サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 548件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2007/12/06
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/413p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-408227-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

さくら (小学館文庫)

著者 西 加奈子 (著)

ヒーローだった兄ちゃんは、二十歳四か月で死んだ。超美形の妹・美貴は、内に篭もった。母は肥満化し、酒に溺れた。僕も実家を離れ、東京の大学に入った。あとは、見つけてきたときに...

もっと見る

さくら (小学館文庫)

税込 660 6pt

さくら

税込 660 6pt

さくら

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 2.5MB
Android EPUB 2.5MB
Win EPUB 2.5MB
Mac EPUB 2.5MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

11文庫・ヤングアダルトセット 11巻セット

  • 税込価格:6,89362pt
  • 発送可能日:購入できません

’10小学館文庫・ヤングアダルトセット 11巻セット

  • 税込価格:6,89362pt
  • 発送可能日:購入できません

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヒーローだった兄ちゃんは、二十歳四か月で死んだ。超美形の妹・美貴は、内に篭もった。母は肥満化し、酒に溺れた。僕も実家を離れ、東京の大学に入った。あとは、見つけてきたときに尻尾にピンク色の花びらをつけていたことから「サクラ」と名付けられた十二歳の老犬が一匹だけ。そんな一家の灯火が消えてしまいそうな、ある年の暮れのこと。僕は、実家に帰った。「年末、家に帰ります。おとうさん」。僕の手には、スーパーのチラシの裏に薄い鉛筆文字で書かれた家出した父からの手紙が握られていた—。二十六万部突破のロングセラー、待望の文庫化。【「BOOK」データベースの商品解説】

累計50万部突破! 2020年初夏映画化

両親、三兄弟の家族に、見つけてきたときに尻尾に桜の花びらをつけていたことから「サクラ」となづけられた犬が一匹。どこにでもいそうな家族に、大きな出来事が起こる。そして一家の愛犬・サクラが倒れた--。 【本の内容】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店千日前店

父、母、僕、妹、兄。...

ジュンク堂書店千日前店さん

父、母、僕、妹、兄。そして犬のサクラ。
5人と一匹。
足りないものなんて何も無かった幼い頃と、何だか色々足りなくなってしまった現在と。

ひとつの微笑ましかった家族の、ふたつの時期を繋ぐ、まっすぐな十数年間の物語です。

微笑ましい、幸せな家族の風景。
恋や愛や色々や。
やがて悲しい出来事が起こり、家族は何かを失ってしまう。

失ったものを割り切ったり、乗り越えたりするのは簡単なようで難しい。

それは苦くて飲めない珈琲みたいなものかも知れないけれど、スプーン1杯の砂糖のようなきっかけひとつで、飲めるようになったりもする。
そして、この物語にもスプーン1杯の救いが最後には待っている。

ラスト数十頁。
それが持つ加速感と高揚感。
そしてエンディング。

それは確かに、たったスプーン1杯だけかも知れないけれど、ちゃんと、全体に溶けこんでいる。

「恥ずかしいけれど、それが愛だよ」
もし、恋人が居るならば、その人と家族になりたいと思わせてくれる、そんな家族のお話。

(卯)

みんなのレビュー548件

みんなの評価3.9

評価内訳

電子書籍

「生まれてきてくれて、ありがとう」 西加奈子の強く美しい人間賛歌。

2022/12/13 10:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitu - この投稿者のレビュー一覧を見る

長谷川家の次男薫。

一つ年上の兄・一(はじめ)。
「ナンバーワンでなくファースト」の兄ちゃんは、頭がよくてスポーツ万能。
みんなのヒーローでモテる。

4歳離れた妹の美貴。
「美しく貴い」との両親の願いのとおりこれまたよくモテる。

「超」のつく頑張り屋のお父さん。

太陽のように明るくパワフルなお母さん。

そして、ニュータウンに引っ越してから家族の一員になった雑種犬のサクラ。
彼女は上品によくしゃべる。

薫の彼女の「ゲンカン」。
引っ越す前の同級生の湯川さん。

お兄ちゃんの彼女の矢島さん。

ミキの同級生の薫さん。

一号公園の恐怖の男フェラーリ。

お父さんの同級生にしてお母さんの「恋敵」でもある「サキコ」さん。

薫の視点から、日常の出来事が美しくエネルギッシュな表現で語られていく。

長谷川家には次から次へとイベントや事件が事欠かない。

そしてクライマックスに大きな悲劇が待っている。

だが、運命に翻弄されるように思える時でも、家族がいる。
涙が枯れ果てないような悲しみの時でも、父さんがいて、母さんがいて、きょうだいがいて、サクラがいる。

父の静かな強さ。
母の無限の愛情。

離れ離れになっても。この世を去ったとしても。

過去・現在・未来。
家族は三世永遠に家族だ。

お互いの心の中に生き続ける。

西加奈子の強く美しい人間賛歌。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「生まれてきてくれて、ありがとう」 西加奈子の強く美しい人間賛歌。

2021/10/03 10:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitu - この投稿者のレビュー一覧を見る

長谷川家の次男薫。

一つ年上の兄・一(はじめ)。
「ナンバーワンでなくファースト」の兄ちゃんは、頭がよくてスポーツ万能。
みんなのヒーローでモテる。

4歳離れた妹の美貴。
「美しく貴い」との両親の願いのとおりこれまたよくモテる。

「超」のつく頑張り屋のお父さん。

太陽のように明るくパワフルなお母さん。

そして、ニュータウンに引っ越してから家族の一員になった雑種犬のサクラ。
彼女は上品によくしゃべる。

薫の彼女の「ゲンカン」。
引っ越す前の同級生の湯川さん。

お兄ちゃんの彼女の矢島さん。

ミキの同級生の薫さん。

一号公園の恐怖の男フェラーリ。

お父さんの同級生にしてお母さんの「恋敵」でもある「サキコ」さん。

薫の視点から、日常の出来事が美しくエネルギッシュな表現で語られていく。

長谷川家には次から次へとイベントや事件が事欠かない。

そしてクライマックスに大きな悲劇が待っている。

だが、運命に翻弄されるように思える時でも、家族がいる。
涙が枯れ果てないような悲しみの時でも、父さんがいて、母さんがいて、きょうだいがいて、サクラがいる。

父の静かな強さ。
母の無限の愛情。

離れ離れになっても。この世を去ったとしても。

過去・現在・未来。
家族は三世永遠に家族だ。

お互いの心の中に生き続ける。

西加奈子の強く美しい人間賛歌。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

西加奈子さんの

2020/07/27 16:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

作品では、この「さくら」を初めて読んだ。関西人なので、言葉には親しみがあるし、どんどん読み進んだが、兄ちゃんの話は、やはり切なかった。映画化されるらしいけど、配役を聞いた時点で、兄ちゃんの結末を知っているので、すでに切ない気持ちだ。しかし、是非映画も見に行きたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さすが西加奈子

2019/05/06 21:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

何かジョン・アーヴィングを作品を身近な登場人物で、身近な大阪弁で読めたという幸福感があった。同性愛、近親相姦が話の中に登場する(もちろん彼の作品のようにそれを実践するということはない)、母親も父親も3人の兄弟も何かおかしいというか末っ子のミキはあきらかにおかしい。その中で一番まともだったというか、誰からも愛されていた長男が20歳のわかさでこの世を去った。西氏とジョンハーヴィング氏との差は露骨な行為が読みたいんだろ、じゃあみせてやるよというアーヴング氏に対して、西氏はあくまで幸せな家庭を夢見ている私たちに幸せについて読ましてくれているということか。どちらにしてもこういう家族っていいよなと最後には思わせてくれるので、どちらの描き方も好きだ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すごいなぁ

2016/11/18 09:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

西さんの話はすとんと心に響きます。あぁわかるぅこういうの、とか。自分の代わりに代弁してくれているようで、すとんと。
もっと読みたいとおもいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「サクラ」と言葉

2015/12/03 04:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

この家族に「サクラ」がいて、ほんとうに良かったよ。完全に長谷川家の要だよ、「サクラ」は。ミキが車で吐きだした長い言葉とサキフミさんこと、サキコさんの言葉が心に残った。「あんな、うちな、好きな人できたらな、迷わんと好きっていう。だってな、その人、いつまでおれるか分からんやろ。だから言う。そしてその人もうちのこと好きやったら、ありがとうって言う」「嘘をつくときは、あんたらも、愛のある嘘をつきなさい。騙してやろうとかそんな嘘やなしに、自分も苦しい、愛のある、嘘をつきなさいね」珠玉の言葉だ。出合えてよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何が良いのか不明なれど実に良い、楽しい作品。

2022/06/28 11:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

何が良いのか不明なれど実に良い、楽しい作品。「はじまり」と「おわり」を除くとどちらかと言えばハチャメチャ家族騒動劇てな雰囲気なのだが、そのなかに鋭い社会風刺が潜んでるのが笑える。全体としては暗い話になるはずなのに何故か明るく楽しい。これは著者の帰国子女という経験から来る違うことが当然という意識に派生するものなのかも。何しろ登場人物がそもそも破天荒。基本的には受け入れらないはずなのに何故か主人公・僕の視点から描かれると有っても良いかもと思えてくる。そんなハチャメチャ家族の要だった兄・一が亡くなったことで崩壊したと思われたときに、物言わぬ飼い犬・サクラが無言で家族の輪を繋いでいたという結末へ。この結末で、やっと表題の『さくら』の意味が理解できた。何かは判らないが何しろ楽しくなる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

西作品一冊目

2021/03/20 21:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はなこさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

西加奈子さんの作品を読むきっかけになった作品。内容は割とヘビーなのに、独特の乾いた文体で、切なくなったりホッと心が軽くなったり暖かくなったりする。
大阪のご出身なので当たり前だが、文章にしても関西弁がリアルで良い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さくらというのは犬の名前

2021/01/20 01:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Masetto - この投稿者のレビュー一覧を見る

美男美女カップルの両親の元に生まれた三兄弟。 長男はイケメン、優秀、幼い頃からもてまくりの人気者。 一番下の妹は誰もが振り返るような美人。 背は高いけど地味に育ったという次男目線の小説。 普通の家庭で夫婦、家族、兄弟仲良く。。。皆ちょっと早熟過ぎ!なところはあるけど 幸せな家庭生活を描いていると思っていたけど だんだん歯車が狂ってきてしまう。 誰が何をしたというわけでもないけど ちょっと恋愛体質過ぎるのかなあ? 長男が事故になってひどい後遺症が残って家族はどん底に落とされ、ついに家族崩壊? あんなに順調な幸せな家庭だったのにもろいと思ってしまった。 でも最後はちょっと希望の光が見え始めたような。。。 軽いのりで始まったのに 結構重い話だったな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泣ける。。。

2018/06/20 13:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

賑やかで幸せな家族5人と1匹のわんちゃんの家族の物語。カッコよくて働き者の父。美しく暖かい母。そしてみんなのヒーローお兄ちゃん。記憶力以外は平凡な自分。美しく凶暴な妹。賢くてお上品なさくら。前半はただただ幸せな家族の話で、クスクス笑えたりほっこりしたり…。だからこそ後半の悲劇は読んでいてかなり辛かった。でも最後にはポカポカ出来る話で、読んでよかった!と思わせてくれます。ありがちな動物お涙物ではないところが良かった!西さんの作品の中でも一番お気に入り!西さんの作品は大阪弁の方が味があってイイ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素敵な家族

2019/06/12 22:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワガヤ - この投稿者のレビュー一覧を見る

西加奈子さんらしい、独特な感じの中で、心温まる家族の話で、よかった。さくらは、家族の支えになってた。素敵な家族。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんだか性的臭いが濃すぎる家族

2009/08/28 01:54

6人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:それ行け!!残飯マン - この投稿者のレビュー一覧を見る

お兄さん、行けども行けども薔薇また薔薇の少年時代、栄光が強過ぎる幼年期を送ると非常に挫折に対する耐性が弱すぎる人格が形成されるとのこと、小さく小さくちょっとづつ傷つく、欝にならない程度に無力感を味わう、お兄さんはこれが無かったのだと思う。あまりにも万能感の去勢が遅れすぎた、しかも普通に屈折した人生を送った人でもきつい災難、前半のなんだかおかしな薄気味悪い多幸感漂う家族模様はある意味フリですね。ただやっぱりお兄さんのああいう決断はいやだなあ。速すぎる、自分がきつい状況になったら結局そういう思いにとらわれる。今までの輝きはまやかしだったってことですよね。圧倒的な弱者の感覚が分からなかっただけ。フェラーリ氏とのゲームも王侯貴族のハンティングのように楽しんでいただけだったのでしょう。ああいう人の哀しさをそのときは無理でもあとから分かったというわけではなかった。ようやく手痛い目に遭って本当の本当の人生の味が分かる機会だったのに。やっぱり生きていて欲しかった。ああいう決断は理解できます。理解できますがこういう栄光に満ちた人が選ぶと余計に嫌味な感じなんです。お前は強いのではなく屈辱を知らなかっただけじゃないかと栄光に恵まれなかった人間は思ってしまいます。本当のヒーローじゃない、ただ運が良かっただけの人。
あとお父さん以外が過剰に性的というか放埓な感じ。お母さんが営みのことをとくとくと説明する場面は反吐が出そうでした。正直無理です。ああいうのが作者の理想の家族なんでしょうか。それともあくまでそういうのもあるという描き方なのでしょうか。とにかくきつい。あんなに濃厚に性と生を説いた上でお兄さんにああいう決断をとらせたことを思うと作者は冷ややかに見ているような気がしてならないのですが。今の家族ああいう風に開けっぴろげなんでしょうか。正直私はげっぷが出そうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

飼い犬サクラ

2023/02/14 18:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

この飼い犬がいいなぁ。これがいるから、このちょっと……イヤ、かなり、変な家族がつながっているんだなぁ……と、思えました。しかし、現代社会の闇にありそうな家族問題アリ、の家族で……。兄の一が……ねえ……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

興味惹かせようと無理してないか?

2015/09/02 22:13

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BACO - この投稿者のレビュー一覧を見る

海外小説にありがちな、まわりくどい感情表現・情景描写・比喩が苛立つ。
最近の若手作者に多い傾向と思うのは私だけ?
本筋だけをまとめると大した内容にならないのでは?
まさに「とある物語」という程度の内容だったので、これといった印象的なものは残らず、期待はずれだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/15 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。