男の宿命と、その傍らでひっそりと生きる女との一途な愛を描ききった表題作ほか、二作収録。「月」をモチーフに、著者の底知れぬ想像力が構築した異世界。足を踏み入れたら最後、イメージの渦に呑み込まれ、もう現実には戻れない――。最も新刊が待たれた作家、飛躍の一作!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー83件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

ホラーと不思議とロマン。

2022/04/05 11:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

月とその光はいつも人類に不思議な力を及ぼしてきた。
 月の夜に自分の全てが入れ替わってしまったか……? 
 月の光に導かれて、別の世界を夢見る女性。
 満月の夜に以上に能力を高め、新月には生命力を極端に低下させる伝染病が実在する世界の異様な近未来。
 なんと豊かな文章、心躍らせる創造世界。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み始めると結末まで止まりません

2021/11/28 08:18

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白髪雀 - この投稿者のレビュー一覧を見る

月をテーマにした短編2作と表題作のカップリングで小田雅久仁の世界を堪能できる一冊。

短編の「そして月がふりかえる」と「月景石」はフジテレビの”世にも奇妙な物語"的な話。「そして月がふりかえる」は日常に潜む恐怖、ほとんど普段と変わらないが自分だけが違うという恐怖。「月景石」は月に潜む異世界談。どちらの作品も変わったテイストの作品だが心に引っ掛かる不思議な話である。

「残月記」はジャンル分けも難しいが、ディストピアを舞台にした恋愛小説といったところか。謎の感染症「月昂」の流行をきっかけにとんでもない管理社会となった近未来の日本、そんな中で月昂症を発症したためになぜか剣闘士(グラディエーター)となった主人公冬芽が同じ月昂症患者瑠香との愛を貫く物語。

月は太陽を対をなして、夜に存在感を示す、何となく謎めいて淫靡な香りがする天体ではあるが、そのイメージを妄想でふくらませたような作品。読み進めると現実世界からすこしづつズレながら構築された世界観に引き込まれる。ファンタジーっぽい世界なのに自分の住む世界と紙一重で裏返しただけという感覚。読み始めると結末まで止まりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2022/02/07 00:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2022年本屋大賞ノミネート作。
月に魅せられ翻弄された者たちの不思議な世界を描いた三つの作品集。一夜で全てを失う残酷さ。人の歪んだ快楽に踊らされ闘う愛。表題作は評価(印象)が大きくわかれそう

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

月を恐れとあこがれで観る

2022/01/16 19:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

凄い、豊かな物語と溢れる詩的世界観と月にまつわる魔術が、三つの物語を強く推し進める。特に「月昴」に侵された未来世界を描く表題作は、静かな恋愛小説のようであり、またデストピア小説のようでもある。この三つの物語を知ってしまうと、夜空に出る月を、どのように観ればよいのだろうかと思う。月の裏側に、恐れとあこがれの目を向けるべきか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

月はロマンだけどホラー

2022/05/16 18:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

「そして月がふりかえる」は冒頭の子供時代に自分の影に怯えて泣き叫んでいた記憶から怖い。
大人になって幸せな家庭を持って、今日も家族4人で食事と思っていたら、月に振り返られもう一つの世界へ。
ゾワゾワする怖さが良い。

表題作は新ジャンルの意欲作。
エンターテイメント色が強くて一気読み。
国政、政治家、格闘技、ロマンがてんこ盛り。
初めて読んだ作家だけど次回作が楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

月というのは旧来魔性のものである。

2022/02/14 22:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:S910 - この投稿者のレビュー一覧を見る

月がぐるりと裏返るのを見たと思った瞬間同姓同名の別人と立場が入れ替わってしまった男の狂気を描いた「そして月がふりかえる」。
月の風景石を叔母の遺品を引き継いだ女性が、夢の中で異世界の月に生きる異なる自分に憑依し、あちらとこちらを行き来しながら世界が変わってしまう「月景石」。
月昂と呼ばれる不治の病が存在する架空日本で月昂者となった青年の数奇な人生を描いた表題作である「残月記」を含む三編の作品集。

他二編は救いのないダークホラーのようだが、残月記だけは美しい愛の物語でもあった。
月昂という病は、幻想小説あるある的には吸血鬼化と考えれば理解しやすい。
発症すれば月の満ち欠けで人知を越える膂力を得るが衝動が抑えられなくなるし、夜に生きるものになるし、人々に恐れられ人としての扱いを受けられなくなる。
まるで吸血鬼だわ。
終盤までの月昂者になったがゆえの理不尽を強いられる展開は読んでいてつらいが、ラスト数十ページの愛のために人生を捧げた彼の行いが読後感を清涼なものにしてくれた。

本屋大賞候補作の中で一番ビビッときたので読んだけど、確かに候補に挙がる力のある作品だったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/04/09 07:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/23 10:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/05/02 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/05/04 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/05/19 07:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/13 19:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/17 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/05/18 08:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/16 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。