サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 289件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/10/20
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/407p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-307043-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

夜が明ける

著者 西 加奈子 (著)

どれだけ傷ついても、夜が深くても、必ず明日はやってくる−。思春期から33歳になるまでの男同士の友情と成長、そして変わりゆく日々を生きる奇跡を描く。再生と救済の物語。『小説...

もっと見る

夜が明ける

税込 2,035 18pt

夜が明ける

税込 2,035 18pt

夜が明ける

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.5MB
Android EPUB 3.5MB
Win EPUB 3.5MB
Mac EPUB 3.5MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

どれだけ傷ついても、夜が深くても、必ず明日はやってくる−。思春期から33歳になるまでの男同士の友情と成長、そして変わりゆく日々を生きる奇跡を描く。再生と救済の物語。『小説新潮』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

直木賞作家が5年間苦しみ抜いて到達した祈り。再生と救済の長篇小説。思春期から33歳になるまでの男同士の友情と成長、そして変わりゆく日々を生きる奇跡。まだ光は見えない。それでも僕たちは、夜明けを求めて歩き出す。どれだけ傷ついても、夜が深くても、必ず明日はやってくる。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー289件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

生きづらい世界

2021/10/25 19:03

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

この世界には、それほどの生活苦を味わずに過ごしている人が知らない不幸があることが、この物語で示される。自己責任などと言われて、助けられることを求めることが出来ずに生きてきた男たちの友情は、読む者の心を切なくさせる。助けてもらうとは思わせない援助の網が、きちんと世の中で働くといいのに、その網を使いもしない人たちが破り捨てようとしているのが、現代社会なのか。作者の想いは、多くの人々に伝わると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

胸が苦しくなるけど・・・

2022/01/26 16:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

この世の中にはどれだけ闇が広がり、何と息苦しいのか。読んでいて息苦しくなるような内容だった。フィクションでありながら、読んでいる誰もが、いつかどこかで経験したことのあるような苦さがあふれているから。
主人公は「俺」。高校時代に出会った「アキ」こと深沢暁との、30代までの友情や軌跡、葛藤が描かれている。
世の中には自分だけの努力ではどうしようもないことがたくさんある。ちょっとした巡り合わせやきっかけで転落もする。貧困や虐待、ブラック企業、ハラスメントは大事に至るまで顕在化しにくいが、どこにでもその芽はある。それを目の当たりにしたときに、私たちは何ができるのか。自分だったらどうするのか。
登場人物たちにぐいぐい引き込まれ、真剣に考えさせられた。全体が重く、胸が苦しくなるような内容だが、最後には少しだけ希望の光を見ることもできた。
「夜が明ける」というタイトルには、そんな希望が込められているんだろうなと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

圧倒される

2022/01/11 03:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

生きるエネルギーといつか終わって欲しいと願うような生き方に圧倒されながら、ページをめくった。
そして生きることが止まってしまった。
一人は本当に命を失って、もう一人は時間が止まるように・・

帯に小泉今日子さん、是枝裕和さん、仲野太賀さんの声が書かれている。
私が大好きな人たちもこの本に出会えていたことがうれしい。
そして多くの人たちが、この本に出会えることがとても嬉しく思える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ロックのように荒々しく

2022/01/03 07:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:higassi - この投稿者のレビュー一覧を見る

「読み応え」という言葉がピッタリの読書の秋の終わりに相応しい一冊。イノセントな若者が社会の中でボロボロになる姿が、表紙の絵や音楽でいえばロックのように荒々しく突き刺さってきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

負の連鎖

2021/10/20 11:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

不条理な世の中に振り回された人間が立ち向かうべきは何なのか?自分が受けた苦しみをループさせる人間が居る限り終わらない連鎖。人を頼る事を知らずに生きてきた一人の大男と、彼の人生を変えた男の出会いと起死回生を描いた長編

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小説を読んでいるということを忘れる

2022/04/03 06:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Pana - この投稿者のレビュー一覧を見る

西 加奈子さんの本をはじめて読みました。

とても心が重たくなる、また過激なシーンもありましたが、続きが気になり次々と読み進めていくことができました。
小説を読んでいるはずなのに、現在の社会問題についての書物を読んでいるまたは、テレビで取り上げられている内容を見ているかのような感覚になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ごみやしきになるまでの過程とか

2022/03/11 02:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

親のネグレクトとか、精神疾患とか、……今の世の中、多分埋もれていることも多々あるのでしょうけどー。衝撃作です。しかし、学校や職場がこういうのってありそう

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/02/18 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/09 14:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/21 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/11 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/04/09 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/13 06:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/04/17 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/27 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。