サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 475件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/11/06
  • 出版社: ポプラ社
  • レーベル: ポプラ文庫
  • サイズ:16cm/323p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-591-16445-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

i (ポプラ文庫)

著者 西加奈子 (著)

「この世界にアイは存在しません」 入学式の翌日、数学教師は言った。その言葉は、ワイルド曽田アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けることになる。ある「奇跡」が起こるまでは…...

もっと見る

i (ポプラ文庫)

税込 748 6pt

税込 748 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.4MB
Android EPUB 4.4MB
Win EPUB 4.4MB
Mac EPUB 4.4MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「この世界にアイは存在しません」 入学式の翌日、数学教師は言った。その言葉は、ワイルド曽田アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けることになる。ある「奇跡」が起こるまでは…。又吉直樹との対談も収録。〔2016年刊に対談を追加〕【「TRC MARC」の商品解説】

アメリカ人の父と日本人の母のもとへ、養子としてやってきたアイ。
内戦、テロ、地震、貧困……世界には悲しいニュースがあふれている。
なのに、自分は恵まれた生活を送っている。
そのことを思うと、アイはなんだか苦しくなるが、どうしたらいいかわからない。
けれど、やがてアイは、親友と出会い、愛する人と家族になり、ひとりの女性として自らの手で扉を開ける――
たとえ理解できなくても、愛することはできる。
世界を変えられないとしても、想うことはできる。
西加奈子の渾身の叫びに、深く心を揺さぶられる長編小説。
累計21万部!巻末に又吉直樹氏との対談を収録

残酷な現実に対抗する力を、この優しくて強靭な物語が、与えてくれました。――又吉直樹

読み終わった後も、ずっと感動に浸っていました。なんてすごいんだろう。この小説は、この世界に絶対に存在しなければならない。――中村文則【商品解説】

圧倒的なラストが胸を打つ! 累計21 万部突破の傑作長編。【本の内容】

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー475件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

読後優しい気持ちになれる1冊

2019/11/24 17:41

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タラ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリアで生まれ、裕福な家庭へ養子として引き取られたアイ。金銭的に厳しい家政婦の子ども達と接したり、貧困の子どものニュースを見るたびに自分の状況に罪悪感を感じ苦しむ。

世界で日々多くの人が亡くなり、その家族や友人などが涙している。その死者の数をノートに記し、一緒になって悲しみ、考えるアイは、夫や親友と出会い、また様々なつらい経験をしてこの世に確かに自分は存在しているし、存在していいんだという歓びを手にいれる。

近くにいる友人や同僚の表面的には見えてはいない悲しみや、また会ったことのない人々の苦しみに毎日少しでも思いをはせ、考えるだけで世界はもっと平和になるのではと感じた。大きな変化は起こせないけれど、他者の苦しみを分かろう、感じようとすることの大切さや、忙しい毎日で忘れかけていた他者への共感の心をこの小説は私に気づかせてくれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私にはアイもミナもいなかった

2021/03/07 22:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「この世界にアイは存在しません」、入学式の翌日、授業の初日に「アテネ」と呼ばれる数学教師は話した。「二乗してマイナス1になる、そのような数はこの世界に存在しないんです」という意味だ。主人公の名前はアイ、父ダニエルはアメリカ人、母綾子、もちろん日本人、アイは養子だ(シリア出身)。「この世界にアイは存在るのか、しないのか」、このことがこの小説のテーマとなっていく。このテーマにひき連れていくようにアイは数学科で学ぶことになる。アイにはミナという親友がいる、この子がいい。作者は巻末の又吉氏との対談で「つらい経験をした友達にあんたがいてくれてよかったと何度も言ってくれる、でも、私からしたら、その子がええ子やから一緒におるわけで、あんたやでって思うのね」と語る、そのとおりだと思うが、私はそういう人と巡り合えなかった、作者には「あんたやからや」と思われそうだ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そうだった。

2020/11/15 18:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:びずん - この投稿者のレビュー一覧を見る

西さんはいつも、簡単な言葉や今生きている私たちにわかる出来事で、人間が考えていくべきことを説明してくれた。答えはない。もしくは、答えは今ここに存在しているということだ。愛されていることイコール幸せなことではないけれど、いつ幸せを望むのかは存在している限り自由であって良い。そしてそれは、平等に存在している全てのものが手に入れられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

iは私?

2020/10/14 11:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

“純粋な”日本人ではない主人公のアイ。その出自故に人の生き死にに心が揺れ、自分の恵まれた現況に罪悪感すら覚えています。その寄る辺ない状況から、友人や伴侶との出会いなどを通じて、自分の輪郭を明瞭にしていく。
「虚数のiは存在しません」とは、数学の先生の言葉。存在しない数であるタイトルの”i”という記号。これが主人公の足取りとともに、「私」であり、アイデンティティーの頭文字であり、愛であり、哀・・・と実態、内実のある言葉に変わっていくように思えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

西加奈子氏が綴る圧倒される長編傑作です!

2020/02/08 13:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、ベストセラー小説『サラバ』の著者である西加奈子氏の長編傑作です。ここで登場する主人公のアイは養子としてやって来た少女です。その少女が、大人になっていく過程で、世界に渦巻く内戦、テロ、その他数々の苦難に苦しんでいる人々がいる一方で、彼女自身は平穏な生活をしていることに、何かしら納得がいかないものを感じてしまいます。しかし、どうすれば自分自身が納得できるのか、それを見つけることはできません。そうした中で、アイは、様々な人々で出会い、絆を深めながら、一人の女性として自分自身の手で、世界の扉を開けていこうとします。自分自身の心という内なる世界と、現実の世界という外の世界の間で葛藤する主人公を描いた感動の長編傑作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

主人公への共感

2022/03/19 21:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:北澤サン - この投稿者のレビュー一覧を見る

本来は無意味であるようなことに苦しみを見出してしまう主人公に少し共感した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分を取り戻すお話

2021/12/25 01:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くらひと - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリアで生まれ、アメリカ人の父親と日本人の母親に育てられたワイルド曽田アイの人生を描く。自分が恵まれていることに罪悪感を感じ続けながら生きてきたアイが、友人のミナと写真家のユウとの関わりで、自分を取り戻していく。
出会ってからずっとかっこよかったミナだったので、メールで、アイと初めて話した時の心情は意外だった。思っていた以上にミナもアイに救われていたことを知って嬉しくなった。
また、子どものことで謝ることはない、という文章はハッとした。自分はその立場だったら謝ってしまう気がするが、確かに自分のからだは自分のものだ。そこから繋がるラストシーンが素晴らしかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アイデンティティとは何か

2020/01/08 14:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリアで生まれ、日本人とアメリカ人夫婦の養子になった「アイ」。
複雑な生い立ちで、自分のアイデンティティを模索していく。

すべてを「アイ」の視点から描く(でも一人称ではない)手法は、西加奈子氏お手の物。

シリアという情勢不安な国であのまま暮らしていたら・・・。
恵まれた生活に対し、どこかサバイバーズギルトのようなものを感じてしまう「アイ」。

そんな「アイ」の心の移り変わりが、とてもよく伝わってくる。

自身もテヘランで生まれ、カイロなどで育ったという経験を持つ西氏の、独特の国際感覚が現れているようで、面白い作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

主人公が悩みすぎ

2020/12/13 13:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:future4227 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アメリカ人の父と日本人の母のもとへ養子としてやってきたシリア人の少女アイ。世界で起こる惨事の死者数をノートに書き続けるアイ。裕福な家庭で幸せな生活を送ることに罪悪感を感じ始めるアイ。世の中の不条理に対していつも心を痛めるアイ。西さんの書き方ってこんな感じです。詩的でリフレインが多くて、短文を積み重ねていくような。それはそれで美しいのだけれど、くどくてしつこいのが嫌いな私にはどうもこの文体は苦手。キャラの設定はとてもいいし、テーマもいいのだけどなぁ。そして、アイが過剰に悩みすぎるのもイマイチ共感できず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/12/03 09:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/06 10:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/11 18:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/01 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/08 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/16 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。