サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1,584件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/08/29
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:20cm/313p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-02802-2

紙の本

流浪の月

著者 凪良 ゆう (著)

【本屋大賞(2020年)】愛ではない。けれどそばにいたい−。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。新し...

もっと見る

流浪の月

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【本屋大賞(2020年)】愛ではない。けれどそばにいたい−。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描いた長編小説。【「TRC MARC」の商品解説】

映画化決定!!
監督:李相日 
主演:広瀬すず 松坂桃李
横浜流星 多部未華子ほか出演
2022年公開予定

2020年本屋大賞受賞作

せっかくの善意をわたしは捨てていく。
そんなものでは、わたしはかけらも救われない。
愛ではない。けれどそばにいたい。
新しい人間関係への旅立ちを描き、
実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい――。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人間を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。【商品解説】

著者紹介

凪良 ゆう

略歴
〈凪良ゆう〉滋賀県生まれ。著書に「神さまのビオトープ」「真夜中クロニクル」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1,584件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

「事実と真実は違う」という言葉の重み

2020/05/05 07:05

23人中、22人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Nagi - この投稿者のレビュー一覧を見る

9歳のときに誘拐事件の被害者とされた少女「更紗(さらさ)」と、彼女を誘拐した罪で逮捕された、その当時19歳の大学生だった青年、「文(ふみ)」の、過去と現在の物語。
しかし、更紗にとってそれは「誘拐」ではなかった―ということがキーポイントになって展開していくお話です。

更紗と文の関係を見て、過去にあった実際の事件を連想した人が、私以外にもいたのではないかと思います。
文と更紗の出会いから穏やかに流れてい2人で過ごす日常、そして文の逮捕までの前半で、当時実際に会った事件を報道で見たときの不快感を思い出しました。

作者である凪良さんが、本作で本屋大賞を受賞されてからメディア露出の機会が多くなり、いくつかのインタビューを拝見・拝聴しました。
未読の段階で見聞きしたので、読了後は作者さんの意図と違う感想を持ってしまったことに申し訳なさを感じてしまいますが、私は更紗や文に寄り添う読者ではなく、自分も彼らを取り巻く人々の1人だと痛感させられ、己を振り返らされる
「痛みの伴う作品」
という感想になりました。

更紗や文にどこか共感を抱く部分もあるくせに、自分が第三者になった途端、
「こうであるべき」
「こうに決まっている」
という決めつけから、相手の「真実」を否定してきたことがあるんじゃないか、と不安を抱きました。
更紗の周囲にいる人たちが、そろって文を庇う彼女の心情を「ストックホルム症候群」で片付けようとする強引さを見たとき、一番それを感じました。

『事実と真実は違う』

幼い更紗は必死で大人たちにそう訴えたいのに、それを言葉に置き換えることが上手くできなくて、誰にも知られたくないことがあって文を助けられないことや、周囲の善意を疎ましく感じてしまうことに罪悪感を覚えながら大人になっていきます。

一方の文にも、ペドフィリアと誤解されたまま逮捕される理由があり、彼の
『怖かったから誰にも知られたくななった』
『だけど、怖かったから、誰かに知ってほしかった』
という心情を語る下りが、また読み手である私を猛省させました。

男女であれば恋愛感情を抱くはず。
犯罪の被害者と加害者なら、傷つけた者と傷つけられた者という関係のはず。
親はこうあるべき、子はこうであるべき…。
本当に、そうだろうか?と思うエピソードが散りばめられた、とても心が痛む作品でした。

自分の聞き齧った情報だけで「ジャッジ」してしまいがちな昨今、是非1人でも多くの人に読んで欲しいと思う作品です。
自分の傲慢さに気付かされる良作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一緒にいたい人がいる

2020/02/08 17:29

10人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

言葉にできない想いを、文字にして伝えようとした物語。切ないような、哀しいような、そして結末は、心を優しく包む。人は、一人の方がずっと楽に生きられる。それでも、やっぱりひとりは怖い。恋でも愛でも性愛でもなく、二人でいると心安らぐ主人公たちの生き方は、自分の住む街にもあるかもしれないなあ。新しいかもしれないこんな人間関係を、言葉を尽くして書いた素晴らしい小説でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やはり、大好きな凪良先生でした!

2019/08/30 12:52

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ころ - この投稿者のレビュー一覧を見る

作風の陰陽で黒白とするなら『流浪の月』は黒凪良。
『神様のビオトープ』もそうだったが、
BL作家のカテゴリーが窮屈な作家さまなので
どんどん一般作も書いて欲しい。
本当に素晴らしいです!

(ネタバレ注意)

歪な人生に 事実と真実 のちがいを絡ませて
暗い穴のような目をした彼に出会わせたのは
`忘れられなくて悲しいから`甘いお菓子が必要な彼女。
名前のない関係にからめとられ抉られる。

「切実に好き」が永く続きますように・・・

ノンストップで拝読しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言葉には出来ないけれど大切なことって、この世にはたくさんある

2020/05/19 16:15

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうしようもない理不尽さの前でもがいている人達の物語。常識が偏見を呼び、優しさが自己満足になってしまう。人との接し方、価値観や考え方に対して訴えかけてくる作品。普通の人間関係とはなにか、そして普通の人間関係というのがあるとしてそれが正しいのか。思いやりや優しさという仮面を被った刃物で人の気持ちにずかずか傷をつけるタイプの人間は思いのほか多い。読みながらまさに今このご時世に溢れている善意を思い、怖くてたまらなかった。何が正義かは当事者しか分からない。主人公ふたりの過去と今。ふたりの関係は?過去が付きまとい襲いかかる。「事実と真実はちがう」「わかってくれる人がふたりもいる」清々しいラスト。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現代のプラトニックラブの形

2020/08/11 04:37

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミキミキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロリコンの大学生と両親を失った少女の、心の交流を描いた、新しい純愛の形だと思う。性的関係を一切持たず、お互いに世の中で唯一信じあえる関係性に、不思議と引き込まれて、一気に読了した。秀逸な作品だと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

二人が行き着いた境地を共に歩きたい

2021/07/16 18:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

きっとたくさんの人が読み終わって、感動の涙を流したのではないでしょうか。
少女誘拐事件の被害者の更紗と犯人の文を主人公に事件当時と15年後の出会い。
事件にも二人にしか分からない事情があり、15年後に出会ってお互いに二人でなければ分かり合えず、生きられないことを知っている。
15年後の二人が出会ってから物語の展開が面白く、グイグイ読める。
更紗の両親も素敵だったけど、世間から居場所を無くされながら、今度はどこに住もうかと楽しみながら生きている二人を応援したい。
梨花ちゃんが二人の理解者になっていてちょっと安心しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

静かに生きることの難しさ。

2020/07/23 22:33

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なまねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

赤の他人の九歳の少女と十九歳の青年が、二人きりで二か月間生活を共にする。
保護者には連絡もなく、少女は行方不明扱い。
この事実だけを見て誰もが、これは小児性愛者のわいせつ行為目的による誘拐事件であると、ごく「自然」に了解するのだろう。
少女に何もなかったわけはないだろう、と。
真実はまったく異なるのに、「被害者」が言えば言うほどかわいそうだと思われ、ますます「普通」のひとたちから乖離していく。
どんなに言い募っても、ひとは自分の信じたいものしか信じようとはしない。
そのことが怖ろしいと思う。

更紗と文の行く先は明るい未来とはいえないのかもしれない。
静かな暮らしが過去に脅かされる日がまた訪れるかもしれない。
でも、もう二人はどこへでも行けるのだ。
名前のつけられない関係性でも、他の誰にも理解されなくてもいいじゃないかと、声を大にして言いたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

どうか幸せに

2020/05/03 21:43

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のんのん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この関係に名前はなくても、お互いがお互いを必要としてて、一緒にいることで息ができるのなら、それだけでいいんじゃないかと思う。梨花が2人の関係、というか2人の人間性を理解している点が、2人にとって最も救われてる点なんじゃないかと思う。真実を知ってる当事者2人以外の第三者としての梨花という存在は、この物語で大きい部分だから。あー、でもどこにいてもなにをしててもいいから、どうか幸せでいてほしい。心からそう思える話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

事実と真実はちがう

2020/04/25 09:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Chii - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんなにも周りに祝福されない人との関係の本を読んだのは初めて。
文と更紗が幸せになってほしいと思う反面、これはフィクションだからそう思えるのであって、現実的に幼女の誘拐っていう断片的でしかないニュースを見た時に、彼らの裏側を想像したり理解できるんだろうかと思う。 
ただ言えるのは、いろんな愛の形があって
それは第三者が評価できるものではないってこと。でも、その評価が当事者の邪魔となるんだろうな。

事実と真実は違う。のところ。
あそこはどかーんと心にきました。
人が見えている事実と見えない内側にある真実、ここを考えるのは哲学チックかもしれない。でも、本当にそう思う、相手には私という存在がこう見えていても私にとっての私は
真逆だったりすることがある。

それはそれぞれの価値観からくるものなのかなと思う。
だから受け止め方も違うのかなって。
結局普通なんてものはないんだなって思った。

あと、題名も最後の最後にわかる。
この本の作品名は『流浪に月』しかないと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ネタバレです。

2019/09/26 12:08

4人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

途中で、ページをめくる手が止まらなくなり、朝5時までかかって、一気読みしてしてしまいました。
凪良さんの以前の作品の中で、子供の誘拐で捕まった話が出てきたことがあったので、その話が重なったり、ペドフィリアの話かな?と思って、「ラブセメタリー」が浮かんだりしましたが、それらとは、全くテイストの違う作品で、でも、凄く引き込まれて、涙しながら、読み終えました。
二人の関係は、陳腐な言葉で表現すると、同志なのかな? 「スメルズラアクアグリーンスピリット」みたいな感じ?違うかな?
凪良さんは、作品の中でネットのマイナス点を指摘することがありますが、今回も、ネットを「デジタルタトゥーという消えない烙印」とうまい表現をしていましたね。
ただ、更紗が文に言ったセリフの「文は、まだ大人の女の人を愛せないの?」の「まだ」という表現は、少し違和感を感じました。
ストーリーにははっきり出てきませんでしたが、クラインフェルター症候群だったのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

流浪の月

2019/09/07 22:30

4人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

せっかくの善意を、
わたしは捨てていく
そんなものでは、
わたしはかけらも救われない。

幼女誘拐事件。
事件の真相は当事者しか知り得ない。

世界にグンと引き込まれて、一気に読んでしまいました。読んで良かったです。是非多くの人に読んで頂きたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい

2022/05/31 23:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紫苑 - この投稿者のレビュー一覧を見る

被害者は可哀想、気の毒だった、ストックホルム症候群である、加害者はロリコン等、他人によって決めつけられた二人が、それぞれどんな思いを抱えていたのか、とても考えさせられました。
普段から人に対してイメージをつけてしまう私たちが、こうして誰かを無意識に傷つけてしまっていることがあるということに悲しさを感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

バカラのグラス

2022/05/20 20:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひー - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでください。
本を閉じた途端、自分のいる世界が汚れてみえました。
2人の世界だけが綺麗で、透き通っているよいな気がしました。
でも触れるとパリンと割れて砕けそうで、その世界には触れられない。
うまく言葉にできませんが、しばらく他の本は読めません。
まだまだ2人のの世界をみつめていたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

内なる偏見に気づく

2022/02/09 14:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うみしま - この投稿者のレビュー一覧を見る

凪良さんの作品を読むのは2作目となりますが、この作品は本屋大賞にもなったので、前から読みたいと思っていました。
職場のダイバーシティ研修で、内なる偏見に気づくところからが、出発と言われたのですが、正に本作によって、そのことが腑に落ちた気がします。自分では一生懸命気遣っていると思い込んでいることが、相手にとっては、何のためにもなっていない、あるいは、もっと、傷つけているということを、知ることがいかに難しいのか。
また、相手を気遣っているということは、あくまで主観に過ぎないこと。そして、自分の常識は他人の非常識であることを知ることの難しさ。相手の立場に立つことは、本当に難しい。それでも、人と関わりを持たなければ生きてはいけないのだということを、やさしい言葉で語りかけられたように感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すごい

2021/06/05 16:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:お皿からおさらば - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもは本を読み終えるまでに時間がかかる私ですが、流浪の月は1日で読み終えるほど、引き込まれる作品でした。
言い表すことのできない関係って難しいですね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。