サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 73件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/11/21
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102729-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

日本史を暴く 戦国の怪物から幕末の闇まで (中公新書)

著者 磯田道史 (著)

明智光秀が織田信長を欺けた理由、赤穂浪士が「吉良の首」で行った奇妙な儀式、漏洩していた孝明天皇の病床記録…。古文書と格闘し続ける著者が戦国、江戸、幕末の「歴史の裏側」を明...

もっと見る

日本史を暴く 戦国の怪物から幕末の闇まで (中公新書)

税込 924 8pt

日本史を暴く 戦国の怪物から幕末の闇まで

税込 924 8pt

日本史を暴く 戦国の怪物から幕末の闇まで

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.2MB
Android EPUB 4.2MB
Win EPUB 4.2MB
Mac EPUB 4.2MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

明智光秀が織田信長を欺けた理由、赤穂浪士が「吉良の首」で行った奇妙な儀式、漏洩していた孝明天皇の病床記録…。古文書と格闘し続ける著者が戦国、江戸、幕末の「歴史の裏側」を明らかにする。『読売新聞』連載を加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

知っているつもりの日本史も史料をもとに読みなおせば、新たな面が見えてくる。松永久秀が大悪人とされたのはなぜか、鼠小僧は義賊ではなかった?、最後の女性天皇はいかに譲位したか、孝明天皇の病床記録はなぜ漏れたのか――。戦国、江戸、幕末の驚きの真相が満載。忍者や忠臣蔵など馴染みあるテーマの実像や、疫病と日本人の闘いの歴史も明らかにした。大人気歴史エッセイの最新作。【商品解説】

著者紹介

磯田道史

略歴
〈磯田道史〉岡山県生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(史学)。国際日本文化研究センター准教授。「武士の家計簿」で新潮ドキュメント賞受賞。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー73件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

日本史を暴く

2023/02/23 18:03

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toshi1127 - この投稿者のレビュー一覧を見る

磯田道史は普段、歴史の闇に葬られて眠っている内容を古文書漁りから始めて、見つけた物を我々にこの本を通じて教えてくれる非常に関心度の高い書物で今までになかったアプローチと内容は非常に斬新で、中でも赤穂浪士の本懐は吉良上野介の首を取るまでだけでなく、浅野内匠頭の墓前での首切断式であったことに甚だ感銘を受けた。他にも面白い話題が満載でワクワクしながら読み続けることが出来た。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「歴史は繰り返さないが、よく韻をふむ」(199頁)

2023/02/27 00:22

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Haserumio - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の真実探求への情熱と文章からうかがえるお人柄などがよく伝わり、快読させて頂きました。肩の凝らない(?)好読み物。個人的には、「細川家に伝わる「光秀謀反」の真相」「秀頼の実父に新候補」「三代・徳川家光の「女装」」「尾張藩主の連続死に迫る」「赤穂浪士の「吉良の首切断式」「鼠小僧は「義賊」にあらず」と「孝明天皇の病床記録」の7篇が印象に残る。(評者の読書傾向がモロ出しですが(笑)。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史好きにはたまりません

2023/02/12 15:05

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トマト - この投稿者のレビュー一覧を見る

一つ一つの歴史話が、短く分かりやすい文章で読みやすいです。それでいて、知識を蓄えられ「へぇ~」の連続です。目からウロコ状態が止まらない!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

概説書じゃないよ。

2023/05/19 10:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

物々しいタイトルだけど、概説書や新説といった趣の本じゃないです。研究を進める上でのこぼれ話的な本。新聞連載のコラム集。
 地道に古文書を解読していく日常。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「古文書から浮かびあがる偉人や大衆の本当の姿」帯より。

2023/12/28 10:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

帯のあおりに惹かれて購入しました。かたい歴史の本かと思ったら古文書にもとづくエッセイで、雑学的な要素もあって楽しく読みました。

ネタバレがあります。

コンテンツは以下のとおりです。

1.まえがき
2.戦国の怪物たち
3.江戸の殿様・庶民・猫
4.幕末維新の光と闇
5.疫病と災害の歴史に学ぶ
6.主要人名索引

まえがきに「歴史には裏がある」とあるように、学校では学ぶことのない雑学的、闇や影にあたるエピソード、そして為政者へのアイロニカルな内容を収録。

テレビ番組で見る磯田先生の軽妙な語り口が、そのまま文章になったイメージです。

歴史の本領は温故知新だと私は思っていて、とくに第4章は心にとどめておくべきことばかりでした。

そして個人的に惹かれた一文を列挙しておきます。

P.9「お寺は記録が得意で世評や歴史観への影響が大きい」
P.31「ただ、私は新聞と同じ速度で古文書が読める」
p.37「情報があれば欲しい」
P.38「私が手掛ける以上、関ヶ原合戦・忍者などもメインの展示内容に入れる」
P.43「鬼にコブを取ってもらえた爺さんがうらやましくて仕方がない」
P.105「都合の悪いことは文書に残らない。だが奇跡的に残ることもある」
P.199「『歴史は繰り返さないが、よく韻をふむ』」という格言がある」
P.231「人は皆、災害と災害の間、災間を生きている」

歴史の面白いところは、新しい史料が世に出ることで評価や意義がアップデートされる点です。歴史家の方々の地道な努力と丹念な作業のおかげといえるでしょう。

ところが記録を後世に残すことを疎かにする、昨今の傾向が心配です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わかりやすい

2024/01/09 17:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦国時代から江戸時代末までの歴史が、わかりやすく解説されていて、よかったです。古文書の楽しみが、素晴らしかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知られざる日本史

2023/11/28 08:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きうれんす - この投稿者のレビュー一覧を見る

「教科書には載らない」という広告の通り、学校的な「日本史」の理解に直接つながる点は少ない。
しかし、人々がどのように考え、どのように生きていたのかという点は、古文書からぽろぽろと落ちてきたものとはいえ、一般人には手軽に知ることが難しいので、ありがたいし面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本史ショートショート集・著者の日本史好きが伝わる1冊です。

2023/03/08 22:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:広島の中日ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本史専門家の著者が、大手新聞紙に長年連載している、日本史関連の記事を新書1冊にまとめ上げた著作です。
 1つのタイトル当たりの紙幅は3〜4頁ほどなので、まさに日本史のショートショート集です。
 コアな部分に焦点を当てているのもありますが、著者ご自身が日本史研究のために行動している表記から、著者がいかに日本史が好きか、日本史研究を楽しんでいるかがヒシヒシと伝わる内容です。
 当書は今、新書のベストセラーの1冊として、注目されています。書店の店頭でも分かりやすい場所に陳列されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトルは誇大広告?

2022/12/31 11:55

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つばめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の人的ネットワークや古書店・骨董店巡りで見出した古文書のミミズがのたうつような文字を解読した歴史の一次情報を集めたのが、本書の内容である。出版社か著者自身の発案かはうかがい知れぬが、本書のタイトル「日本史を暴く」には、いささか違和感をもった。例えば、「歴史ひとつばなし」のようなタイトルであれば、納得がいくが・・・。これは、次に示すように、本書は歴史の一次情報であり、これが「日本史を暴く」のタイトルから期待する内容とは、隔たりがあるように思うからである。◆江戸時代カブトムシは有毒の虫と考えられ不人気だった。◆明智光秀謀反の真相では、本能寺の変の前、光秀と信長は密室で言い争った。光秀は信長の寵愛に陰りがみえ、不安を覚えており、信長に成敗される恐怖を感じていた。◆マスクは1830年頃、「御鼻袋」という鼻にかける悪臭防止用が最初であり、その後1855年頃、石見銀山の労働者の若年死を防ぐ目的で「福面」という防塵マスクが開発された。
疾病の歴史では、著者の『感染症の日本史』(文春新書)がベストセラーになったとご満悦の記述がある。同書のスペイン風邪の解説では、女学生・原敬・永井荷風の日記からスペイン風邪にどのように対処したかの記述があるが、当時の行政府がどのような対策を講じたのか若しくは講じなかったのかの記述はなく、今一つ消化不良であった。
歴史の話題として本書を読めば興味深い内容もあり、古文書を読み解き、歴史の一次情報を明らかにする著者の努力にも敬意を表するが、本書のタイトルから抱く期待感は裏切られたというのが、正直な感想である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本史のこぼれ話的な雑学

2023/01/06 09:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本史の雑学集である。興味深い内容もあり、またそうではないものもある。歴史の流れに大きくかかわる事項は少ないが、トリビアと心得れば、いいのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

雑文

2023/01/14 05:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞連載を編集したものだけに大河ドラマや感染症に関する時事ネタに偏りがちになっている。短い章の集まりなので端的に多岐には楽しめるようにはなっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/01/19 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/11/23 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/11/16 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/05/17 01:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。