サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

AI vs.教科書が読めない子どもたち

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 226件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/02/02
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:19cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-76239-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

専門書

紙の本

AI vs.教科書が読めない子どもたち

著者 新井 紀子 (著)

【日本エッセイスト・クラブ賞(第66回)】【石橋湛山賞(第39回)】【山本七平賞(第27回)】気鋭の数学者がAIの誤解や限界を示す一方で、大規模な調査の結果わかった日本人...

もっと見る

AI vs.教科書が読めない子どもたち

1,620(税込)

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

1,620 (税込)

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

ポイント :15pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 10.7MB 無制限
Android EPUB 10.7MB 無制限
Win EPUB 10.7MB 無制限
Mac EPUB 10.7MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本エッセイスト・クラブ賞(第66回)】【石橋湛山賞(第39回)】【山本七平賞(第27回)】気鋭の数学者がAIの誤解や限界を示す一方で、大規模な調査の結果わかった日本人の読解力の低下を指摘。AI化が進んだ未来の行き着く先の最悪のシナリオと教育への提言を導き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

東ロボくんは東大には入れなかった。AIの限界ーー。しかし、”彼”はMARCHクラスには楽勝で合格していた!これが意味することとはなにか? AIは何を得意とし、何を苦手とするのか? AI楽観論者は、人間とAIが補完し合い共存するシナリオを描く。しかし、東ロボくんの実験と同時に行なわれた全国2万5000人を対象にした読解力調査では恐るべき実態が判明する。AIの限界が示される一方で、これからの危機はむしろ人間側の教育にあることが示され、その行く着く先は最悪の恐慌だという。では、最悪のシナリオを避けるのはどうしたらいいのか? 最終章では教育に関する専門家でもある新井先生の提言が語られる。
【商品解説】

AIの誤解・限界を示す一方で、日本人の読解力の低下を指摘。AI化が進んだ未来の行き着く先は、教育の劣化を伴った最悪の恐慌だ。【本の内容】

目次

  • はじめに
  • 第1章  MARCHに合格――AIはライバル
  • AIとシンギュラリティ
  • 偏差値57.1
  • AI進化の歴史
  • YOLOの衝撃--画像認識の最先端
  • ワトソンの活躍
  • 東ロボくんの戦略

著者紹介

新井 紀子

略歴
〈新井紀子〉国立情報学研究所教授、同社会共有知研究センター長。一般社団法人「教育のための科学研究所」代表理事・所長。人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトディレクター。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー226件

みんなの評価4.4

評価内訳

電子書籍

AIというものには何ができて何ができないか、人間との違いは何か。

2018/05/02 04:26

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あられ - この投稿者のレビュー一覧を見る

新井先生のような研究者さんが、このような形で最新の研究成果と知見を広くシェアしてくださることはとてもありがたいです。自分でも以前高校生と接して「何だ、これは」と思ったことがあるのですが、新井先生の大規模な研究・調査でわかったことと符合しています。

「~以外の…(リンゴ以外の果物、のような)」の「以外の」が読めていないとしか考えられない、というくだりには、ぞっとしながら「ああやっぱり」と思いました。そして、そのことについて大人たちの一部が「不必要に難しい文章を読ませて学生を混乱させている」的に反応するということには、ひたすらぞっとしました。まずは大人が、人の話、聞けよ……ということですよね。「教科書が読めない子供たち」は、大人の鏡です。文科省が数学の「行列」をどう扱っているのかというところでは、文字通り、目を疑いました(私が読み間違えているのだと思いました)。

また、AIというものには何ができて何ができないか、それはなぜなのかという説明が、これまで読んだAI関連の書籍の中で最もはっきりしていて、わかりやすかったです。根拠のない幻想を振りまく夢物語ではなく、こういう冷静な説明が、もっともっと広く読まれるようになるべきです。

その上で「人間には何ができるのか」を建設的に考えていかねばならない。実際、ワープロやパソコンの時代になって「漢字なんか書けなくったっていい」という極論がさほど極論に見えなくなっている現実にも、人間は冷静に対処できています。そういう意味で、希望は持てる本です。が、ぼーっとしていては希望すら持てない。そういうことではないでしょうか。

電子書籍で購入。紙の本での感覚でマーカー引いてメモ(コメント)書いてたら、hontoのリーダーでマーカーの数の上限を超えてしまいました(マーカーの上限なんて、あるんですね……それじゃ基本、小説のように読み流すものにしか使えないです)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

AIは意味が理解できない。求められるのは意味を理解する人材。

2018/05/29 11:20

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Hdylw? - この投稿者のレビュー一覧を見る

・AI研究は今どこまで進んでいるのか?
・具体的にAIにできることとできないことは何か?
・「AIにできない仕事」が多くの人間にはできるのか?
・教科書が読めない子どもたちとはどういうこと?

など、思わず誰かに「ねえ、あの本読んだ?」と話したくなるような話題がたくさんつまった一冊でした。

【人間の仕事の多くがAIに代替される社会はすぐそこに迫っている】

牛乳配達屋、切符を切る駅員、タイピスト。これまでも、新しい技術が人々の仕事を奪ってきましたが、それにより失われた仕事はとても「限定された」ものだったといいます。けれども、今回のAIの登場による変化の数々は、かつてのものとは質的な違いがあり、日本でも近い将来、働く人々の約半数が、少なくとも今の仕事を失ってしまう危機に晒されると著者の新井紀子さんは語っています。

新井さんは、2011年から「ロボットは東大に入れるか」というAIプロジェクトを主導されている数学者の方。(TEDでも分かりやすく研究内容を紹介されています)さらに、このプロジェクトと並行して、新井さんは日本人の読解力についての大がかりな調査・分析を実施します。そこで明らかになった「まさか」と思うような子どもたちの読解力の実態とは・・・

【文章を読むのは苦ではないのに、中身はほとんど理解できていない子どもたち】

・中学校を卒業する段階で、約3割が表層的な読解ができない
・高校生の半数以上が、教科書の記述の意味が理解できていない

全国2万5000人の基礎的読解力を調査した結果、こんな驚きの実態が見えてきたというのです。

【AIは意味が理解できない。求められるのは意味を理解する人材】

何が人の読解力を左右するのでしょうか。ここが一番読者として気になる部分ですが、残念ながら調査の結果、普段の読書習慣も学習習慣も、読解力には何の影響も見られなかったそうです。つまり、今のところ「こうすれば読解力は上がる」という明確な手立ては無いとのこと(人によりけりですよね)
しかし、読解力を上げる方法は無い、というわけではなく、埼玉県戸田市の学校では、教科書に書かれた文章を説明するのに、例えば算数なら図やグラフも組み合わせて理解を深められるようにするなどの授業改善に取り組んでいるようです。

なお、この本の印税は、2018年度からRSTを提供する社団法人「教育のための科学研究所」に全額寄付されるとのこと。それを原資として、「中学1年生全員にRSTを無償で提供し、読解の偏りや不足を科学的に診断することで、中学卒業までに全員が教科書を読めるようにして卒業させること」が新井さんの今目指している未来、と書かれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ドラえもんはこない

2018/05/13 23:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じぇい - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読むまで近い未来にはドラえもんとタチコマがやってきて人間は楽ができると思っていました。
しかし、どうやら人間が楽できる社会は来ないようで…?
これから人工知能が発達していく中で私達人間がどうあるべきなのか、その役割を考えるためになる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

事態は思っていたよりも深刻だった

2018/07/04 19:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YUJIRO - この投稿者のレビュー一覧を見る

東大に受かるロボット作成のプロジェクトに携わった著者が、その経験および、専門知識から、人工知能(AI)の得意分野及びその限界を明らかにする。
その議論を踏まえたうえで、AIに代替されないためにはどうすればよいかを提案している。

そのカギとなるのが読解力、論理力となるのだが、著者が調査した範囲では、日本の子供たちの読解力、論理力は十分とは言い難い。調査に使用された例題も紹介されているが、自分も間違えてしまった問題が散見された。

読解力、論理力を向上させる明確な方法はまだ見出されていない中、急速に進むAIの進歩に負けないためにも、AIの脅威や恩恵の議論だけでなく、自分たちの能力の向上もしっかりと議論していかなくてはならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現代人の必読書

2018/04/22 22:13

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オビー - この投稿者のレビュー一覧を見る

AIができることとできないこと。
論理、統計、確率の数式に置き換えることしかできない。
数学者の言葉は重い。

読解力調査の結果に衝撃を受けた。
「有名私立学校の教育方針のせいで東大に入れるのではなく、東大に入れる読解力が12歳の段階で身についているから東大に入れる可能性が他の生徒より圧倒的に高い」
結論である読解力重視にも重みがある。

AIの進化もわかりやすく書かれており、すらすらと読みやすい内容も〇。

「国家の品格」しかり、数学者の国語(読解力)重視は説得力がある。
これからを生きるなかで必読の書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

AIについてざっくりと勉強したくて購入

2018/09/09 17:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

AIについてざっくりと勉強したくて購入。

・AIの中でどのような処理が行われているのか?
・AIには何ができて、何ができないのか?
・AIの登場で世の中にどのような変化が起ころうとしているのか?
といったことについて、理由も含めてわかりやすく書かれていました。
文章も読みやすかったです。

個人的に「教育」についても関心があったので、そこも含めて読んでいて面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

AIと人の違い

2018/07/31 22:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凄まじき戦士 - この投稿者のレビュー一覧を見る

AI技術の限界というべき点についてかなり深く追及されていた本で、人と具体的にはどう違うのかがかなり掘り下げられているので、詳しく知りたいという方にはお薦めの内容だと思います。
他の本に比べてかなり細かく書きつつもわかりやすかったので良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コンピュータと人間の知恵比べ?

2018/07/02 09:57

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:野間丸男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

衝撃的なタイトルで内容が気になったが・・・
人間がコンピュータに支配はされないらしい。

いろいろと検証しているのだが、・・・???である。
本当に第一線の研究者?
数学者らしくて、論理的なのだが、想像力に欠けるな。

全国読解力調査も結果の評価だけ。
なぜ間違えたのかの検証が、AIの鍵だと思う。
例えば、「エルブレス山はエベレストより低い」では、
エルブレス山が地球外の山ではないかと疑う想像力は、だめなのか?

AIの研究者がこのレベルだと、
本当にシンギュラリティは起こらないのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

非常に勉強になる

2018/05/13 01:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

今はやりのAI の現実と、起こりうる将来への危惧の話。AIという言葉が独り歩きしている現状への警鐘。一方、日本の子供はどのくらいAIに負けないか、というか、結構現時点で負けてる、という話。日本の教育や受験のあり方に疑問を投げかけるあたりが面白い。AIなんかプログラムの一種で、できることは限られているというが、何年か前に無理だと思われてたことが実現するのも事実。つい最近、グーグル音声が実際の美容院やレストランの予約を取れるのをビデオで見たが、この著者が無理だと判断してることも、実現可能になってきてるような気もした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おすすめできる一冊

2018/08/28 06:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:UG7729 - この投稿者のレビュー一覧を見る

AIの現状を含め、現在の学生が抱える危機から今後の社会が迎える本当と嘘をわかりやすく「数学者」の立場から解説する。非常に読みやすく私のようなAI 初心者にはちょうどいい内容。著者の自信が強く感じるところも多いが、比較的多方面からの視点でまとめられており頷きながら読むことができた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

AIと騒がれているけど、落ち着いて考えよう

2018/08/23 19:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:謙信 - この投稿者のレビュー一覧を見る

数学者の目線で書かれた、本質をついた内容。AIの本質を見抜き、落ち着いて、人間らしい・自分らしい対応をしていくことが重要と考えさせられた。AIを怖がらず、かといって侮らず。只、膨大なデータをディープラーニングを駆使して処理していく中で、「感情も数値化・計算化できるのでは?」との思いは拭い切れない。邪魔くさい、面倒くさいことが“仕事のネタになる”意識を高め、人間・自分にしかできない領域を探し、創っていこうと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

AIの台頭より深刻な事態が…

2018/05/06 20:52

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto Rosenthal - この投稿者のレビュー一覧を見る

AIとの共存を考えるために手にした一冊ですが、それよりも中高生の読解力の低下に戦慄しました。人間らしさのコアである読解力を失ったら、シンギュラリティなどなくてもAIに職場を失われる若年層が増えるのではないかと震撼しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

AI啓蒙書のベストセラー

2018/05/04 08:48

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の仕事を奪うAIの台頭、刻々と近付くシンギュラリティの到来などへの漠然と感じている脅威を正しく(過剰にでもなく、軽視するでもなく)受け止めるための良書です。
AIに優位する「人間らしさ」の核である読解力の重要さを改めて痛感しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

人気上位は伊達じゃありません

2018/04/18 23:47

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マグマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人工知能関連の本は大別すると人工知能を最強なものとして描いている本、人工知能は思っているほどの脅威的な存在ではないと主張する本に分かれると思っています。
本書は後者の人工知能は神ではないよという本だと思います。人工知能は何が苦手なのかが分かりやすく説明されていてその後に、タイトルの通り日本の学生の読解力のなさが書かれています。確かに読解力の低さは深刻な問題なのでしょうが、私としては人工知能で人間の仕事はほぼ無くなるという暗い未来が待っているわけではなさそうだと分かったことが嬉しかったです。
今現在働く人、学校に通う人、孫をお持ちの方々、誰が読んでも楽しめる本です。
分かりやすい本なのでそんなに高度な読解力は求められないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

宣伝の本

2018/05/26 10:00

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:t - この投稿者のレビュー一覧を見る

1,2章で長々と記載があるが、シギュラリティが来ない理由は、以下の3つと主張している。
・学習データが簡単に作れない
・モデルが作れない
・ハードが変わると学習データを変えないといけない(カメラの解像度が上がるetc)
この3つの理由でシギュラリティを否定することはとても飛躍があるように思う。
というよりも途中から「近年中シギュラリティが来ない」に変更されるので、はじめの方はあおり文句となっている。
また、AIを人間と同じ能力を持つものという意味にまで持ち上げ、ハードルを意図的に高くし、どうしても、シギュラリティが来ないことを否定したい構図になっている。
また意味を理解することを高く評価しているが、将棋にはうといが、羽生永世七冠を前にこの話を展開することは躊躇してしまう。
3,4章は、よく言われている若年者の学力低下の話で、読む価値はない。また、さいごには女性能力優位説まででてくる。
全体的に著者が作ったプログラムの宣伝になっており、何かのためになるような本ではない。いわゆるベストセラー本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

情報工学・自動制御・ロボット ランキング

情報工学・自動制御・ロボットのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む