サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~3/6

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 144件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

世界のニュースを日本人は何も知らない 1 (ワニブックス|PLUS|新書)

著者 谷本真由美 (著)

本当は豊かなアフリカ。トランプ大統領の意外な評価。日本人が知らない日本への厳しい評価…。世界各国のイメージがガラッと変わる! 元国連職員の著者が、新聞やTVではわからない...

もっと見る

世界のニュースを日本人は何も知らない 1 (ワニブックス|PLUS|新書)

税込 913 8pt

世界のニュースを日本人は何も知らない

税込 880 8pt

世界のニュースを日本人は何も知らない

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.3MB
Android EPUB 6.3MB
Win EPUB 6.3MB
Mac EPUB 6.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

本当は豊かなアフリカ。トランプ大統領の意外な評価。日本人が知らない日本への厳しい評価…。世界各国のイメージがガラッと変わる! 元国連職員の著者が、新聞やTVではわからない「世界の真実」を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

世界各国のイメージがガラッと変わる!

日本のマスコミはあまり報道しないけれど、
世界では連日トップニュースで扱われているものが数多くあります。

世界各国で報道されている「本当に大事なニュース」から、
世界各国からみた日本に対する「本当の評価」まで。

元国連専門機関職員で、
海外居住・就業経験も豊富な著者が、
日本の新聞やTVではわからない「世界と日本の真実」を紹介します。

世界で扱われている意外なニュースに驚きつつ、
新時代を生き抜く知識・教養が得られる本です。

(見出し例)
●日本の「トップニュース」に外国人は驚いている
●外国人にとって常識的なことを日本人は知らない
●アフリカのメディアを買収する中国
●本当はものすごく豊かなアフリカ
●日本人が知らないトランプ大統領の意外な評価
●EU・国連はまるで“町内会”
●ロンドンでは白人のイギリス人は少数派
●男女別の講義をしろという圧力に悩むイギリスの国立大学
●逆差別を受けている! と声を上げる白人男性
●人種差別にも“格差”がある
●日本人が知らない日本への厳しい評価
●日本人が知らない意外な親日国とは
●世界のニュースを知らないことが命取りに
●世界の「国民性」を日本人は何も知らない
――など。【本の内容】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー144件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

多くの「そうなのか!」を感じれました

2020/01/05 08:08

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:広島の中日ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

世界の実情を数多く知れる1冊です。
数多くの「世界はそうなのか!」の発見があり、読み終わって視野が広がりました。
 ラフな文章の体裁なので、読みやすい内容に仕上がっています。気楽に読める1冊です。ですが、学ぶものは多く、大きいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

確かに日本人は世界に興味がないと思いました

2021/02/18 23:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なのはな - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書で初めて知る海外の事情もたくさんありましたが、一番印象的だったのは、最初の方で日本人があまりにも海外のことを知らなすぎると述べられていたことです。そもそも日本人は海外ニュースに興味がない。誰も見ないので、テレビのニュースも国内の事件や政治についてが圧倒的に多くなります。私もその一人で海外ニュースにはまったく興味がないのですが、ヨーロッパの印象など、この本を読んで変わりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

疑問点が多い

2022/05/31 23:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紫苑 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本に関して、Twitterであれば流れてくる世界のニュースが、テレビでは全く放送されないどころか、特に芸能人に興味もないのでスキャンダルをどうして流すのか??とずっと疑問でした。
むしろ、スキャンダルや不祥事、大きな事故の裏に何か隠してるとさえ感じています。
その中で、この本と出会い全く知らないことだらけであったことに、自分の知識不足を感じました。
かなり勉強になったので、2と3も買いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

耳が痛かった

2020/05/06 20:00

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おにぎり - この投稿者のレビュー一覧を見る

Twitterで偶然めいろまさんというかなり鋭いことをツイートしている方を見つけてこの本に辿りたきました。海外留学に来てから日本は本当に恵まれた国だなと思ったのと同時に私たち日本人は平和ぼけしているなと少しながら感じていて確かになと思うところがあった。さらに自分は世界についての時事を何も知らなかったなと言う事に気づいて最初の方は読んでいて耳が痛かった。自分が思っていた世界に対する印象と現実の大きなギャップに気づけたことは本当に良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「確かにそうだ!」という点は多い。

2019/10/20 15:10

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:野間丸男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本にいながら他国の情報を見つけるのは難しい。
ネット社会でありながら、情報の取捨選択が難しい。

 今の世界の「政治」、「常識」、「教養」、「国民性」を知ることができる。
 日本も変わってきているが、世界も変化してきている。

その変化を、悪質な情報と信用できる情報を意識して、
見分ける力を持ち続けたいものである。

(追伸)p159のATPは、細胞ではなく、リン酸無水結合である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

井の中の蛙大海を知らず

2019/11/28 15:44

5人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:amisha - この投稿者のレビュー一覧を見る

四半世紀を就活に費やしてきたものの、未だ定職に就けずにいる。
私が経験した職の多くは公務の非正規である。この文章を書いている現在も期限付で現在進行形。外を知らなくても済む世界だからこそ、読んでみようと手に取った一冊。

これだけ自由に情報検索ができてグローバル化しているにもかかわらず、鎖国に近い状況を改めて知った。著者のTwitterのつぶやきと併せて読まれると、もっと面白いはず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

報道

2020/07/04 05:40

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

確かに日本の報道姿勢は問題だらけである。庁舎の啓発もよく理解できる。でも内容は個人的主観といったところ。参考図書などは役立ちそうだが著者の思い込みもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

作者自身が世界の基本を知らない

2020/02/29 23:56

11人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ライサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ランキング1位とのことだったので気になり読んでみたがその内容の浅さと必要以上に日本を貶めようとする書きぶりに同意できなかった
同意できる部分としては「まず自分の意見を言い物事を疑う」
中国による南米とアフリカへの影響。マッキンゼー。米国人の8割がポリコレに疲れた。ロンドンは今やトルコやインドに蹂躙された
カナダは社会主義的。ボリビア、パラグアイ、アフガン、パキスタン、ボツワナ、チュニジアは親日あたり
「EUは世界の未来」なんて言ってた日本人は最近大人しいよね

で。そもそも本書内でも矛盾が生じているのが次の部分
カナダは移民受入で成功した……ドイツは移民受入で失敗した
でも日本は移民受け入れしろという。それも有能な移民を
とはいえ「その具体的手法は自分たちで考えろって話だ」と投げっぱなしで逃げる。ひとつくらいは案だせよ
そしてなぜ移民受け入れして日本がドイツと同じ道を歩まないと言えるのかの説明もない。多分、作者も自己矛盾に気がついていない
「日本は治安いいから住宅やすい」これは完全に嘘。特に大都市は高いし日本は土地代が高止まりしている現状すら認識できていないらしい
「ロンドンではもう若者は家を買えない」これは嘘ではないが若者はボロ屋を買ってから自分たちでリフォームしたりシェアハウスしてることすらもこの作者は知らない様子
「年収は住むところで決まる」も改悪して紹介している悪意を感じる
フランスの風刺漫画では日本人だけ馬鹿にされている……相当自国民に対してもやってることすらこの作者は知らないらしい
しかも極め付きは「フランスは(おそらく)欧州一の親日国」だなんて言ってしまう
フランスは欧州一の親中国であり欧州一の親日国はスペインなのは世界の常識だぞ、と

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中だるみ著しい

2020/05/03 09:26

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:2502 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルに惹かれて「本の通販」で買ったものの、第1章くらいを過ぎると、途中から内容が個人的な感想や他人の書物の受け売りばかりで、中だるみ著しい。第3章以降は読むに値せず。どこか別の本で読んだことのあるような話の受け売りばかり。出展も明確でない内容(例えば、「ハーバード大学の研究では…」って、ハーバードの誰が書いた論文だよ?みたいな話)とか、「私の知り合いの誰それは…」とか、そんな話を根拠に「それで海外では〇〇だ」みたいな話されても、それはどこの国だって、そういう人もたまには居るよねって話でしかない。著者のプロフィールも「元国連職員」は良いとして「著述家」って何? むかし国連で働いてたことのある暇な人が、自分の読んだ本や見聞きした内容をダラダラ書いている感じ。本の内容は実際の3分の1くらいに削った方がまだ良かったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。